観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【狙われるパスワード 同じもの使い回し厳禁】 朝日新聞デジタル 
2013年4月8日(月)

 今日は、朝日新聞の記事を引用して手抜きです。

ブログは手抜きですが、内容は重要です。

あなたの IDとパスワード が盗み取られて流出し、財産を失うかも知れないと云う話し。

 この長い記事の中のポイントを抜書きすると・・・

【ネット通販はもちろん、フェイスブックやツイッターなど、ネットサービスを使うたびにIDとパスワードが求められる。覚えきれなくなり、同じものを使い回す。利用者のそんな行動が見て取れる。】

【IDやパスワードの使い回しは絶対に避けるよう強調。そのうえで、8桁以上の英数字の不規則な組み合わせを勧める。
「パスワードの使い回しをしなければ仮に漏れても被害は最小限に食い止められる。残念ながら、セキュリティーが破られる最大の要因は『人間』なんです」。】


 しかし、ハッキリ言って、サイトごとにパスワードを別にすると覚えられなくなり、

そのため 【ID・パスワード一覧表】 のようなものが必要となってくる。

 パソコンに侵入されて、これが盗まれたら全部バレてしまうので、一層危険な気がする。

 ましてや、バックアップにクラウド・サーバーを使っていて、

そこに 【ID・パスワード一覧表】 を置いていたら、いつ盗まれるか解らない。

 かと言って、サイトごとに異なる全ての【ID・パスワード】を「脳」に記憶できる人は

極めて限られていると思う。 私には絶対無理!

 逆に私は、現金決済に関わらないサイトの 【パスワード】 は、去年全部統一した。

例えば、ブログ・メール・Twitter・facebook・メルマガ・メディア閲覧など・・・

もちろん、このブログの 【パスワード】 もアルファベットと数字を組み合わせた

その 【パスワード】 を使用している。

数字をひと桁追加するごとに、安全性は相当向上するらしい。

なお、「ネット通販」 や 「ネット・バンキング」等は、現在のところ行なっていない。

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


狙われるパスワード 同じもの使い回し厳禁
 目的は「カネ」、相次ぐ不正送金 あなたのパスワードが狙われている

  朝日新聞 - 2013年4月8日(月)

Asahi_2013Apr08-02.jpg
 

 ヤフーの防御システムが防いだ、1台のコンピューターからの不正アクセス数。韓国や中国からも300万回以上の攻撃があった

 ネット通販やオンラインバンキングなどの利用に欠かせない「パスワード」。ハッカーたちは、あらゆる手段を使って、あなたのパスワードを狙っている。

 「見せたいものがある」
 今年初め、取材で知り合った日本人ハッカーの1人が送ってきた1通のメール。添付ファイルを開くと、アルファベットと数字が並んだ膨大な文字列が画面いっぱいに表示された。

 ■ネット上で闇売買
 「iPhoneとiPadのユーザーIDとパスワードです」。メールの文面には、ネット上の闇市場で1件10ドル前後で売られていた、との説明があった。
 これは本物なのか。
 IDからたどることができた24件の利用者に取材した。関西の冠婚葬祭会社の男性社員は、顧客への説明にiPadを使っていた。記者が伝えたIDとパスワードには覚えがあった。見知らぬ中国語のアプリがダウンロードされたため、今年に入り変えた、元のパスワードだった。
 昨夏、iPadと接続していたパソコンがウイルスに感染。よく利用するサイトに「契約情報の確認」という画面が突然現れ、指示されるままIDとパスワードを打ち込んでいた。
 偽の画面にパスワードなどを入力させ、盗み取る「フィッシング」の被害に遭った可能性が高い。男性は「なぜ私が狙われたのか。本当に気持ちが悪い」と憤る。

 ■1台が月4000万回攻撃
 日本最大のネットオークションを運営する「ヤフー」。ひと月510億回のアクセスをさばく裏で、不正侵入を企てるサイバー攻撃にさらされている。その現状を、朝日新聞の取材に初めて明らかにした。
 4265万1735回――。3月8日までの1カ月間に1台のコンピューターが攻撃を続け、ヤフー側が防いだ回数だ。発信元は国内。同じ時期、中国や韓国国内のコンピューターからも、300万回以上の攻撃があった。IDとパスワードに使われそうな「単語帳」をもとに、例えば1秒間に数十回、侵入を試みる手口。「辞書攻撃」と呼ばれ、成功率は低い。
 ところが2年ほど前から、実在するIDとパスワードを使い、一度も失敗せず不正侵入に成功するケースが出てきている。
 「百発百中攻撃」。同社のセキュリティー部門トップ、戸田薫さんはこう呼んでいる。調査の結果、思わぬ原因が見えてきた。
 「ヤフーと同じIDとパスワードを他でも使い、それが盗まれて不正侵入に悪用されたようだ。これでは防げない」
 ネット通販はもちろん、フェイスブックやツイッターなど、ネットサービスを使うたびにIDとパスワードが求められる。覚えきれなくなり、同じものを使い回す。利用者のそんな行動が見て取れる。

 ■不正侵入の報告次々
 警察庁によると、国内では昨年5月~今年3月、約11万4千件の不正侵入が企業から報告された。今月、検索サイト「goo」で約10万件の不正侵入が見つかった問題でも、使い回しが原因で破られた可能性が指摘されている。仮に使い回しをしているIDとパスワードがハッカーの手に渡り、次々と侵入に成功されれば、個人情報や所属企業の機密情報などが根こそぎ奪われる可能性すらある。
 「使い回しは誰もが経験しているのではないか。被害が連鎖的に広がるリスクを覚悟した方がいい」。米セキュリティー大手マカフィーの本橋裕次・サイバー戦略室長は警告する。
     *
 ハッカーがIDやパスワードを狙う目的は、ずばり「カネ」だ。
 昨年秋、国内のオンラインバンキングの不正送金事件が相次ぎ発覚した。警察庁によると、偽の画面にIDやパスワード、暗証番号を入力させる手口で、昨年1年間で約4900万円の被害を確認。今年は2月中旬までに約2700万円の被害が確認されたという。
 海外では昨年、欧州を舞台に60億円以上が不正送金される事件が起きた。イタリアを皮切りに、ドイツ、オランダと60以上の金融機関に飛び火した。摘発に協力したマカフィーの報告書によれば、金融機関への侵入にはサーバー60台が使われた。被害者に送金が気づかれぬよう通知を届かなくしたり、残高の画面を改ざんしたりしていた。
 世界のサイバー攻撃を研究する独立行政法人・情報処理推進機構の加賀谷伸一郎調査役によると、発信元の国の時間でみると、攻撃は午前9時から正午にかけて活発化し、再び午後2時から同5時まで活発化する傾向があるという。「出勤してひと仕事。昼休みをとって、また活動。会社員のような行動に見える」

 ■守るためには?
 攻撃のプロが「ビジネス」として狙うパスワード。守るすべはあるのか。
 加賀谷調査役はまず、IDやパスワードの使い回しは絶対に避けるよう強調。そのうえで、8桁以上の英数字の不規則な組み合わせを勧める。アルファベットの大文字と小文字の52字、0~9の数字10字の計62字を8桁並べれば、約218兆通り。10桁なら約84京通りとなる。さらに記号を加えれば、解読は相当難しくなる。
 オンラインバンキングなどを利用するたび、携帯電話などに届く一度限りの暗証番号「ワンタイム・パスワード」も有効だという。
 加賀谷調査役は「パスワードの使い回しをしなければ仮に漏れても被害は最小限に食い止められる。残念ながら、セキュリティーが破られる最大の要因は『人間』なんです」。

          (朝日新聞須藤龍也)  



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



関連記事

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック