観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



2007年に観た映画 マイ・ランキング
 私が2007年に見た映画の本数は、記録のある限りで33本でした。
ベルリンへの機中で観た1本(マリー・アントワネット」以外は、全て映画館で見たものです。

 大津留公彦さんに真似て、評価の尺度を設定してみました。
大津留公彦さんは、「娯楽性」「社会性」「芸術性」という 【三つの尺度】 でしたが、
私は、「訴求度・感動度・構成力・芸術性・満足度」 の5つの尺度を設定しました。
私が見るのは、娯楽映画ばかりではないので、「娯楽性」の尺度は採用しませんでした。
「社会性」に関しては、「訴求度」(メッセージ性)に替えました。

 その結果は、自らの第一印象による順位とは多少異なるものになりました。
尺度による評価の方が、より『客観的』なのでしょうか?

では、その尺度による順位を発表します。
********************************
洋画 【Best-5】
    左から 訴求度・感動度・構成力・芸術性・満足度/合計  
No.1 「SiCKO」 5・4・5・3・5 /22
No.2 「ドリームガールズ」 4・4・4・4・5 /21
No.2 「THE U.S. VS. JOHN LENNON」 5・4・3・4・5 /21
No.4 「大統領暗殺」 Death of a President 5・3・5・3・4 /20
No.4 「グッド・シェパード」 5・4・4・3・4 /20
 

以下、
No.6 「ミス・ポター」 /19
No.7 「さらば、ベルリン」the Good German /18
No.7 「不都合な真実」 /18
No.9 「Queen」 /17 
No10 「エディット・ピアフ」LA VIE EN ROSE /14

私の直感(第一印象)による 【洋画Best-5】 は、
No.1 「SiCKO」
No.2 「さらば、ベルリン」the Good German
No.3 「グッド・シェパード」
No.4 「ドリームガールズ」
No.5 「THE U.S. VS. JOHN LENNON」
この直感、どうやら社会性が評価の中心になっているようです。

****************************
邦画 【Best-5】
    左から 訴求度・感動度・構成力・芸術性・満足度/合計  
No.1 「クローズド・ノート」  4・4・5・4・5 /22
No.1 「ALWAYS 続 三丁目の夕日」 3・5・5・4・5 /22
No.3 「それでもボクはやってない」 5・4・4・3・5 /21
No.4 「夕凪の街 桜の国」 Death of a President 5・4・4・3・4 /20
No.4 「椿 三十郎」 4・4・4・4・4 /20
No.4 「HERO」  4・4・4・4・4 /20
No.4 「象の背中」  4・4・5・3・4 /20
  

以下、
No.8 「日本の青空」,「茶々 天涯の貴妃」,「オリオン座からの招待状」 /19

私の直感(第一印象)による 【邦画Best-5】 は、
No.1 「ALWAYS 続 三丁目の夕日」
No.2 「クローズド・ノート」
No.3 「オリオン座からの招待状」
No.4 「舞妓Haaaan!!!」
No.5 「Little DJ」
この直感、どうやらヒューマニティと感動度が中心になっているようです。

と言う事は、私は無意識ながら
『洋画には社会性(メッセージ性)を』
『邦画には感動を』
期待しているらしいことが明らかになりました。

また、それが尺度による評価結果とは異なることも意外な結果となりました。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 

なお、邦画部門
主演女優賞は、沢尻エリカ 「クローズド・ノート」 (あのお騒がせ記者会見の映画です)
助演女優賞は、宮本信子 「眉山」
主演男優賞は、役所広司 「象の背中」 「それでもボクはやってない(助演?)」
助演男優賞は、阿部サダヲ 「舞妓Haaaan!!!」(主演だったかな?)
特別賞は、福田麻由子 「Little DJ」,和央ようか 「茶々 天涯の貴妃」 ,天海祐希 「サウス・バウンド」 : 私の好みに過ぎません。 

2007年に見た映画、【全リスト】
関連記事

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

釣りバカ日誌18は見られているようなので前コメントは訂正します。
来年もクリスマスイブにランキング発表と行きましょう。
今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

【2007/12/31 09:20】 URL | 大津留公彦 #ZMUMkWGc [ 編集]


なかなか映画を見にいけませんが、参考にしてビデオになったら探したいと思います。

早速、シッコは自主上映の券を購入したいと思います。

【2007/12/29 23:58】 URL | たけむら #- [ 編集]


「釣りバカ日誌18」も見ましたよ。
上の
2007年に見た映画、【全リスト】
を御覧ください。
4・3・3・4・4/18点で11位タイでしたので、ベスト10もれでした。

【2007/12/27 09:12】 URL | JUNSKY観劇レビュー #96q68/9Y [ 編集]


なかかなプロ的な評価基準になってきましたね。
この5基準は説得性がありますね。

私と共通にランクが高いのはシッコですね。
見ている映画の絶対量が違うので比較のしようがないですが・・・
「ミス・ポター」を忘れていました。

私の一位の釣りバカ日誌18がないですね。
その内DVDででも見て下さい。

【2007/12/27 00:40】 URL | 大津留公彦 #ZMUMkWGc [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック