観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



朝比奈隆指揮 ベートーヴェン: 交響曲全集  を 聴く
2013年12月27日(金)

 【TOWER RECORDS ONLINE】 で注文していた

【朝比奈隆指揮 ベートーヴェン 交響曲全集】 (特別収録曲付き)

 が先日、指定した近所の『セブン・イレブン』に到着して引き取ってきました。

  Asahina_Beethoven_Symphonies.jpg

 早速、『特別収録曲』である、ベートーヴェン: 交響曲第5番(通称;運命)と
 シューベルト:交響曲第7番(通称;未完成交響曲) を 聴きました。

 『運命』の出だしは、結構ゆったりテンポです。

 1970年代の録音で、朝比奈隆さんのまさに円熟期(65歳前後)のもの。

 また、『未完成』は、第3楽章をシューベルトが残した楽譜通り(冒頭のみ管弦楽であとはピアノ)
演奏する『付録』付き

 管弦楽団は、朝比奈隆がまさに子どものように育成した 大阪フィルハーモニー交響楽団

CD8枚組で、5,990円 の手頃な価格。 1枚当たり750円程度。

 まだ、全部は聴き終えていません。

     **********************

   以下、【TOWER RECORDS】 による 紹介記事。 

 朝比奈初めてのベートーヴェン全曲録音。最新の高音質リマスタリングで蘇る不滅の金字塔!

 1973年、朝比奈隆の楽壇生活40周年を記念して学研が制作したベートーヴェン交響曲全集。唯一のセッション録音となったこの全集には、当時65歳の朝比奈の気迫に満ちた演奏が余すところなく収められています。今回のCD化にあたり、LPレコードで発売された当時の解説書を復刻(88頁)。さらに、特別編成盤として、1972年に別企画として録音された「運命」「未完成」も収録しました。

 このセットは、当時朝比奈の楽壇生活40年を記念する企画であり、当時の学研がコストをかけてセッション録音をしたものです(一部はライヴ)。LP時代は豪華なBOXで発売され、CDの極初期に一度学研のレーベルで再発、そして数年前にリマスターを施した状態で国内のインディ・レーベルより再発売されておりました。そのときもブックレットを再現し、音質も向上をしており、朝比奈ファンを大いに喜ばせる出来でしたが、箱が大きく価格的にも高価でした。今回の再発売では、解説書も同じく当時のまま復刻し、ジャケはなるべく初出LP発売時のBOXのデザインを再現(金箔等再現不可要素もありましたが)し、さらに2013年最新リマスタリングを施し音質は更に向上。もちろん、別収録の「運命」と「未完成」も特別収録として今回収めております。

 当時の熱気漂う豪華執筆陣による解説他も魅力的な要素のひとつ。発売当時、日本人によるベートーヴェンの交響曲全集の録音はまだ少なかった状況もあることから、この朝比奈の全集における日本の音楽界・文化界における期待は並外れたものだったのでしょう。特に同じ大学であった井上靖氏のエッセイ(大学時代に一度だけ声を交わした)や、吉田秀和氏による譜例を含めたベートーヴェン解説、諸井誠氏の作品解説は圧巻です。資料としても十分保存価値のあるものばかりです。何より総数88ページというのは読み応えのある素晴らしい解説書です。

 朝比奈のベートーヴェン演奏の原点が聴ける今回のセットは、朝比奈ファンだけではなく、日本のベートーヴェン愛好家にとっても忘れられない、貴重な音源となるでしょう。待望の復刻です。

タワーレコード (解説:2013/11/14) 
発売日:2013/12/13

     *********************

【演奏】
朝比奈隆(指揮) 大阪フィルハーモニー交響楽団

【録音】
1973年8月7日(1,5,6)番号は交響曲の番号
1973年8月8日(2)
1973年8月9日(3)
1973年8月8日、9日、10日(4)
1973年7月18日、8月7日(8)
1973年8月10日(7)
以上大阪厚生年金中ホール

1972年12月27日(9)
平田恭子(ソプラノ)
伊原直子(アルト)
林誠(テノール)
高橋修一(バリトン)
石川県音楽文化協会合同合唱団
アサヒコーラス
グリーンエコー
アイヴィーコーラス
大阪メンズコーラス
大阪フェスティバルホール(ライヴ)

1972年1月16日、17日(特典:運命)
1972年1月17日(特典:未完成)
以上箕面市民会館 




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



関連記事

テーマ:クラシック音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック