観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



METライブビューイング 【ルサルカ】 ドヴォルザーク を観ました!
2014年3月1日(土)

「METライブビューイング」 で、今日から上映されている

ドヴォルザーク作曲の 【ルサルカ】 (原語:チェコ語上映) を観ました!


Rusalka_banner.jpg


いわゆる 『人魚姫伝説』 オペラ化ですが、この演出では 『人魚』 ではありません。

主役は、この役を繰り返し演じている ルネ・フレミング。

Rusalka_02.jpg

謳い文句通りの『はまり役』で、素晴らしい歌声と演技でした。

脇役も若手から熟練の達人まで揃っていて、中々良かった。

私は、別の配役ですが、地元中の地元チェコ・プラハの国民劇場 で、実演を観ました。

   アリア〈月に寄せる歌〉 ルネ・フレミング(ルサルカ)


Rusalka_01.jpg
    第一幕でルサルカが歌う 【月に寄せる歌】 (画像は公式サイトより)

     魔法使いイェジババ
Rusalka_04.jpg
    この老婆のような妖精は、アンデルセンの 『人魚姫』 でも 
    ミュージカル 『リトルマーメイド』 でも出てきます!

Rusalka_05.jpg
    終幕で、ルサルカ (ルネ・フレミング) と 王子 (ピョートル・ベチャワ)


   「METライブビューイング」 公式サイト での演目紹介 

ドヴォルザーク《ルサルカ》
上映期間:3月1日(土)~3月7日(金)

「交響曲第9番 〈新世界より〉」等で知られる大作曲家ドヴォルザークが
残したオペラのなかでも、その美しく切ない旋律で最も人気が高い《ルサルカ》。

人間の王子に恋をした水の精ルサルカの悲恋を、
本作で現代最高の評価を受けるMETの女王、ルネ・フレミングが歌い上げます。

命をかけて愛を貫く主人公たちに心奪われる恍惚のオペラを
ぜひ映画館でお楽しみください♪

指揮:ヤニック・ネゼ=セガン    
演出:オットー・シェンク
出演:配 役 : (役 名)
 ルネ・フレミング(ルサルカ)、
 ピョートル・ベチャワ(王子)、
 ドローラ・ザジック(魔法使いイェジババ)、
 ジョン・レリエ(水の精ヴォドニク)、
 エミリー・マギー(外国の公女)
MET上演日:2014年2月8日    上映時間:3時間40分(休憩2回)

《ルサルカ》みどころ:
 幻想的なストーリーとゆらめく音楽を理想のキャストで!

   加藤浩子(音楽評論家) 

 異界からきた存在と人間が恋に落ち、一時は幸福になるが、人間の裏切りによって悲しい結末を迎える。。。
「異類婚姻譚」とよばれるそんなお伽話は、世界中に存在する。
 《ルサルカ》も、スラヴ民族の間で語り継がれてきた「異類婚姻譚」から生まれたオペラだ。
 ヒロインのルサルカは水の精。人間の王子に恋してしまったルサルカは、魔法使いに頼んで人間に変わる薬を手に入れるが、代償に声を失う。湖のほとりでルサルカを見つけた王子は彼女の美しさに打たれて連れ帰るが、やがて口をきけないルサルカに飽き、外国の公女の誘惑に屈してしまう・・・。

 どこかで聞いたような話。そう思う方もあるかもしれない。「水の精」は人間界にもっとも近い存在とされ、「異類婚姻譚」の最大の提供源となってきた。アンデルセン童話の『人魚姫』もそのひとつだ。
 はかなくひたむきな「水の精」の恋は多くの作曲家の創作意欲に火をつけ、チャイコフスキーからドビュッシーまで、あまたの作曲家が「水の精」オペラを手がけてきた。

 ドヴォルザークもそうだった。オペラへの情熱はあったもののなかなか成功できないでいたドヴォルザークは、晩年になって《ルサルカ》という題材にめぐりあい、魅了された。同国人クヴァピルが書いた台本も、彼を虜にした。豊かな自然環境のなかで育ったドヴォルザークにとって、《ルサルカ》の台本に書き込まれた自然の情景は、慣れ親しんだ懐かしいものだった。これこそ、待ち望んでいた題材だ。そう感じた彼は、《ルサルカ》を「感謝と喜びに満ちて」作曲した。《ルサルカ》が、10作を数えるドヴォルザークのオペラの最高傑作と位置づけられる作品となったのもうなずける。

 実際、《ルサルカ》の音楽は、どこをとってもため息が出るほど美しい。とくに、自然描写と結びついた部分の幻想的な響きは絶品だ。たとえば全曲中で一番有名な、ルサルカが王子への恋心を歌う有名なアリア〈月に寄せる歌〉。ゆらめく水をあらわすように寄せては返すオーケストラに包まれて、恋するルサルカの声がうっとりと漂う数分間は、この世のものとは思われない不思議な美しさに満ちている。対して、人間界を描写する第2幕はヴィヴィッドでスリリング。華やかな舞踏会から、外国の公女が王子を誘惑する二重唱まで、変化に富んだ音楽が耳を奪う。ラストを飾る心中の二重唱は、《トリスタンとイゾルデ》もかくやの官能的な音楽だ。

 今回のMETのプロダクションの第一の魅力は、理想的なキャスティング。
 この役を歌わせたら世界最高のMETのプリマ、R・フレミングの「銀色の声」は、映像を見る限り絶好調。時にしたたるような、時に泡立つような「声」を駆使して、はかなく美しく、寂しげでいながら一抹の強さをたたえたヒロインを絶唱している。
 P・ベチャワの、凛としながらも人間的な弱さをにじませた王子も適役だし、大ヴェテランD・ザジックの魔法使いも貫禄だ。
 音楽に呼吸と生命を吹き込むY・ネセ=セガンの指揮も心地いい。
 お伽話の世界そのもののO・シェンクの演出も、オペラという夢を見るのにぴったり。

 映像は未発売だから、この機会にぜひ見てほしい。〈月に寄せる歌〉では、自然界の闇を背景に「月」とルサルカが浮かび上がり、音楽にふさわしい夢幻的な情景が現れ出る。《ルサルカ》という作品のもつ美の極北を引き出した名場面は、映画館の大スクリーンで見てもきっと心を奪われるに違いない。


  こちらは映像なし音声のみです。 




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 

関連記事

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック