観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



【マリー・アントワネット物語展】 を 福岡県立美術館 で鑑賞
2013年4月28日(日)

 昨日から開催している展覧会らしい 【マリー・アントワネット物語展】 を

福岡市中央区・須崎公園の中にある 福岡県立美術館 で鑑賞しました。




 この種の展覧会は、去年もあったような気がする。

 定番の人気者なんだろう。




MA-Stature.jpg
   【Internet Museum】 [マリー・アントワネット物語展] より


 当時の マリー・アントワネット の肖像画などから推察して制作された

レプリカの衣装が展示されており、このコーナーのみ 「撮影禁止」 解除!








 この当時は、「頭飾り」 が 超 『発達』 したそうで、こんな大きな飾りも




 
 今回の展示での私的注目点は、有名な 『首飾り事件』 での売買対象となった

ダイヤモンド650個以上を繋ぎ合わせた 「首飾り」 のレプリカの展示。

 写真撮影禁止なので、私が撮った画像はありませんが、公式サイトなどから・・・

MA-Neckless-M.jpg
   【マリー・アントワネット物語展】 展覧会紹介 ページより

 もちろん、本物のダイヤモンドや金銀で制作するのは金額的に無理なので、

クリスタル・グラスと銅の下地へのメッキで制作されています。

     *********************

 その『首飾り事件』(1784 ~ 1785)の顛末も詳しく紹介されていました。

 先帝・ルイ15世が愛妾のために(と云うかねだられて)世界最高のダイヤモンドの首飾りを
贈り物にしようと、宝石商・ベーマーに打診したところ、ベーマーは宝石職人・バッサンジュと
組んでこの儲け話を実現しようとして私財をつぎ込んで大小のダイヤモンド650個超を繋いだ
首飾り(上のレプリカの実物)を製作して、お買い上げを求めようとした。

 ところが、10年近くを費やしてこの首飾りを完成した時には、ルイ15世は既に崩御。
当然愛妾・デュ・バリー夫人には買えるはずも無く、その上、愛人の死で没落。

 王侯でなくては買うことができないほど超高価な「首飾り」は宙に浮いてしまいます。

 宝石商・ベーマーは、お得意さんであるマリー・アントワネットに転売しようと画策
しますが、マリー・アントワネットはキッパリと拒否。

 そこで、ベーマーは、マリー・アントワネットの側近であるとされるラ・モット伯爵夫人に
マリー・アントワネットへの仲介を依頼。 
 ラ・モット伯爵夫人は、マリー・アントワネットに取り入ろうとしていたロアン枢機卿に
「この首飾りを贈ればお近づきに成れますよ」 とおだてて、買い取らせます。
(とはいえ、聖職者の代表者たる枢機卿が現在の価値で数十億円も蓄財していて、一人の女の
 ためにそれを使うというのが不思議だし、それほど魅力的な女性だったと云うことでしょうか)
 ラ・モット伯爵夫人は、ロアン枢機卿を信用させるために、偽のマリー・アントワネットの
手紙を送ったり、影武者を立てて闇夜の逢い引きをさせたりするなどの念の入れよう。
 恋は盲目と云うかマリー・アントワネットを想うあまりすっかり信用してしまう。
 ロアン枢機卿は、買い取った「首飾り」をマリー・アントワネットに直接贈らず、仲介の
ラ・モット伯爵夫人に渡して、マリー・アントワネットに渡してもらうことにした。

 受け取ったラ・モット伯爵夫人は、マリー・アントワネットに渡すどころか即座にこの
見事な美術工芸品をバラシてダイヤの粒として売り払いボロ儲けしたと云う話し。
 ラ・モット伯爵夫人は、初めからロアン枢機卿を騙して首飾りを奪い取る計画の詐欺を
仕組んでいたのだ。

 従って、この詐欺事件には、マリー・アントワネットは全く関わっておらず、冤罪なのだが
この話は噂話となってパリ中、フランズ中に知れ渡り、庶民の怒り心頭!
 フランス革命の引き金の一つになったと言われる。

 ラ・モット伯爵夫人は、その後捉えられて、公開ムチ打ちの後終身刑に処せられたが脱獄。
ロンドンに亡命して、自分は無実であり、真犯人はマリー・アントワネットであるとの
回想録を出版して生計を立てたとか。
 それがマリー・アントワネット悪女説にひと役割を果たしていたそうです。

   【レプリカ】 クリスタルと銀メッキとはいえ、さすがの豪華な輝きでした!
MA-Neckless-L.jpg
   【Internet Museum】 [マリー・アントワネット物語展] より
    
 
【Internet Museum】 こちらに [マリー・アントワネット物語展] の画像や映像多数あり


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック