観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



福岡市民劇場 例会で 劇団・民藝の 【八月の鯨】 を観る
2014年9月8日(月)

 先週の日曜日(8/31)、福岡市民劇場の 例会で
  劇団・民藝の演劇 【八月の鯨】 を観ました。




 大御所・奈良岡朋子 と 日色ともゑ が老齢の姉妹を演じ、
悠々自適の元・ロシア貴族を 篠田三郎 が演じています。

 しかし、舞台転換も全くなく、一つのセットで全てが完結する極めて地味な演劇でした。

 老い と 老老介護 が 一つのテーマ。

 しかし、幼い頃には姉が妹の面倒を見ていたと云う裏返しの話も・・・

 以前は多くの鯨が見られたが、最近は殆ど見なくなったと云う自然環境問題もサブテーマ。

 
音楽ブログランキング


   劇団・民藝  【八月の鯨】公式サイト より 作品紹介 

八月の鯨

  作=デイヴィッド・ベリー 訳・演出=丹野郁弓

 リビーとサラの姉妹は毎年、アメリカ・メイン州沿岸の島にあるサマーハウスで夏を過ごすことにしている。
 1954年の8月、鯨の訪れを心待ちにする姉妹だが、もう昔のように鯨がこの島にやってくることはない。
 目が不自由になった姉のリビーは、他人に依存しなければ生きてゆけない自分に腹を立てていた。ますます気難しくなった彼女には、面倒見のいい妹のサラもさすがに手を焼く始末。
 そんな頃、幼なじみのティシャがサラにある提案をする。リビーを施設に預けて自分と暮さないか、と言うのだ。迷うサラ。
 さらにロシアの亡命貴族マラノフの登場で姉妹の間には微かな波風がたつ……。 

スタッフ

装置……勝野英雄
照明……前田照夫
衣裳……宮本宣子
効果……岩田直行
舞台監督……中島裕一郎


キャスト

サラ……日色ともゑ
リビー……奈良岡朋子
ジョシュア……稲垣隆史
ティシャ……船坂博子
マラノフ……篠田三郎(客演)


 
音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



   
関連記事

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック