観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



“現代のベートーベン” サムラゴウチ マモル  NHKスペシャル
2013年3月31日(日)

【おわび】

 このの当ブログ記事で紹介した内容について、その大部分が虚構であったことが
2014年2月5日(水)朝7時の 【NHKニュース】(第1報) で、明らかになりました。

 NHKでは、下記の「NHKスペシャル」を始め、ローカル局を含めて何度も
佐村河内守氏を取り上げて来たのですが、彼が聴覚障碍者ではなく、作曲も
していなかった(新垣隆氏の代作だった)ことには、全く気付かなかったとのこと。

 当ブログも、この『NHK報道』 を真に受けて、取り上げた不名をお詫び致します。

 この記事を削除しても良いのですが、『反面教師』 として残しておきます。
 

【NHK の おわび 】 2014年2月5日(水)
 NHKスペシャルでは、去年3月31日、「魂の旋律~音を失った作曲家~」と題し、両耳の聴力を失った作曲家として、佐村河内守氏を紹介いたしました。
 しかし佐村河内氏が、NHKに対して、自らは作曲しておらず、代わりに作曲していた人物がいることを明らかにしました。佐村河内氏は、「曲の全体構成や曲調などをその人物に伝えたが、自分では曲を作っていない」と話しています。
 NHKは、放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした。
視聴者の皆様や、番組の取材で協力していた方々などに、深くお詫び申し上げます。  



【関連記事】

佐村河内 守 【交響曲第1番 HIROSHIMA】 福岡公演(3/22) を期待していたが・・・
 【当ブログ】 - 2014年2月5日(水)


佐村河内氏 の ゴーストライター 新垣隆氏が謝罪会見 「私は共犯です」
 【当ブログ】 - 2014年2月6日(木)


佐村河内氏作曲問題、新垣隆氏 記者会見  【YouTube】 映像
 【JUNSKYblog2014】 - 2014年2月7日(金)


『全聾の』 現代のベートーベン・佐村河内守氏 普通に耳が聴こえた!
 【JUNSKYblog2014】 - 2014年2月8日(土)


     ********************


 NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】

 交響曲第1番 【HIROSHIMA】 で、原爆の悲惨と、それから立ち上がる人々を描いて、

クラシックCDとしては異例の売上を実現していると云う 佐村河内守(サムラゴウチ マモル)

の苦悩の作曲風景を紹介する感動的ドキュメントだった。

N-Spe_2013Mar3101.jpg

 34才の頃に後天的に聴力を完全に失ったと云う、まさにベートーヴェンと同じ境遇に

陥り、絶望の作曲家人生を過ごし始めた 佐村河内守 が、広島と東日本大震災に立ち向かう中で

作曲家魂を取り戻して、東日本大震災被災者を悼む 【レクイエム】 を創作するめでを描いていた。

 先天的聴覚障害(すなわち、音楽はもとより音の世界を全く知らない)中でも活動する人々も

居る中で、後天的聴覚障で、且つ絶対音感を習得していたと云うのは不幸中の幸いではあるが、

それでもやはり、常に鳴り響く【ラの音】(440Hz 付近)に相当する「耳鳴り」と闘いながら

80分を超える交響曲を創作するのには、大きな困難が立ちはだかっていたようである。

 番組では、その「440Hz 付近のノイズ」を流しながら、佐村河内守が創作に取り組む様子を

描いて行く。

 まず、トロンボーンの旋律、次にそれにトランペットを重ね・・・最後に弦楽合奏を重ね

と云う、作曲の過程を実際の音で再現してゆく過程は興味深かった。

 また、音の交錯が、十字架に当たり、祈りを示していると解説された。

 さらに、高音弦楽器が上行音程なのに対して、低音弦楽器が下降音形を描いていることを

意味ありげに詳しく解説していたが、この点は謂わば定番の進行であり私には蛇足に思えた。

 最後に、東日本大震災被災者を悼む 【レクイエム】 (ピアノ曲)を流しながら観客が

涙ぐむ姿を映し出し、次に被災地をリサーチする佐村河内守をまだ復興ならぬ被災地の現状と

伴に描いていたが、これも若干定番の演出のように思えないでも無かった。

 私的には、この演奏に立ち向かっている田部京子さんを撮しておいて欲しかった。

 【レクイエム】は、冒頭バッハ的な始まり方であったが、これは作曲者の意図する世界

であったと思う。 終盤は冒頭とは全く異なるラフマニノフ的な美しさと叙情を湛えた曲想

に展開していた。

 現代音楽的な展開は全くなく、被災者の皆さんにとっても受け容れ易い曲であったと思う。


音楽ブログランキング


   *******************

   NHK-公式サイトに依る 番組紹介

N-Spe_2013Mar3102.jpg

魂の旋律 ~音を失った作曲家~
NHK スペシャル 2013年3月31日(日) 午後9時00分~9時49分総合

 “現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える空前のヒットを記録した。
そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いたことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる鎮魂曲が作れるのか…。被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、佐村河内の格闘の日々が続いている。
番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにしてレクイエムを完成させるのか。3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた制作現場に密着。さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守の実像に迫る。




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************





音楽ブログランキング


ゴーストライター・新垣 隆氏 の 記者会見映像  2014年2月6日(木) 


    記者会見冒頭 の 桐朋学園大非常勤講師・ 新垣隆氏 の コメント


 質疑応答部分 【Part - 1】



 質疑応答部分 【Part - 2】



 質疑応答部分 【Part - 3】



 質疑応答部分 【Part - 4】



 質疑応答部分 【Part - 5】



 質疑応答部分 【Part - 6】



 記者会見を締め括る 週刊文春で、この件を告発した神山典士氏のコメント



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】 佐村河内守

2013/5/5  聴覚障害を持つ方への情報伝達手段として、要約筆記ボランティアをやっている関係から、 先日3月31日に NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】 で紹介され
【二つのピアノ】  音楽は夢と憧れ!【2013/05/05 02:01】