観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ビキニ水爆実験 被爆したのは 「第5福竜丸」 だけではなかった!多数の漁船と漁獲物が汚染
2014年8月21日(木)

 昨夜、再放送された NHKスペシャル
 「水爆実験 60年目の真実
    ~ヒロシマが迫る“埋もれた被ばく”~」

         は力作だった!

 原水禁運動を中心になって進めていた当時の人々には常識だったかも知れないが、
私には初耳の内容が数多く有って、認識を新たにさせられた。

 第一に、ビキニ水爆実験による 『直接被爆』 したのは 「第5福竜丸」 だけではなく、
被曝によって亡くなった方も、久保山愛吉さんだけでは無かったと云うこと。
 
 第二に、米国による水爆実験は6回も行われたが、その間実験場周辺の海域は
立ち入り規制処置が取られず、多くの漁船が出漁して、その漁獲物が警告なしに
日本国内に流通・販売されていたこと。

 延べ1000隻 2万人に上るマグロ漁船の乗組員がこの海で操業していた!
NHK-Special_2014Aug21-01.jpg
  画像の 左上↑が日本列島 / ほぼ中央少し右寄りの↑マーク が 「水爆実験場」

 広島と長崎に原爆を投下して、数十万人を殺したアメリカ政府に対して、
遠慮とかしている場合ではないだろうに。

 そして、第三に、アメリカは自ら投下した原爆に対する日本人の恐怖心と忌避心理を
緩和するために、『原子力の平和利用』 を唱え始め、全国で 『原発展』 を開催し、
功を奏して日本人は簡単に 『原発に期待』 し始めたとの経緯。

 日本人を原爆で被爆させ、核実験で被曝させ、原発で被曝させるストーリーは
アメリカの一貫した政策であったことが良く解る番組だった。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

   水爆実験 60年目の真実 ~ヒロシマが迫る“埋もれた被ばく”~ による番組紹介 

  1954年、太平洋ビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験。その時周辺では1000隻近くの日本のマグロ漁船が操業し、多くの漁船員が放射性物質を含む「死の灰」を浴びた。しかし、それ以降の研究者やメディアなどの追及にもかかわらず、第5福竜丸以外の漁船員たちの大量被ばくは認められてこなかった。
あれから60年、「なかったとされてきた被ばく」が科学調査や新資料から、明らかにされようとしている。立ち上がったのは、広島の研究者たちだ。長年、がんなどの病気と放射線被ばくとの因果関係が認められない原爆被爆者らを支援する中で編み出された科学的手法を用い、ビキニの漁船員の歯や血液を解析。「被ばくの痕跡」を探し出そうとしている。
東西冷戦の大きなうねりの中で、埋もれてきたビキニの被ばく者たち。被爆の苦しみに向き合ってきたヒロシマが共に手を携え、明らかにしようとする「真実」を、克明に記録していく。

8月 6日(水) 総合 午後 10:00 ~ 10:58 全国放送
8月 21日(木) 総合 午前 0:35 ~ 1:33 全国放送



【関連番組】

   水爆実験 60年目の真実 ~ヒロシマが迫る"埋もれた被ばく"~ (本放送リンク)
     NHK広島放送局 - 2014年8月6日(水)

【放送を終えて】
 60年間、仲間たちが次々と原因不明の病で倒れていくのを目の当たりにしながら、被ばくを証明する術がないため何もできなかった漁船員たち。取材を始めた頃は、「今さら被ばくを訴えたところでどうしようもない」と真相解明を諦めていた漁船員たちが、ヒロシマの科学者が立ち上がったことで、自らの体で被ばくを証明しようと積極的に科学調査に協力するようになったことが印象的でした。初めて第5福竜丸の漁船員以外の被ばくが科学的に証明されたことで、その存在をこれまで否定してきた国はどう動くのか、注視し続けたいと思います。
(広島局ディレクター 花井利彦)

 約1年半かけて制作したこの番組。科学調査はどこまで進むのか、資料は残されているのか。不確定要素の多い取材の中、「自分らは見捨てられた存在」「父は苦しみ抜いて死んでいった」と語る当事者やご遺族の方々の証言が取材継続の強い動機を下さいました。誰からも顧みられることのない問題に向き合う調査報道の意義を噛みしめる番組となりました。
(広島局ディレクター 石濱陵) 



   NHK わたしたちは忘れない ビキニ被ばく60年
     NHK静岡放送局 - 2014年8月6日(水)


   【ETV特集】海の放射能に立ち向かった日本人 ~ビキニ事件と俊鶻丸

    見捨てられた"ビキニ大量被ばく" ~共に闘うヒロシマ ~  

 1954年、米国が太平洋のビキニ環礁で6回行った水爆実験。当時、のべ1000隻2万人に上るマグロ漁船の乗組員がこの海で操業していたが、日米両政府の見解は、被ばくしたのは第五福竜丸のみというものだった。「他の船の乗組員は本当に被ばくしていなかったのか」。30年近く聞き取りを続けてきた高知県の元高校教師と共に、放射線の人体への影響を長年研究してきた広島の科学者が立ち上がった。実態解明への動きを追う。 



 
音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック