観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



今日は、METライブ ドニゼッティの 【マリア・ストゥアルダ】 を見ました。
2013年2月9日(土)

METライブビューイング 

MET初演


 ドニゼッティの 《マリア・ストゥアルダ》

  を見ました。

Maria_Stuarda-img_3.jpg


 MET初演と云う位だから、当然私は観たことが無い!


以下、公式 Twitter より
*********
METライブビューイング 公式 @MET_LIVE_JP
いよいよ明日2/9(土)よりMET初演《マリア・ストゥアルダ》が公開です。昨シーズンの《アンナ・ボレーナ》に続く、ドニゼッティのチューダー朝女王3部作の2作目。メアリー・スチュアート演じる現代最高のメゾのひとり、ディドナートの魂が震える名演唱は必見です!
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1213/photo_gallery/08/

 何ともやるせない悲劇です。

 イングランドの女王 エリザベス1世 と 

 スコットランドの女王 メアリー・スチュアート (マリア・ストゥアルダ)

の覇権争いと、定番の男(レスター伯爵)をめぐる三角関係(Love Triangle) を

ない混ぜにしたシラーの原作、ドニゼッティ作曲の ベルカント・オペラ。

 睡眠が足りない訳では無かったのですが、相変わらず度々居眠り。


音楽ブログランキング



   MET Live 公式サイトより作品紹介

ドニゼッティの 《マリア・ストゥアルダ》
   Maria Stuarda - Donizetti
 
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 
演出:デイヴィッド・マクヴィカー

出演:
 ジョイス・ディドナート(マリア)、
 エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー(エリザベッタ)、
 マシュー・ポレンザーニ(レスター伯爵)、
 ジョシュア・ホプキンス(セシル)、
 マシュー・ローズ(タルボ)


上映期間 :2013年2月9日(土)~2月15日(金) .
上映時間(予定) :3時間15分(休憩1回)
[ MET上演日 2013年1月19日 ]

【あらすじ】
 16世紀末のイギリス。スコットランド女王マリアは、祖国を追われ、遠縁にあたるイギリス女王エリザベッタに幽閉されている。マリアを愛するレスター伯爵は彼女の助命を乞うが、レスター伯爵を想うエリザベッタは彼の心を知って嫉妬にかられる。和解のチャンスだったエリザベッタとマリアの会見は、嫉妬心もあり決裂に終わった。エリザベッタは死刑執行書に署名し、マリアは彼女を許すと言いおいて処刑台に向かう。

 チューダー王朝の伝説的な女王をオペラの舞台に甦らせた、ドニゼッティの「女王三部作」。昨年の《アンナ・ボレーナ》に続き、今年は《マリア・ストゥアルダ(メアリー・ステュアート)》が登場する。エリザベス女王に処刑された悲劇の女王に扮するのは、グラミー賞に輝くスター・メゾ、J・ディドナート。D・マクヴィカーの重厚な歴史絵巻にも酔いしれたい。 




音楽ブログランキング



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック