観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画館で 月一(つきいち) シネマ歌舞伎  中洲太洋で
2015年1月25日(日)

 きのう、中洲大洋で、MET Live Viewing を見たあと、同じスクリーンで上映された
月一(つきいち) シネマ歌舞伎 を見ました。

 題して
 松竹120周年・大洋映画劇場70周年・シネマ歌舞伎10周年記念番組
  シネマ歌舞伎 二人藤娘/日本振袖始


no21_fujimusume.jpg

 【二人藤娘】 は、従来一人踊りであった 【藤娘】 を二人で踊るように改作したもの。
演ずるのは、坂東玉三郎 と 中村七之助 。
 振り付けが、何かレズビアン関係を思わせるような色っぽいもので、ドッキリ!でした。

 【日本振袖始】 は、その表題の優雅さとは違って
ヤマタノオロチ退治の素戔嗚尊と稲田姫そしてオロチの精との葛藤と戦いの様子。
 オロチの精(女) と ヤマタノオロチを坂東玉三郎、素戔嗚尊を中村勘九郎、
稲田姫に中村米吉が扮しています。
ヤマタノオロチの頭としてさらに7人の演者が素戔嗚尊との立ち回りを演じます。

 中洲太洋上映期間:2015年1月24日(土) ~ 30日(金)

 松竹 公式サイト



音楽ブログランキング


 松竹 公式サイト による作品紹介 

『二人藤娘/日本振袖始』
平成二十六年三月に歌舞伎座新開場杮葺落(こけらおとし)公演で上演され、満員の観客を魅了した二演目がシネマ歌舞伎に登場。

「二人藤娘」 は坂東玉三郎と中村七之助が藤の精を艶やかに演じた演目です。舞踊の人気演目である「藤娘」を二人で演じるという新たな演出により平成二十六年一月に大阪松竹座で初演。大きな話題となり、早くも三月歌舞伎座での再演となりました。舞台上いっぱいの藤の花や二度三度と変わる衣裳の数々、そして、何よりも華やかで美しい玉三郎と七之助から目が離せません。

「日本振袖始」 は、古事記・日本書紀に記された出雲の八岐大蛇(やまたのおろち)伝説をベースに近松門左衛門が書き上げた演目です。玉三郎は妖艶な姫の姿から恐ろしい大蛇へと変貌。生贄(いけにえ)としてささげられた稲田姫(米吉)を救うため、大蛇退治にやってきた素盞嗚尊(すさのおのみこと)(勘九郎)とダイナミックな大立ち廻りを繰り広げます。

歌舞伎ならではの美しさとエンタテイメントを体感できる豪華二本立てをどうぞお楽しみください。

今回のシネマ歌舞伎では、一筆一筆に集中して化粧をし舞台へと臨む姿、開演直前の幕の中の緊迫感、美しい姫から大蛇の姿へと変わる早替わりの様子など、普段はなかなか目にすることのできない貴重な姿を捉えた舞台裏映像も本編中に盛り込んで上映致します。 






音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



  
関連記事

テーマ:映画で歌舞伎 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック