観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



METオペラ  【ニュルンベルクのマイスタージンガー】 ワーグナー を見る
2015年2月7日(土)

 今日から映画館でのライブビューイングが始まった METオペラ
 【ニュルンベルクのマイスタージンガー】 を見ました。

 MCを勤めた ルネ・フレミング の解説によると、長大オペラが多いワグナーの
オペラの中でも最長のもので、実演では休憩を含む総公演時間6時間近くも!
 超大作・楽劇 【ニーベルンクの指環】 に取り組む途中で、息抜きに
このコメディ調・オペラに取り組んだのですが、意に反して7年も掛かったとか。
 (休憩時間中のMCによるインタビューは英語で行われ字幕が出るので、
  ついついそれを読んでしまうのですが、今日は極力字幕を読まないように
  していた処、殆ど内容が理解できました。)

 その楽劇 【ニーベルンクの指環】は、もっと長大ですが4部作で
4夜に分割して上演されるので、最長の『神々の黄昏』でも4時間半。

 本作は休憩を短縮しているライブビューイングでも5時間半を超える代物。
しかし、そんなには長くは感じませんでした。


    【ニュルンベルクのマイスタージンガー】 先行映像

 指揮を勤めるのは、メトロポリタン歌劇場総監督のジェームズ・レヴァイン氏。
数年前から腰を痛め車椅子での登場でしたが、上半身は不自由が無いようで
精力的な指揮ぶりでした。
 また、観客もジェームズ・レヴァイン氏の功績と病との闘いを熟知しているので
彼が指揮台に立つだけで大歓声!

 ワグナー指揮者としては、現在最高水準の方です。

MeisterSinger_05m.jpg
     ヒロイン・エファ(エバ):アネッテ・ダッシュ

 ベルディやプッチーニのオペラは女性が主役の演目がほとんどの中で、
このオペラは男臭いオペラで、主役も男声(テナー・バリトン)です。
カーテンコールで最後に出てくるのが主役中の主役と云うことですから、
このコメディ・オペラの主役は、ハンス・ザックス(靴職人の親方:ミヒャエル・フォレ)で
オペラカーテンから姿を現した時の拍手と大歓声は凄いものでした。
 そして、ミヒャエル・フォレが指揮者・ジェームズ・レヴァインを指し示した時の
観客の大歓声はこれを上回るもので、当然スタンディング・オーベーションでした。

 極めて有名なワグナーのオペラですが、第1幕への前奏曲は生演奏でも
聴いたことがありますが、全編上演を観たのは私としても初めてでした!


   2001年の映像 【ニュルンベルクのマイスタージンガー】 第1幕への前奏曲から
      ジェームズ・レヴァインさんの足腰が立っていた頃の映像のようです。

 第3幕で、民衆の絶大な信頼を得ている主役のハンス・ザックスが人々の前で
朗々と歌う締めの歌が迫力満点なのですが、その歌詞は、ドイツを犯そうとする
異民族の驚異(当時の感覚ではおそらくトルコだろうが国や宗教は特定しない)
国民の純潔を守ろうという意味の歌詞(字幕)で、今の目で見れば『排外主義』的
しかし、オスマン・トルコによる文武双方のヨーロッパ侵攻は凄まじいものがあった
ので、この歌詞は当時としては、国民受けしたのでしょう。
 モーツァルトやベートーヴェンも『トルコ行進曲』を作っているほど『トルコブーム』
が流行っていたほどなのですから。


    【ニュルンベルクのマイスタージンガー】 第3幕 ゲネプロ から 

 一方、このドイツ国民の純潔性を守る 『排外主義』 をヒットラーが利用し、
ワグナーの曲をナチスの『公用曲』としたことで、ワグナーはナチスのシンボルに
祭り上げられてしまうと云う不幸な役割も・・・
 その上、ワグナーの直系子孫がヒットラーの『文化政策』に協力したこともあり・・・

 話がそれましたが、オペラは内容も仕上がりも素晴らしいものでした。
 それでも、度々ウトウトしてしまいましたが・・・

MeisterSinger_06.jpg

   METライヴ  「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 公式サイト 

原題: DIE MEISTERSINGER VON NURNBERG-WAGNER
製作年: 2015年
製作国: アメリカ
配給: 松竹
上映時間:5時間34分(休憩2回各10分含む)
[ MET上演日: 2014年12月13日 ]
上映期間:2015年2月7日(土)〜2月13日(金)
言語:ドイツ語 


 愛をかけた歌合戦に臨む若き騎士に、未来への希望を託す「歌匠」の本心とは?人間と芸術の理想を微笑みと壮麗な音楽にくるんで歌い上げたワーグナーの喜劇大作が、作品を知り尽くした巨匠J・レヴァインの指揮でよみがえる!壮大な〈前奏曲〉は、全曲のエッセンスを凝縮した名曲。ドイツの古都の雰囲気を再現したO・シェンクの人気プロダクションを背景に、J・ボータ、M・フォレ、A・ダッシュら今をときめくワーグナー歌手が生の歓びを歌い上げる!
 16世紀のドイツ、ニュルンベルク。町にやってきた騎士ヴァルターは、金細工師の娘エファと恋に落ちる。だが彼女と結婚するためには、歌合戦で優勝しなければならなかった。規則を知らないヴァルターの歌は非難を浴びるが、靴屋の親方で歌匠(=マイスタージンガー)のザックスは、ヴァルターの才能を認める。以前から抱いていたエファへの想いを迷いながらも断ち切ったザックスは、2人の若者の恋とヴァルターの芸術を成就させようと決心するが・・・。



MeisterSinger_03.jpg

   Movie Walker による作品紹介・解説 (こんな作品まで解説がある) 

 ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、舞台裏の模様も盛り込み5.1chサラウンドの音響や10台以上のHDカメラを駆使し撮影するシリーズ。
 本作では2014年12月13日に上演されるワーグナー唯一の喜劇を収録。
 恋に落ちた娘と結婚するため歌合戦に臨む騎士や密かに彼女に恋心を抱きながら若い二人の思いや新たな芸術を成就させようとする歌匠らを、壮麗な音楽で描く。
 指揮は、METで長きに渡り芸術監督を務めるジェイムズ・レヴァイン。
 本作の理念が凝縮した名曲『前奏曲』を含め、心血を注ぎタクトを振る。
 ミヒャエル・フォレやヨハン・ボータ、アネッテ・ダッシュらが人間や芸術への讃歌を響かせる。 

【あらすじ】
 16世紀、ドイツ。若き騎士ヴァルター(ヨハン・ボータ)はニュルンベルクで金細工師をするポークナー(ハンス=ペーター・ケーニヒ)を父に持つエファ(アネッテ・ダッシュ)と恋に落ちるが、彼女は歌合戦の優勝者に求婚されることになっていたため、彼も参加しようとする。
 決められている歌の型を知らないヴァルターは矢面に立つが、マイスタージンガーという歌匠のひとりである靴屋の親方ザックス(ミヒャエル・フォレ)は彼の歌に魅力を感じていた。
 ザックスはエファに密かに思いを寄せていたものの、自らは身を引き、エファとヴァルターの恋やヴァルターの才能を活かした新たな芸術を実らせようとする……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役(歌手)
ハンス・ザックス : ミヒャエル・フォレ
ヴァルター : ヨハン・ボータ
エファ : アネッテ・ダッシュ
ベックメッサー : ヨハネス・マルティン・クレンツレ
ポークナー : ハンス=ペーター・ケーニヒ
マグダレーネ : カレン・カーギル
ダフィト : ポール・アップルビー
夜 警 : マシュー・ローズ

演 出 : オットー・シェンク
指 揮 : ジェームズ・レヴァイン
管弦楽 : メトロポリタン歌劇場・管弦楽団
合 唱 : メトロポリタン歌劇場・合唱団



MeisterSinger_01.jpg



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



  
関連記事

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック