観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



【天心の譜(しらべ)】 知的障害のある人々に真摯に向かい合う指揮者・コバケン
2013年6月12日(水)

 今朝、【天心の譜(しらべ)】 を見てきました。

TensinTop.jpg

 この映画を知ったのは新聞記事(たぶん読売新聞 か 西日本新聞)

指揮者・コバケン(小林研一郎)の音楽創りへの心意気と知的障害を持つ人々も含む楽団員

への真摯で愛に満ちた向き合い方が良く解る映画でした。

私が敬愛するベートーヴェンの話と音楽も随所に出てきて・・・

 映画の冒頭は、障害者31名が参加したフルオーケストラによるフィンランドの作曲家

シベリウスの【フィンランディア】のリハーサル風景から。

この曲は、この映画全体を通す底流となっているようです。

ネタバレになるかも知れませんが、被災地の廃墟となった学校の音楽室にに残された

ピアノをコバケンが弾き、言葉は少ないながら音楽で哀悼の思いを奏でる処はさすがに

心揺さぶられました。

ショパンのプレリュード【雨だれ】 とモーツァルトのピアノ協奏曲第23番の一部とのこと。

 他の場面では中学生の前で、ベートーヴェンのピアノソナタ第14番いわゆる

「月光ソナタ」を弾いたり・・・

クラシック好きと障害者活動に参加している人々には見過ごせない映画でしょう。

【天心の譜(しらべ)】 公式サイト

福岡では、KBCシネマにて 6/14(金)まで! 見たい方はお早めに!

6/8, 10:55-12:30   
6/9(日), 19:10-20:45
6/10, 10:55-12:30
6/11, 10:55-12:30
6/12, 10:55-12:30
6/13, 10:55-12:30
6/14, 10:00-11:35

     この映画を紹介した新聞記事
moblog_070df324.jpg
     (画像をクリック ⇒ 全画面表示で、読める程度に拡大します)

コバケンとその仲間たちオーケストラ ブログ


      予告編 映像 (2分)

予告編 映像 へのリンク

細川佳代子さん舞台挨拶映像 へのリンク

  映画.com 【天心の譜(しらべ)】 ページ より解説・スタッフほか 

解説
「コバケン」の愛称で親しまれる指揮者・小林研一郎が、知的障害を抱えた人々を楽団に招いて行った演奏会の様子などを収めたドキュメンタリー。2010年、古希を迎えた指揮者の小林研一郎は、障害のある31人の演奏家を「コバケンとその仲間たちオーケストラ」に加えてコンサートを企画。小林と演奏家たちは、互いに刺激を受けながら練習から公演までの半年間の貴重な時間を過ごす。そのほか、11年6月にアテネで開かれたスペシャルオリンピックス夏季大会の参加者や、11年秋に、東日本大震災の被災地で小林が特別授業を行う姿なども収められる。05年スペシャルオリンピックス冬季大会の記録係として誕生した、知的障害のある9人で構成される「ビリーブクルー」が中心となってカメラをまわし、本編映像の半分ほどをビリーブクルー撮影の映像が占める。

スタッフ
監督:小栗謙一
製作総指揮:細川佳代子
編集:小栗謙一
音楽:小林研一郎
指揮:小林研一郎  


  YAHOO! JAPAN 映画 【天心の譜(しらべ)】 ページ より「解説」 

 古希を迎えてなお、情熱的で力強い指揮を披露し続ける小林研一郎と彼が率いるオーケストラを追ったドキュメンタリー。2010年に開催されたコンサートの練習風景や、東日本大震災で被災した地域を訪れた小林を活写。本作のおよそ半分を、知的障害がありながらも2005年に「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」の記録班として誕生した「ビリーブクルー」の記録映像を使用。劇中で披露されるオーケストラだけでなく、福島県出身の小林が被災した学校で子どもたちに語りかける姿など、普段目にすることのない一面も見ることができる。

あらすじ: 2010年、小林研一郎率いる「コバケンとその仲間たちオーケストラ」に、障害を持つ31名の演奏家が新たに加わり、コンサートを開くために練習が始まった。半年にも及ぶ公演までの過程を、知的障害のある9人のメンバーで構成された「ビリーブクルー」が撮影していく。また、福島県いわき市出身の小林が、東日本大震災後の海岸で心情を語ったり、被災した中学校の生徒たちにピアノを披露したりする姿も追う。  



  【天心の譜(しらべ)】 公式サイト より

コバケンとその仲間たちオーケストラ 演奏曲
◎交響曲「フィンランディア」 作曲:ジャン・シベリウス
◎歌劇「アイーダ」から「凱旋行進曲」 作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
◎「チゴイナーワイゼン」 作曲:パブロ・デ・サラサーテ バイオリン:瀬﨑明日香、川畠成道
◎序曲「1812年」 作曲:ピョートル・チャイコフスキー
◎歌劇トゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」 作曲:ジャコモ・プッチーニ
◎「藤棚の下に」 作曲:小林研一郎 作詞:サトウハチロウ ソプラノ:池田理代子
◎組曲「パッサカリア」から「夏祭り」 作曲:小林研一郎
◎交響曲 第9番「新世界より」第4楽章 作曲:アントンニン・ドヴォルザーク

小林研一郎 ピアノ演奏曲
◎ピアノ協奏曲23番 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト
◎『雨だれ』 作曲:フレデリック・フランソワ・ショパン

福島県いわき市立豊間中学校箏曲部 演奏曲
◎「華紋」 作曲:吉崎克彦  
◎小林研一郎 ピアノ演奏曲
  ベートヴェン「第9」冒頭、「月光ソナタ」冒頭



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



関連記事

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

天心の譜(しらべ)をみました

2013/6/13 コバケンとその仲間たちオーケストラ 題字はあの金澤翔子さん。音が無い、緊張した息づかいの金澤さんの筆から始まり、 フィンランディアの練習風景へ。 前に教育T...
【二つのピアノ】  音楽は夢と憧れ!【2013/06/14 08:56】