観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



後藤健二さんの解放を求めて 『 I AM KENJI 』 とか・・・ なぜ 『英語』 で表現 ?
2015年1月28日(水)

 ISIS (通称・イスラム国) に拘束され、殺害を予告されている 後藤健二さんの
解放を求めて、 『 I AM KENJI 』 と書いたプラカードを持って写真を撮りUPする
と云う運動が提唱され、数万人が賛同しているとのこと。

          I AM KENJI Logo
           I AM KENJI facebook

 それはそれで、悪いことでは無いので自由にやって頂きたいが、この呼び掛けは
フランスで 【 HEBDO SHARLIE (エブド・シャルリ) 】 が襲撃された直後に
 『 JE SUIS CHARLIE 』 (私はシャルリ)
 『 NOUS SOMMES CHARLIE』 (私たちはシャルリ)
 の運動がフランス全土はもちろん世界中で展開されたことの模倣であろう。

 後藤健二さんの解放を求めるのならば、フランス語や英語ではなく、
 『わたしは けんじ』 と日本語で訴えるべきであろう!


 日本語では世界に通じないから英語と云うのだろうか?
それなら、世界中のどれだけの人々が 『 JE SUIS CHARLIE 』 の意味を
最初から知っていただろうか?
 私は、二十数年前にフランス語を勉強したのですぐに解ったが、多くの人は
フランス語を知っている訳では無い。
 しかし、暫くすると、マスメディアによる解説もあって、 『 JE SUIS CHARLIE 』 の
意味を多くの人々が知るようになった。

 そういう意味では、 『わたしは けんじ』 と書いて訴えるべきだと思う。

 一方、私は  『 JE SUIS CHARLIE 』 や 『 I AM KENJI 』 と 云う表現活動
情緒的な運動であって連帯の意思表示にはなってもISISに対しては何の
効果も影響も与えない運動だと思う。 

Goto_Kenji.jpg

  先ほど、RKB系 【ニュース23】 で、ISIS系のNET画像が紹介され、
「神の名において、人質とされている人々を解放する」 との声明映像が
流されたとの緊急ニュースと伴に、その映像と音声が流された。

 RKBも 「この映像が本物かどうかは確認されていないが、
ISISの旗の前で収録されておりロゴマークも付いている」とのこと。
 現在メディアや政府が本物かどうかの確認を急いでいるのだろう。

 一日も早い解放を願わずにはいられません。

     **********************

「KENJI」賛同3万超す…内外で無事祈る声
 読売新聞 - 2015年01月28日 17時19分
 

 「24時間」という期限が迫る中、後藤さんの解放を求めるインターネット上の呼びかけは、さらに大きな広がりを見せている。

 フェイスブックの専用ページ 「I AM KENJI」 の賛同者は28日午前には3万人を突破。国内外から無事を祈る声が相次いでいる。

 専用ページは、後藤さんと親交がある映像制作会社代表の呼びかけで20日に開設された。投稿者の多くは「I AM KENJI」と書かれた紙を掲げ、英語やアラビア語などのメッセージを添えた写真を公開し、解放を訴えている。

 27日深夜に後藤さんとみられる男性の新たな映像が確認された後も、投稿は続いた。米ニューヨークの中心部にあるユニオン・スクエアに集まり、ヨルダン政府に後藤さん救出を働きかけてほしいと呼びかける書き込みや、ヨルダンのアブドラ国王と国民に宛てた嘆願書に署名を求めるメッセージなども掲載された。 





音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



  
関連記事

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック