観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



指揮者・作曲家のロリン・マゼール氏が死去。84歳 (7/13)
2014年7月18日(金)

 現代音楽なども得意とする、現代作曲家で著名な指揮者でもあった
ロリン・マゼール 氏 が7月13日に死去したとのこと。84歳だった。 

 残念ながら、私はマゼール氏の指揮での生演奏は聴いていない。

米指揮者ロリン・マゼール氏死去
 (時事通信) - 2014年7月14日(月)05:58
 

 【ニューヨーク時事】
 米指揮者・作曲家のロリン・マゼール氏が13日、米バージニア州で肺炎による合併症のため死去した。84歳だった。マゼール氏が創設し、芸術監督を務める同州のキャッスルトン音楽祭当局が発表した。

Mazeel_m0017553684.jpg

 1930年パリ生まれ。5歳でバイオリンを、7歳で指揮を始め、15歳までにNBC交響楽団など米国のほとんどの主要オーケストラを指揮。クリーブランド管弦楽団、バイエルン放送響、ニューヨーク・フィル、ミュンヘン・フィルの音楽監督、ウィーン国立歌劇場総監督などを務めた。

 08年2月にはニューヨーク・フィルを率いて北朝鮮を訪れ、平壌公演を行った。13年も100回以上のコンサートをこなしたが、その後体調を崩していた。



アクトこけら落とし公演指揮 マゼール氏死去
 (中日新聞プラス) - 2014年7月15日(火)05:00
 

◆浜松市民合唱団と共演
 十三日に死去した米国の指揮者ロリン・マゼール氏は、一九九四年十月のアクトシティ浜松(浜松市中区)大ホールのこけら落とし公演で、指揮を執った。共演した市民合唱団のメンバーは「夢のような合唱だった。今でも誇りに思っている」と死を悼んだ。
 マゼール氏は、浜松の顔となるホールの落成にふさわしい指揮者として、バイエルン放送交響楽団とともに市が招待した。海外の巨匠は全国を巡るツアーで来日する場合が多いが、浜松だけの異例の訪問だった。
 市側は、ベートーベンの交響曲第九番での市民との共演を希望、マゼール氏の「合唱の実力を知りたい」との声に応じて、市民でつくる浜松フロイデ合唱団の録音CDを送り、承諾を得た。公演当日は、合唱団に公募の市民を加えた三百五十人との共演が実現した。
 「アマチュアの私たちにとっては雲の上のような存在。かけがえのない機会だった」。フロイデ合唱団事務局長で、合唱に参加した浜松市中区の中村直行さん(55)が振り返る。交響楽団と歌のバランスを考えたきめ細かな指揮だった。
 合唱の参加人数が多かったため、中村さんらは「人数を減らされるのでは」と心配したが、マゼール氏は全員をステージに上げた。市民合唱団の団長だった湖西市の細井敏夫さん(59)は「一緒に良い音楽を作ろうという姿勢が伝わってきた」。参加者はラジオ放送された演奏の録音を今も大切にしている。
 浜松市文化振興財団の元常務理事で、当時市の担当課係長としてマゼール氏と接した斎藤慎五さん(63)=浜松市中区=は「分け隔てなく話をする人だった」と振り返る。半面、「オーケストラとは同じホテルに泊まらない」とのこだわりを通した。現場に個人的な関係を持ち込みたくない、との音楽にかける厳しさを見た気がしたという。
 斎藤さんは「訃報は残念。もう一度浜松に来てほしかった」と話した。 





音楽ブログランキング



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック