FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



シュテファン大聖堂とフィガロハウス
ウィーン一人旅-第12回
************************************************

シュテファン大聖堂とフィガロハウス

 ウィーン市立歴史博物館を出て、リンクの外周沿いに歩き、
アカデミー劇場、
AkademieTheater01.jpg

コンツェルトハウスの横を通る。
Konzerthaus01_20071024225054.jpg

コンツェルトハウスの壁面には、ここで指揮をとった
   マーラー(Gustav Mahler)と
GustavMahlerレリーフ01

          バーンシュタイン(Leonard Bernstein)のレリーフが飾られていた。
          Barnsteinレリーフ01

 そこを過ぎて、再びベートーヴェンさんの横を抜けて、シュテファン大聖堂の方角を目指す。ちょっと遠回りをしたことになる。
 シュテファン大聖堂の手前で、Franziskaner Kirch(教会)を覗く。

 シュテファン大聖堂(Stephansdom)はウィーン最大の大聖堂(ドーム)とあって、さすがに大きい。すでに午後4時を過ぎていたので本日のガイドツアーは終わっていた。明日出直すこととする。
 ドーム横のオープン・カフェでアインシュペンナー(いわゆるウィンナコーヒー)を飲む(3.1ユーロ)。

 休憩後、ドーム裏手のフィガロハウスを探す。ようやく建物の入り口を見つけたが、そこからモーツァルトを展示している部屋までがちょっと解りにくい。それらしき階段を上がり、それらしきドアを開くと、その部屋はあった(4ユーロ)。
 
 展示品のほとんどがレプリカ(コピー品)ではあるが、
Figaro Haus03

モーツァルト直筆のコピーもあり、それなりに興味深い。モーツァルトの音楽をヘッドフォンで聴けるようになっているところが3ヶ所ほどあり、それぞれ10曲くらいのCDが聴けるが、それを聴いているだけで1-2時間は経ってしまうので、さわりをちょっと聴くだけ。演奏者も明示してある。カールベームとかカラヤンとかフィッシャー・ディスカウとか有名どころ。

************************************************
ウィーン一人旅-第12回
この連載を1回目から読む
    第11回へ     第13回へ 

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

07年10月25日 木曜日 昨日の不正を集めたブログ

07年10月25日 木曜日 昨日の不正を集めたブログ  昨日の報道関係は、新聞もテレビも不正や犯罪に類するものばかりだったので、新聞と重複しないようにテレビ番組からのを摘出してそれを纏めてみた。これにメデイァに出ていない犯罪を含めると、日本は犯罪列島かも分か...
護憲+グループ・ごまめのブログ【2007/10/25 11:56】