観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



石川達三の裁判記録、遺族が寄贈 秋田市・明徳館に (秋田魁)
2013年8月4日(日)

今日は、ネタ切れにつき、【秋田魁新報】 の Webニュースから・・・

作家・石川達三が書いた小説 「生きている兵隊」の描写が「安寧秩序を乱す」

として新聞紙法違反で起訴され、有罪判決を受けた事件に関する資料。

 石川達三さんは、日中戦争の戦地で日本兵から聞いた 

「略奪、放火、女性殺害などの話」を基に38年に小説 「生きている兵隊」を執筆

掲載誌が発禁となった、と云う。 気骨ある作家だったと言えるだろう。

    ****************
石川達三の裁判記録、遺族が寄贈 秋田市・明徳館に
 さきがけ on THE Web - 2013/08/02 14:10 更新

 横手市生まれの芥川賞作家石川達三(1905〜85年)が38(昭和13)年に新聞紙法違反で有罪判決を受けた裁判の公判調書と判決文が1日、達三の長男で上智大名誉教授の旺(さかえ)さん(69)=神奈川県=から、秋田市立中央図書館明徳館に寄贈された。起訴されるもととなった小説「生きている兵隊」の執筆理由を、「国民一般の緊張味が欠けているのが非常に残念」で、非常時を認識させたかったなどと陳述している。同館は今後、館内で展示する予定。

 「生きている兵隊」は日中戦争の戦地で日本兵から聞いた略奪、放火、女性殺害などの話を基に38年に執筆、掲載誌が発禁となった。達三は「安寧秩序を乱す」として起訴され、有罪判決を受けた。

 公判調書によると、兵士の略奪などを記した場面について、判事が「日本軍人への信頼を傷つける結果にならないか」と問いただしたのに対し、達三は「傷つけようと思った。本当の姿を見て、その上に真の信頼を打ち立てなければ駄目」「戦争の真実を国民に認識してもらい、軍への新たな信頼を築かせることを意図した」と陳述している。

 明徳館には84年に石川達三記念室が設置され、達三から単行本などゆかりの品が寄贈された。 





音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


 
関連記事

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック