FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



井上ひさし 『リアル戦時コメディ』 ・ 【太鼓たたいて笛ふいて】 3月1日 キャナルシティ劇場で
2014年2月20日(木)

 去年から、今年にかけて 『神戸新聞』 や 『西日本新聞』 紙上で
大竹しのぶ さんの勇気ある発言が掲載されましたが、それは 【太鼓たたいて笛ふいて】
に関しての発言でした。

大竹しのぶ さんの 「勇気ある意見」 と 『西日本新聞社説』 から
 JUNSKY blog 2014 - 2014年1月5日(日)


大竹しのぶ さん 井上ひさし作 【太鼓たたいて笛ふいて】  インタビュー記事
 観劇レビュー & 旅行記


 その 井上ひさし 『リアル戦時コメディ』

  【太鼓たたいて笛ふいて】  の福岡公演が

 が来る(2014年)3月1日(土)
 キャナルシティ劇場で、開催されます。

 チケットが残っているかどうかは不明!

 『リアル戦時コメディ』 と書いたのは、私の造語で、
実在の人物・林芙美子が戦地に取材して、大本営の方針に従って、好戦的なレポートを
書いていたと云う事実をリアルに受け止めながらも、戦後この姿勢を反省して、
自らの思う処を書くようになったと云う話です。

 それを、コメディ・タッチで描くので、『リアル戦時コメディ』と言ってみたのです。

 私は、以前確か東京・新宿の「紀伊国屋ホール」で見たと思います。

 このブログに 【太鼓たたいて笛ふいて】 の 「観劇レビュー」 が見当たらない処を
みると、おそらく相当昔、少なくとも2007年(当ブログ発足の年)より前のようです。

 と云う訳で、ご案内まで。

【太鼓たたいて笛ふいて】

【公演日程】
2014年3月1日(土)
開場12:30/開演13:00
開場18:00/開演18:30

【会場】 キャナルシティ劇場

【料金】
  全席指定:8,400円  U25:4,000円
 (全て税込)

【作】 井上ひさし

【製作】 こまつ座

【主催】 ピクニック

【演出】 栗山民也

【出演】
  大竹しのぶ、木場勝己、梅沢昌代、山崎 一、阿南健治、神野美鈴
  朴 勝哲(ピアノ演奏)


【チケット一般販売】:好評発売中!
  ピクニックチケットセンター:050-3539-8330
   (11:00~17:00)

チケットぴあ:0570-02-9999 [Pコード:432-972]

ローソンチケット:0570-084-008 [Lコード:81735]

キャナルシティ劇場:092-271-6062

     **********

大竹しのぶが演じる
作家林芙美子の生涯。

卓越した演技力と見事な歌唱力で演劇賞を独占した舞台の待望の再演。

「たった六人の俳優で」と観客を感嘆せしめた,鮮やかな戯曲、そして神業の演出。
若き日の貧しくも奔放な浮草暮しを詩情豊かに描いた「放浪記」で華やかに文壇デビューした芙美子は常に高い人気を誇った昭和の大ベストセラー作家だった。だが、彼女の人生の真実は、あの大戦をはさんだ後半生にあった。

大竹しのぶをはじめとする六人の演技陣がいきいきと躍動感にあふれ、ジャズ、クラッシック、ミュージカルナンバーから選りすぐった歌曲が、ピアノ朴勝哲の生演奏とともに客席を魅了する、至福の音楽劇。


 

音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 


 
関連記事

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック