観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



福岡市美術館 にて 【小林一三 と 松永安左エ門】展 を みる
2014年1月11日(土)

 今日は、朝一で Met Live Viewing 【ファルスタッフ】(ベルディ作曲)を見た後、

大濠公園にある、福岡市美術館 に出向きました。

 お目当ては、こちら

 【小林一三 と 松永安左エ門】 逸翁 と 耳庵 の 名品コレクション



       松永安左エ門(左)     小林一三(右)

 茶道具や、書画・骨董などのコレクション。

 小林一三は、阪急電鉄やターミナルビルの阪急百貨店、宝塚歌劇等の生みの親
 松永安左エ門は、西鉄・西部ガス・九州電力などに現在発展した企業の元を創設した人。
 共に同時期に慶應義塾に入学し、30代に知古となって交流を続けてきたとのこと。

【小林一三 と 松永安左エ門 茶の湯交遊録】 
fukuoka-art-museum 2014Jan

会期中、一部展示替えを行います。
 前期:1月5日(日)~1月26日(日)
 後期:1月28日(火)~2月16日(日)
※展示が替わる作品は、出品リストでご確認ください。→ PDF

会場: 1階 古美術企画展示室・松永記念館室(常設展示室内)

開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで) 休館日:月曜日(1月13日は開館して、翌14日は休館します)

料金: 常設展示観覧料でご覧になれます。 一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
主催: 福岡市美術館・公益財団法人 阪急文化財団 逸翁美術館・NHK福岡放送局
助成: 芸術文化振興基金   


     ********************

 美術館までの 『参道』 は、大濠公園の水辺。




 一目できる範囲で、100羽前後は見られるので、公園全体では数百羽はいるでしょう。
これらの水鳥を養うだけの小魚が、このお濠に生存するのでしょうか?



 ひと冬3ヶ月としても百日前後。 一日に一羽あたり小魚を10匹しか食べないとしても
数十万匹の魚がいないと維持できないように思えますが・・・

     *******************

 美術館の展示を見た後、夕景になった屋外展示の夕日による陰影が美しかったので
1枚写真を撮って見ました。






    銘文は 【Grande PattinatriceN.2】 1971 (作者原語署名・読めず)



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック