観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ボストン室内管弦楽団 と 福岡の学生オケ が 共演(1/19 午後)
2014年1月14日(火)



読売新聞写メ添付

出演団体:ボストン室内管弦楽団、九州大・福岡教育大・筑紫女学園大 学生オケ
ソリスト:久原有希子(17・活水高校2年)Violin  他

会 場:ももちパレス (地下鉄・バスで藤崎駅 隣接)
日 時:1月19日(日)
    第1部・12:00  チケット¥4500
    第2部・15:30  チケット¥5000
    第3部・19:00  チケット¥4000
          三公演通し 12,000円

第1部 映画音楽シリーズ
 ・アラン・メンケン(美女と野獣)/他
 [指揮]ティモシー・ヴァーヴィル

第2部 協奏曲シリーズ
 ・メンデルスゾーン バイオリン協奏曲ホ短調    
  ソリスト 久原有希子 / 九州大学+BCO
 ・モーツァルト   ピアノ協奏曲 第20番ニ短調 
  ソリスト 望月未希矢 / 筑紫女学園大学+BCO
 ・ガーシュイン   ラプソディー・イン・ブルー  
  ソリスト 小川典子 / 福岡教育大学+BCO
  [指揮]ティモシー・ヴァーヴィル [出演]

第3部 オーケストラ名曲シリーズ
 ・魔法使いの弟子 / デュカス,カルメン / ビゼー(筑紫女学園大学+BCO)
 ・交響曲第4番 / チャイコフスキー(福岡教育大学+BCO)
 ・交響曲第5番「運命」/ ベートーベン(九州大学+BCO)
 [指揮]ティモシー・ヴァーヴィル

チケットお問合せ 
中村孝治 pianissimo.kj@gmail.com
FAX:092-510-1702



3大学のオーケストラが米国の楽団と共演 19日に福岡で
 読売新聞 - 2014年1月14日(火)
 

 米ボストンを拠点に活躍する「ボストン室内管弦楽団」が九州大、福岡教育大、筑紫女学園大の学生オーケストラと共演する特別公演が19日、福岡市早良区のももちパレスで開かれる。福岡市のピアニストが「古里にクラシック音楽の文化を根付かせ、世界に注目される音楽祭を開く足がかりにしたい」と企画した。

 ボストン室内管弦楽団は2007年に結成。欧米やアジアの若手実力派奏者が所属している。米国内外でのコンサートのほか、日本のテレビドラマのBGMを手がけるなど精力的に活動している。

 福岡公演を運営する福岡市のピアニスト中村孝治さん(28)は17歳でピアノを始め、21歳でボストン音楽院に入り、腕を磨いた。2011年に帰郷し、福岡を中心に音楽活動をしている。ボストンで中村さんは、音楽院出身の指揮者・佐藤洋平さんに「帰郷したら、福岡の人たちに高いレベルの演奏を聴かせてクラシック音楽を普及し、人材を育てたい」と夢を語っていた。

 そのことを覚えていた佐藤さんは12年冬、福岡公演を持ちかけた。佐藤さんはボストン室内管弦楽団の創設者の一人。中村さんは、「アマチュア演奏家が育たなければ、文化は育たない」と大学生との共演を計画し、3大学の学生オーケストラが呼びかけに応じた。

 19日の公演は「映画音楽」「協奏曲」「オーケストラ名曲」の3部構成。ボストン室内管弦楽団の約30人と3大学の約160人が出演予定で、大学ごとに同楽団と共演する。ソリストとしてオーディションで選ばれた長崎市の活水高2年久原有希子さん(17)がバイオリンを演奏する。

 学生と同楽団のメンバーは11日から、公演に向けてリハーサルを行っている。同日は九大伊都キャンパス内で全体で音を合わせたり、パートごとに練習を行ったりした。九大3年の金城真生(まお)さん(20)は「プロの技術の高さと熱意を肌で感じる。頑張って良い演奏会にしたい」と意気込んでいた。

 中村さんは「今回だけでなく来年以降も公演を続け、将来は福岡で、世界が注目する国際音楽祭を開催したい」と夢を語る。

 公演の開演は第1部が正午、第2部が午後3時半、第3部が午後7時。
入場料は全席自由で、3部通し券は一般1万2000円、学生6000円。
各部のみは一般5000円、学生2500円。
問い合わせは、公演を運営する実行委のメールで。
 pianissimo.kj@gmail.com

(2014年1月14日 読売新聞) 




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



関連記事

テーマ:クラシック音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック