FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



宝塚・宙組公演 「バレンシアの熱い花」
20071118182137.jpg


宝塚歌劇・全国ツアー福岡公演
「バレンシアの熱い花」
「宙 FANTASISTA!!」
  を見ました。

2007年11月18日(日) 午前11時~午後2時半
福岡市民会館 にて

主演は、今年6月【宙組】TOPに就任した
大和 悠河(ヤマト・ユウガ,愛称:タニ)と
陽月 華 (ヒヅキ・ハナ,愛称:ウメ)
いずれも美形でスタイル抜群のカップル。

ウメのウエストは、それは細く、全体の肉付きも薄く(激ヤセ!?)、これでよく連日の公演に耐えられるものだと感心!
タニは、格好好い!

このお二人、特別公演ミュージカル「雨に歌えば!」で、安蘭けい と一緒に絶妙なタップダンスを披露した長くからの同志。
しかし、その頃は、二人とも歌の方は「もう一歩」という実力でした。

タニもウメもTOPになる前と比べれば、さすがに歌も格段にうまくなっていました。

ウメは、タニが早変わりで舞台袖に引っ込んでいるときでも殆ど出ずっぱりと言う感じで、まさに肉体労働!
よほど耐久性が無いと続かないでしょう。
本公演では、1ヵ月半に50ステージほど連続ですからね。

ウメは、ほんとうに最初から最後まで激しく踊っていました。
やはりダンスの人ですね、この方は。体力勝負! タニもね!

ところで、タニ・ウメ以下の若手は知らない人ばかり。
宝塚“オタクもどき”としては由々しき事態になっております。
勉強しなおし。

『バレンシアの熱い花』の主な配役は、以下の通り。
大和 悠河 :フェルナンド・デルバレス
陽月 華  :イサベラ 
蘭寿 とむ :ラモン・カルドス
邦 なつき :セレスティーナ侯爵夫人
美郷 真也 :レオン将軍
寿 つかさ :ホルヘ
鈴奈 沙也 :バルバラ
七帆 ひかる:ロドリーゴ・グラナドス
美羽 あさひ:シルヴィア
天咲 千華 :マルガリータ


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 

ストーリーは、【続き ...read more】をどうぞ。
(宝塚歌劇ホームページより引用)
何か、ちょっと忠臣蔵風でもありました。(あだ討ち物語です)

      ◇◇◇◇◇


【続き】は、ここから

ミュージカル・ロマン
『バレンシアの熱い花』

作・演出/柴田侑宏
演出/中村暁


[解 説]
 19世紀初頭のスペインの一地方、バレンシアを舞台に、復讐と恋を多彩に描いたスケールの大きいミュージカル作品。
 19世紀初めのスペイン、バレンシアの領主ルカノール公爵の居城。側近らが集まり、何事かを相談している。退役軍人のレオン将軍に不穏な動きがあるというのだ。その協議中、前領主の妻セレスティーナ未亡人が、重税に苦しむ市民達の実情を訴えにやって来る。しかし未亡人の訴えは聞き入れられることはなかった。
 未亡人の息子フェルナンド・デルバレスが、レオン将軍の要請で駐屯地から戻ってきた。フェルナンドの父はルカノールによって暗殺されたという証拠の手紙が発見されたのである。ルカノールの横暴振りに加え、父の暗殺事件を知ったフェルナンドは復讐を誓う。そのためにまず遊び人になりすまし、許婚者のマルガリータにも結婚の延期を告げる。
 ルカノールの城では、今日も夜会の最中である。公爵の甥ロドリーゴ・グラナドスの後を追って、ルカノールの後添えシルヴィアが出て来る。シルヴィアはロドリーゴの恋人であったが、シルヴィアの父が反逆罪で捕らえられ、父を救う条件としてルカノールは強引にシルヴィアを後添えにしたのだ。行き場のない憤りを感じるロドリーゴ。そんな彼をフェルナンドが街の酒場エル・パティオへと誘う。
 エル・パティオでは、ラモンとイサベラがフラメンコを踊っている。別室でフェルナンドはロドリーゴに協力を求める。二人の話を立ち聞きしている者がいた。ラモンである。二人は秘密を聞いたからには仲間に入るべきだと詰め寄る。しかしラモンは断る。二人は黒い天使と名乗り、ルカノール一派を一人ずつ亡き者にしていく。シルヴィアやマルガリータは二人の様子が変化したことに心を砕いていた。しかし陰ながらフェルナンドを愛するイサベラだけは、彼の実体を見抜いていた。ある日、ラモンの妹ローラがルカノールの部下に銃殺される事件が起きる。ラモンは仲間に加えてくれと申し出る。
 決戦の日がきた。フェルナンド達はレオン将軍や義勇軍を従え、城へ乗りこむ。三人の目的は達成されるのか……。そして、それぞれの恋の行方は……。


コズミック・フェスティバル
 『宙 FANTASISTA!!』


作・演出/藤井大介

[解 説]
 宇宙に王子が誕生し、宇宙一周の旅へと出掛ける。月、水星、木星……そして太陽。それぞれの星をイメージした場面で展開される、新鮮で、エネルギッシュな「宙」をテーマにしたショー作品。

関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック