観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



米国警察の『冤罪作成過程』を暴く映画 【デビルズ・ノット】(実話) を見ました
2014年12月8日(月)

 昨日(12/8)、KBCシネマで、14:20 からの上映を見ました。

Devilsknot_Top.jpg

 少年3人が同時に殺害された実話を元にした映画であり、警察が冤罪を作り出す過程を描く
問題作です。 弁護士もお手上げの中で、協力を申し出て奮闘する男・ラックスが主人公。

 殺された少年の親たちやマスコミは、警察が容疑者として発表した少年を
真犯人扱い! この辺は、日本と同じ。
 
 長時間の取り調べ状況は録画されているようだが、実は欠落の多い杜撰な収録。

 女の子などの証人の発言は、警察が与えたストーリーをゲームを楽しむように言うだけ。

 専門分野の学者は、ネット販売で博士号を取得できるニセ学者。
 しかし、弁護側がこれを暴露しても、裁判長は証人としての発言を採用する。

 弁護側の申請した重要な証人の発言の際は、マスメディアを締め出すだけではなく、
陪審員も関係者も裁判の場から締め出し、密室証言とする・・・

 等など、酷い取り調べと裁判の状況を事実に基づいてトレースしてゆきます。

 これが、事実と思うと、本当にやるせない映画でした。

 KBCシネマに、観客 およそ30人ほどでした。

   「デビルズ・ノット」 公式サイト

原題 DEVIL'S KNOT
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 キノフィルムズ
上映時間 114分


   当面12月12日(金)まで、KBCシネマにて上映予定。 13日以降未定

   【Movie Walker】 による作品紹介 

 93年にアメリカの田舎町で起きた少年を狙った猟奇殺人事件“ウエスト・メンフィス3事件”。発生から20年以上経ったいまも真相が明かされていない未解決事件を、カナダの名匠アトム・エゴヤン監督が映画化したサスペンス・ミステリー。コリン・ファース、リース・ウィザースプーンら実力派が多数出演し、物語に説得力を吹き込んでいる。

【ストーリー】
 1993年初夏、ウェスト・メンフィスで児童の猟奇殺人が発生する。少年たちは靴紐で手足を縛られ、人間の所業とは思えない暴行の痕を残して殺されていた。地元住民はパニックに陥り、全米のメディアが小さな田舎町に押し寄せた。犯行当日の夜、現場近くのレストランに血まみれで現れた黒人男性や、児童らの顔見知りだったアイスクリーム売りの若者(デイン・デハーン)が捜査線上に浮かび上がるが決め手を欠き、報道が過熱するなか、警察が犯人と断定し逮捕したのは16歳から18歳の若者3人だった。未成年者の逮捕に激震が広がるなか、私立探偵のロン・ラックス(コリン・ファース)は事件の成り行きに不自然さを覚え、独自で調査を開始する。一方、被害者の母親のひとり、パム(リース・ウィザースプーン)も裁判を通して浮上した様々な矛盾に動揺し、人知れず苦悩していた……。

【キャスト・スタッフ】
  役   名  :  配   役 
ロン・ラックス : コリン・ファース
パム・ホッブス : リース・ウィザースプーン
クリス・モーガン : デイン・デハーン
ヴィッキー・ハッチソン : ミレイユ・イーノス
バーネット判事 : ブルース・グリーンウッド
マーガレット・ラックス : エイミー・ライアン
テリー・ホッブス : アレッサンドロ・ニヴォラ
ジェイソン・ボールドウィン : セス・メリーウェザー
ジェシー・ミスケリー : クリストファー・ヒギンズ
グローリー・シェトルズ : コレット・ウォルフ
ポール・フォード : マット・レッシャー

監  督 : アトム・エゴヤン
脚  本 : ポール・ハリス・ボードマン 、 スコット・デリクソン
原  作 : マラ・レヴェリット
撮  影 : ポール・サロシー
美  術 : フィリップ・バーカー
音  楽 : マイケル・ダナ





音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



関連記事

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック