観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



佐村河内 守 改め 新垣 隆・作曲 交響曲第1番 【HIROSHIMA】 (原題・「現代典礼」)
2014年2月10日(月)

 佐村河内 守の偽りに満ちた聴覚障害者の装いと
 ゴーストライター騒ぎの続きです。

     *********************

 当ブログでは、NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】 放送直後に
この話を真に受けて、当ブログ記事
 【“現代のベートーベン” サムラゴウチ マモル  NHKスペシャル】
   で肯定的に御紹介しました。(2013/3/31)  不名を恥じ、お詫び致します。



     *********************

 レコード店などでは、販売停止の措置が取られたそうですが、
 (とはいえ、自らレコード店で確認した訳ではありません)
 【YouTube】上には、まだ相当残っているようです。

 全曲を完備できているかどうかは解りませんが、大体の雰囲気は掴めます。

 私にとっては、NHKスペシャルで断片を紹介していたのは別にして『初聴き!』

まぁ、いわゆる『現代音楽』的ではなく、後期ロマン派?程度の作風。

 尤も、新垣 隆氏自身は、もっとアカデミックな現代音楽も作曲できるかも
知れませんが、「現代典礼」と云う表題と、佐村河内 守氏が示したチャート(下図)
から大きくそれることはできないでしょうし・・・

    下の『写メ』 は、日刊スポーツ 2014年2月7日付け
GendaiTenrei_Chart01.jpg 

 このチャートによれば『中世ポリフォニック』やら『グレゴリオ聖歌』やら『バロック』やら『バッハ・ヨハネ受難曲』やら『モーツァルト・レクイエム』やら『オルフのカルミナブラーナ』やら『ペンデレツキ』やら・・・佐村河内の知る限りの浅薄な音楽知識の羅列『てんこ盛り』で、方向性は定まらないが、いわゆる難解な現代音楽を求めている訳ではないことは解る。
 なお、グレゴリオ聖歌はバッハ以前数百年、
 ペンデレツキは【広島の犠牲者に寄せる哀歌】を作曲した現代作曲家。
 極め付きは、上の写真の一番下にある
 『☆ → 前例のないほどの宗教性(中世の)を前面に出す為、常に上記の技法を中心に独自法を編む。』
  に帰結する。
 すなわち、時代を超越し、音楽史を包括するような壮大な曲を新垣氏に依頼したという話し。
 自分で作曲する訳では無いので、随分無理筋を押し通しているようです。


   その上、一般受けする音楽である必要性も考えて、このような曲想になったものと思われます。

 過去形の話になるので、如何ともし難いのですが、このゴーストライター騒ぎを
知らないで聴いたとしても、おそらく私はこの曲をマスメディアや一部の音楽家や
御用評論家のようには高く評価しなかったと思います。


音楽ブログランキング


新垣 隆 作曲・【交響曲第1番】 第3楽章より (約27分)


     *******************

新垣 隆 作曲・【交響曲第1番】 第3楽章より (約7分半)

  この部分はメシアンの「トゥランガリラ交響曲」の引き写しか? 全く同じパターンも

【交響曲第1番】 第3楽章より (約10分)

  この部分は、ショスタコーヴィチの影響があると思われる。交響曲第11番とか・・・

【交響曲第1番】 第3楽章より「天昇コラール」 (約5分半;上のチャートに合致している)

  この部分は、マーラーの影響が色濃く感じられる。交響曲第5番【アダージェット】とか・・・
   佐村河内 守 ⇒ 新垣 隆 作曲・交響曲第1番 第3楽章① 
   演奏:広島交響楽団 指揮:秋山和慶 2008年9月1日
        アップロード日: 2009/06/12

   ************************

「NHK-Eテレ」 交響曲 【HIROSHIMA】 第3楽章・映像 (約14分半) 

   (オリジナルコメント)
   【公開日: 2013/08/16
    80分の大作の内の、最後のところだけです。
    佐村河内 守さん、東京フィルの皆様、ありがとうございます。】
    (画像の上の隅を見ると 「NHK-Eテレ」 で放送したものらしい)
  曲が終わると大歓声と拍手、スタンディング・オーベーションが続き
  佐村河内 守氏がステージに上がって歓声を受け止めるシーンで終わる。
  今となっては、何ともおぞましい風景ではある。 
  この熱演を導いた指揮者の大友直人も今や、冷や汗ものだろう(可哀想!)。

   ************************




【関連記事】

佐村河内守 が 『弁明のFAX』 を マスメディア に送り 『聴覚障害』 を改めて主張!
 観劇レビュー&旅行記 2014年2月12日

  【FAX】 での弁明について、詳しく報じていた【東京新聞Web版】を引用  

佐村河内氏 の ゴーストライター 新垣隆氏が謝罪会見 「私は共犯です」
 観劇レビュー&旅行記 2014年2月6日
  
  新聞報道 と 新垣隆氏の謝罪会見 (【YouTube】映像へのリンク付き)

佐村河内 守 【交響曲第1番 HIROSHIMA】 福岡公演(3/22) を期待していたが・・・
 観劇レビュー&旅行記 2014年2月5日
  

“現代のベートーベン” サムラゴウチ マモル  NHKスペシャル
 観劇レビュー&旅行記 2013年3月31日
  

佐村河内氏作曲問題、新垣隆氏 記者会見  【YouTube】映像
 JUNSKYblog2014 2014年2月7日

  記者会見の 【YouTube】 映像 へのリンクを掲載  

『全聾の』 現代のベートーベン・佐村河内守氏 普通に耳が聴こえた!
 JUNSKYblog2014 2014年2月8日

  日刊スポーツ写メ記事を掲載  


音楽ブログランキング



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック