fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



坂東三津五郎さん死去 59歳…すい臓がんで
2015年2月22日(日)

 1年半ほど前に、闘病のため舞台から引いていたが、その後回復したとされ、
1年前には舞台復帰されていた歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんが死去したと云う。 

 まだまだ、これから円熟期を迎える歌舞伎界にとっては若手の中心的存在だった。

 中村勘三郎、市川團十郎 など有力な俳優を失ってきた歌舞伎界にとっては又の痛手。

 御冥福をお祈り致します!

坂東三津五郎さん死去 59歳…すい臓がん
 デイリースポーツ - 2015年2月22日(日) 

Bandou Mitsugorou_Daily-Sports_2015Feb22

坂東三津五郎さん、HPで最後のメッセージ「新しい年を迎えられて良かった」
 スポーツ報知 - 2015年2月22日(日)20:08
 

 歌舞伎俳優の坂東三津五郎さん(ばんどう・みつごろう、本名・森田寿=もりた・ひさし)さんが21日にすい臓がんのため都内の病院で死去していたことが、22日わかった。59歳だった。

 療養中だった板東さんは、1月1日付で公式ホームページに「今年はもしかすると生まれて一番嬉しいお正月かもしれません」と新年のメッセージを寄せていた。

 2013年9月にすい臓がん摘出手術を受けた板東さんは、昨年4月に復帰を果たしたが、同年9月に主演舞台降板を発表。「その病気を経て小康を保っている今年は、『あ~、今年も新しい年を迎えられて良かったなぁ・・・』と、心の底から新年を迎える喜びが立ち上がってくるのです」と心境を吐露した。

 さらに「1月は私の誕生月。23日の誕生日にはなんとか59歳を迎えられそうだという喜びも重なってまいります」と思いをつづっていた。

 1月8日には「我が家にあった花籠に初挑戦して若松と牡丹を生けてみました」と見事な生け花の写真を掲載。同20日には初めて寿司の出前を頼んだことも報告していたが、2月はメッセージが更新されていなかった。 



坂東三津五郎さん死去 59歳、すい臓がん
 スポーツ報知 - 2015年2月22日20時2分
 

   Bandou Mitsugorou_Sports-Houchi_2015Feb22

 歌舞伎俳優の坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう、本名・守田寿=もりた・ひさし)さんが21日にすい臓がんのため都内の病院で死去していたことが、22日わかった。59歳だった。2013年9月にすい臓がんの摘出手術を受けたが、療養後の昨年4月に舞台復帰。だが、9月には12月に控えていた主演舞台の降板を発表。復帰を目指し、闘病を続けていたが、再び舞台に立つことはかなわなかった。

 父親ゆずりの確かな芝居と舞踊の名手であると同時に、さわやかな口跡でも人気を集めた三津五郎さん。一日も早い舞台復帰を目指して闘病を続けていた名役者が、あまりにも早くこの世を去った。

 13年9月に約4時間にわたるすい臓がんの手術を受け、すい体尾部(すい臓の中央より十二指腸から離れた部分)と脾(ひ)臓を摘出。10月に行われた会見では「今後も勇気をふるって、病に打ち勝つ努力を続けていきたいと思います」と力強く決意を語っていた。

 手術後は治療と休養に専念。昨年3月に行われた会見では、酒、タバコを断ち、毎朝ラジオ体操で始まるなど生活の変化や、セブ島でシュノーケリング、沖縄でゴルフなど療養生活の内容を明かし、「“リゾート療法”で体調は大変いい。生かされていることに感謝」と回復ぶりをアピール。4月の「壽靱猿(ことぶきうつぼざる」で舞台復帰した。

 だが同年9月、12月に上演予定だった主演舞台「芭蕉通夜舟」を、医師から「加療の必要あり」と診断されたため降板。がんの再発や転移ではないと説明し「しっかりと体をケアし、再び良い舞台をお見せできるよう努力して参りたいと存じます」と語っていたが、復帰はかなわなかった。

 12年12月に亡くなった中村勘三郎さん(享年57)とは、同い年で幼なじみとしてしのぎを削り、勘三郎さんの企画に名を連ねることも多かった。歌舞伎界の行く末を真剣に考え、さまざまなアイデアを生み出した勘三郎さんとともに「新春浅草歌舞伎」など若手俳優の成長の場を確立。勘三郎さんの死去の際には「自分の人生の半分をもぎられたような気持ち」と語り、葬儀・告別式では弔辞も務めた。

 歌舞伎で活動する傍ら、映画やテレビにも精力的に活動。昨年にはTBS系ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」で病気療養後初めてドラマにレギュラー出演した。また、城郭巡りを趣味とするなど大のお城好きとして知られ、BS朝日「坂東三津五郎がいく 日本の城ミステリー紀行」が15日にも放送されていた。

 私生活では2度の結婚と離婚を経験。女優の寿ひずる(60)との間に生まれた長男の坂東巳之助(25)は、歌舞伎界の次世代を担う存在として台頭してきた矢先だった。

 勘三郎さん、13年に亡くなった市川団十郎さん(享年66歳)に続き、歌舞伎界はまた大きな柱を失ってしまった。

 ◆坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう)本名・守田寿(もりた・ひさし)。1956年1月23日、東京都生まれ。9代目坂東三津五郎の長男で、62年に5代目坂東八十助を名乗り初舞台。2001年1月、東京・歌舞伎座の「壽曾我対面」などで10代目三津五郎を襲名した。女優の寿ひずる、元アナウンサーの近藤サトと結婚するが離婚。寿との間に一男一女があり、娘(守田菜生)は女優、息子は二代目坂東巳之助。池上季実子はいとこに当たる。屋号は大和屋。 




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



  
関連記事

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック