観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



バイオリニスト・五嶋みどりさん 米グラミー賞・最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞
2014年1月27日(月)

 今日は、特に身近な話題が無いので、東京新聞の記事から。

 五嶋みどりさん が 「グラミー賞」 の 最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞した

と云うニュースの御紹介です。

 しかし、若き俊才バイオリニスト・五嶋みどりさん も 既に42歳にも成っていた!

 私は、五嶋みどりさんが、まだ 『子どもの天才』 だった頃に聴いたような気がします。

 以下、東京新聞の引用です。

五嶋みどりさん参加作受賞 米グラミー賞、クラシック部門で
 (東京新聞)- 2014年1月27日(月) 13時51分
 

【ロサンゼルス共同】
 米音楽界最高の栄誉、第56回グラミー賞の発表・授賞式が26日、ロサンゼルスで開かれ、バイオリニスト五嶋みどりさん(42)が参加したアルバム「パウル・ヒンデミット 作品集」が、最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞した。

 五嶋さんは、受賞アルバム収録の「バイオリン協奏曲」でソリストを務めた。同賞はクラシック8部門のうちの一つ。

 今年はシンセサイザー奏者の喜多郎さんが「ファイナル・コール」で最優秀ニューエージアルバム賞にノミネートされていたが、受賞を逃した。 



MIDORI-GOTO-570.jpg

グラミー賞受賞の五嶋みどり
14歳の時に残した伝説「タングルウッドの奇跡」とは

 The Huffington Post | 投稿日: 2014年01月27日 12時41分
 

 バイオリニストの五嶋みどりさんが参加したアルバムが、1月26日に発表されたアメリカのグラミー賞を受賞した。

 米国音楽界最大の祭典、第56回グラミー賞の授賞式が26日、米ロサンゼルスで始まり、バイオリニストの五嶋みどりさんが演奏に加わったアルバム「ヒンデミット:バイオリン協奏曲、ウェーバーの主題による交響的変容、弦楽と金管のための協奏音楽」が、最優秀クラシカル・コンペンディアム賞を受賞した。

(朝日新聞デジタル「五嶋みどりさん参加アルバム、グラミー賞に」より 2014/01/27 09:14)

 五嶋さんは1971年生まれ。同じくバイオリニストの母から教育を受け、幼いころから才能を発揮。わずか11歳でニューヨーク・フィルハーモニックと共演してデビューした。

 1986年、14際の時、レナード・バーンスタイン指揮のボストン交響楽団と「タングルウッド音楽祭」で共演。
その際、バイオリンの弦が切れるトラブルに2度見舞われるが、いずれも楽団員の楽器を借り受け、最後まで演奏し周囲を感動させた、後に「タングルウッドの奇跡」と呼ばれる逸話を残している。その模様は、映像でも記録されている。
(この下の【YouTube】 映像を御覧ください:JUNSKY) 





音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 


 
関連記事

テーマ:クラシック音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック