観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



第47回 【ポパイ・サタデーライヴ】 レビュー  <第4弾> 寸劇  『少年狩り』 
2014年8月26日(火)

  第47回 【ポパイ・サタデーライヴ】 レビュー の つづきです。

 今回は、11才の 加藤心乃音 ちゃん と、55歳の 中山ヨシロヲ 氏 による 寸劇の御紹介。

DSCF1193_(640x478).jpg

 10分ほどの短いパフォーマンスでしたが、さっぱり意味が解りませんでした。

  加藤 心乃音(このね) ちゃん の役名は 『キタロウ』 と云うことは解りましたが、
てっきり、『ゲゲゲの鬼太郎』 のことと思っていました。 しかし、しっくり来ない。

DSCF1196_(480x640).jpg


 あとで、中山ヨシロヲ 氏の facebook を見たら、その『キタロウ』 とは、
日本の近代哲学を体系化(彼独特の考え方で)した、哲学者・西田幾太郎 でした。

 そして、中山ヨシロヲ 氏の 扮した役柄は、護良親王(南北朝時代?)だったことも。

 寸劇の題名は 『少年狩り』 だったとのこと。
 テレビドラマ 『家族狩り』 のパロディかと思いきや、それも違って、
日本の演劇界に衝撃を与えた 野田秀樹 が 新進気鋭の 20代の時、書いた作品だそうです。

 Popaye Saturday-Live_20140823-Nakayama-vs-Konone

 中山さんの facebook での解説によると、以下のようです。 

 この作品は、30数年前、野田秀樹が20代の時、書いた作品て、水鏡、大鏡、今鏡、増鏡と続く歴史物語の続編として、少年が、大人へと変遷していくことを描かれています。
 お話は、増鏡の後醍醐天皇の息子の護良親王に始まり現代までひっくるめた鏡の物語になっています。

 そしてテーマは、少年です。少年というのは、未熟な為、残虐です。秘めたる獣性があります。
 現代の哲学者西田幾太郎が、鎌倉探索をしながら、自分探しをする旅を不思議に描いたこの壮大な作品のオープニングとエンディングを何人もの役を二人で紡いで10分弱にしました。
(ちなみに飛行機乗りのサン・テグジュペリも出てます)
無理があります。内容よりも世界観を見せようと思いました。
結果、あんな感じになりました。 

コノネちゃんは、見事にやってくれました (^-^)


 と云うことらしいですが、上記のようなことは、全然解りませんでした。

Popaye Saturday-Live_20140823-Nakayama-vs-Konone-02

 途中で、二人が唐突に手鏡をポケットから取り出してかざしたのですが、意味不明!
上の、解説を見て、成程 『水鏡、大鏡、今鏡、増鏡と続く歴史物語の続編』 の意味か?!
と、納得はできませんが、意図は少しは解りました ・・・ 

  加藤 心乃音(このね) ちゃん は、途中で太刀を抜いての立ち回りも有り、大活躍。
この意味不明の分り難い寸劇のセリフを良く覚えたものです。 1回も噛まず大したもの!
 中山ヨシロヲさんは、何回か噛んでいた (#^.^#)

DSCF1198_(382x640).jpg

 今後とも、応援してゆきたいと 思います。

 
音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック