観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ジャクソン国際バレエ・コンクール で 又々 日本人 が 金賞 と 銀賞 を 受賞
2014年6月28日(土)

 ジャクソン国際バレエ・コンクール で 又々 日本人 が 金賞 と 銀賞 を 受賞
 したとの嬉しいニュースです。

Kase-Shiori_2014-Kyodo.jpg

金賞は、加瀬栞 さん

Kase-Shiori_2012.jpg


銀賞は、宮崎たま子 さん

Miyazaki-Tamako_2014-Kyodo.jpg
    (これらの画像は、共同通信 Web版より 引用)

 日本人のバレエ 『教育』 の水準は、世界一かもしれません。

 国立・州立・市立などの公的養成所が完備している欧州諸国とは異なり、
 日本では民間の小規模バレエ・スタジオ(スクール)が子ども達を指導しています。
 その規模は、せいぜい生徒数十人程度。 百人を超すスタジオは少ない。

 そういう厳しい環境の中で、相次ぐ受賞は、日本のバレエ界の誇りです!


       (上記の画像は、本日付け「西日本新聞」の写メ)

日本勢が「金」「銀」…ジャクソン国際バレエ
 (読売新聞) - 2014年6月28日(土)07:13
 

 米国ミシシッピ州のジャクソンで、14日から開かれていたUSA国際バレエコンペティション(通称・ジャクソン国際バレエコンクール)の結果が27日発表され、女性シニア部門で日本の加瀬 栞(しおり)さん(22)が金メダル、宮崎たま子さん(25)が銀メダルを獲得した。

 日本人の金メダルは、1994年の佐々木大さん、2006年の倉永美沙さんに続いて3人目。

 同大会は、モスクワ、ブルガリアのバルナと並ぶ伝統を持つコンクール。
 1979年に始まり、第2回の82年以降は4年に1回開かれている。プロのバレエ団で活躍する若手も参加し、ジュニア部門(15歳から18歳まで)、シニア部門(19歳から26歳まで)の2部門で技を競う。
 過去には最高賞のグランプリにニーナ・アナニアシビリさん、ホセ・カレーニョさん、金メダルにダニール・シムキンさんら世界的なスターが輝いている。
 今年は20か国から99人がエントリー。日本からは17人と米国(31人)に次ぐダンサーが参加登録した。

 加瀬さんは、千葉県の広瀬・加藤バレエスタジオ出身。2009年にイングリッシュ・ナショナル・バレエ団に入り、13年にソリストに昇格した。
また、宮崎さんは東京都の金田・こうのバレエアカデミー出身で、現在、ワシントン・バレエ団に所属している。 


広瀬・加藤バレエスタジオ

金田・こうのバレエアカデミー


国際バレエコンクール 日本人女性が金と銀
 (NHK) - 2014年6月28日 5時36分
 

 アメリカで開催されている若手バレエダンサーの登竜門の1つ、「ジャクソン国際バレエコンクール」のシニア女性の部門で、加瀬栞さんと宮崎たま子さんが、それぞれ金賞と銀賞に選ばれました。

 「ジャクソン国際バレエコンクール」は4年に1度、南部ミシシッピ州のジャクソンで開催され、ロシアのモスクワとブルガリアのヴァルナで開かれるコンクールと合わせて3大国際コンクールとも言われ、若手バレエダンサーの登竜門の1つとされています。
 10回目となることしのコンクールは、今月14日から始まり、世界中からおよそ100人のダンサーが参加し、3回にわたって審査が行われました。
 そして、最終審査の結果が27日発表され、19歳から26歳までのシニア女性の部門で、東京都出身の加瀬栞さん(22)が金賞に選ばれました。
 日本人のダンサーが金賞に選ばれるのは、前々回、2006年のコンクール以来のことです。
 また、東京都出身の宮崎たま子さん(25)が銀賞に選ばれました。
 このコンクールでは、4年前の前回、日本人のダンサーが、シニア男性とジュニア女性の部門でそれぞれ銀賞、シニア男性とシニア女性の部門でそれぞれ銅賞に選ばれています。
 日本人の若手ダンサーは、近年、さまざまなコンクールで入賞していて、今後の活躍が注目されています。

「金」受賞の加瀬栞さん
アメリカのジャクソン国際バレエコンクールのシニア女性部門で金賞を受賞した加瀬栞さんは東京都出身の22歳。
3歳からバレエを始め、千葉県松戸市にあるバレエスクールに通いました。
2006年にはアメリカ・ニューヨークで開かれた国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に入賞しました。
イギリスの名門「ロイヤルバレエ学校」を経て2009年には「イングリッシュ・ナショナル・バレエ団」に入団し、現在はソリストとして活躍しています。

「銀」受賞の宮崎たま子さん
また銀賞を受賞した宮崎たま子さんは東京都出身の25歳。
5歳でバレエを始め、東京都や千葉県に教室があるバレエスクールに通っていました。
アメリカのコロンビア「クラシカルバレエ団」などを経て、現在は「ワシントンバレエ団」に所属しています。 





音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 


関連記事

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック