観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



秋の夜長の 【祈り部(いのりべ)】 ライヴ
2013年9月15日(日)


 昨夜、広島のインディーズ・バンド 【祈り部(いのりべ)】

の ライヴ・コンサート を聴きに行きました。



    (舞台側から『LED』 で光らせているので、逆光となり撮しづらい)


 ライヴ第一部終了後、憲法のお話が若手女性弁護士二人の掛け合いで



 自民党が画策している憲法改悪のえげつなさが解りました。

 次に、玄海原発で事故が起こった際の放射能汚染を疑似体験する

【風船プロジェクト】(玄海原発近くから風船を飛ばして拡散状況を調べる)

のお話がありました。



 2時間ちょっとで福岡市まで届き、一日も掛からずに奈良県まで飛散したとのこと。

 玄海原発で事故が起こると、西日本は一日で汚染地帯になってしまい逃げ場がない!


 この後、福島原発事故からの避難者のお話しなどが続きました。


 ライヴは、第二部があり、その冒頭はモダンダンスとのコラボ。

私的には訳の解らない“前衛的な”モダンダンスが長々と続いた後、【祈り部(いのりべ)】の

人たちが、まずはパーカッションから徐々に音を付けてゆき、クライマックスに至ると云う

ものでしたが、冗長で余りにも長過ぎ(30分前後も)て、ついて行けませんでした。

 そして、このダンス(舞踏)とのコラボレーションは、ジャズと同様リハーサル無しの

全くの 『本番一発勝負』 即興演奏(アドリブ)であるとの事後情報でした。


 
 そしてこちらが、 【祈り部(いのりべ)】 の面々。



   ヴァイオリン と 二胡の 竹内 ふみの さん




   パーカッション (十数種類?) の 宮本 かおり さん



 
   ウッド・ベース と エレキベース の えーっと ????さん
    竹内 ふみの さんより、彼は「ワタナベさん」であると教えて頂きました。   


 最後の演目の 「八木節」 では、クライマックスで、宮本 かおり さんの

 大太鼓の 超絶技巧 「速打ち連打」 が会場を圧倒しました。

P9140104m.jpg
  この方の演奏は、正真正銘本物です。

  この日の昼公演を聴いた 『太鼓演舞集団・鼓童』 を超えていると思います!

 何しろ 『鼓童』は数十人、こちらは 一人 ですから!



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 






関連記事

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック