観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



平田愛咲 プロデビュー 三周年コンサート
2012年10月7日(日)

 平田愛咲 と その母親 玄海椿 のジョイント・コンサート

【グラン・ジュテ:Grand jete】 (大きな跳躍:バレエ用語)を観てきました。




o0480072012161939538.jpg


 第一部は、平田愛咲 プロデビュー三周年コンサート

 ミュージカル・エンターテイナー 平田愛咲 が、これまで出演してきた ミュージカル・ナンバー

を順不同で歌い尽くし、最後は今後の目標であるミュージカル【エリザベート】から

「わたしだけに」 を歌いきりました。 

 贔屓目かも知れませんが、これまで聴いた中で、最高の「わたしだけに」でした!




 第二部は、玄海椿による一人芝居(一人+ナレーター 正確には二人) 【智恵子抄】

一部は喜劇仕立てで、演歌やダンスが入ったりですが、基本はシリアスドラマ。

藝達者な処を見せていました。




 今日(2012/10/7)、福岡市の ふくふくホールで、マチネとソワレが開催され、

私は、ソワレの方を観劇しました。


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

以下、詳報

 今夜のプログラムは、上に書いたように、平田愛咲 がプロデビューしてから3年間の足跡を歌い継ぐもの。

 最初の楽曲を歌い終わったあと、「昨日から声が枯れて、医者にいったら『歌いすぎだ』と言われた」と云う「お断り」からコンサートが始まった。

 確かに話し声は少し枯れているが、最初歌った曲ではそんな感じはしない熱唱だった。

 私が覚えている範囲で今日のナンバーを順不同で書くと。

最も最近の作として 創作ミュージカル 【カムイレラ】 から「カムイの風」

今年の公演から『チェコ製ロックミュージカル』【ハムレット】 からオフィーリアとのデュエット
   デュエットの相手は妹の向日葵さん。

【レ・ミゼラブル】 からエポニーヌのアリア(題名忘れ)

【王様と私】 からタプチムのアリア(題名忘れ)

【モーツァルト!】 からコンスタンツェの「愛していればわかり合える」
  ゲストの堀江慎也君とのデュエットで。

歌からダンスに・・・
  堀江慎也君とのタップダンス共演 
  そして同じく、ブレイクダンス?風の難しいダンス

堀江慎也君とのデュエットもう1曲(題名忘れ)


【ミス・サイゴン】 から「百万のキャンドル」をリーヴァイ・シルヴェスター

  ミュージカル・コンテスト優勝(グランプリ獲得)時の映像で・・・

 そして、これまでの道のりのトーク

     ******************

 平田愛咲さんは、母親の影響で 幼い頃から演劇に関心は強かったそうですが、幼い頃に博多座でみた 【レ・ミゼラブル】 を見てミュージカルに目覚めたとのこと。

 その後、8才の時、博多座で公演された 【王様と私】 の子役のオーディションに受かり、子役として出演でき、本田美奈子さんが演じていた タプチム に子役一同が憧れたとのこと。

 そして、「東宝ミュージカルに出たい」 「レミゼのエポニーヌを演じたい」が目標となった。

 しかし、その後受けたオーディション(たとえば、【ライオン・キング】【サウンド・オブ・ミュージック】)には、何十回も落ち続け、「夢は諦めなければ叶う」という言葉に疑問を持った。

 しかし、「東宝ミュージカルアカデミー」に合格し、高校を中退して16才で単身上京。

そして、ようやくミュージカルの舞台へ。

 その将来の遠い目標だったエポニーヌとして、昨年帝国劇場の舞台に立つことができた。

 その上、今年は憧れていた本田美奈子さんが演じた年齢より10才も若いのに タプチム で【王様と私】を演じ東北の被災地を回ることができた。

 大きな目標を殆ど達成し、新しい目標を目指したい。

 そして今日の最後のナンバーとして御披露目をしたのが、ミュージカル【エリザベート】 の 「私だけに」 という訳でした。 

 以下は、私の感想

     **************

 歌いすぎで声が枯れているという『お断り』にも関わらず、アルトの領域からハイ・ソプラノの領域まで歌わなければならないミュージカル【エリザベート】 の 「私だけに」を最後の最高音まで歌いきり最高でした!

 今まで、宝塚版の花總まり、大鳥れい から東宝版の一路真輝、瀬奈じゅん、朝海ひかる、春野寿美礼等など、数多く聞いてきましたが、これまでで最高の「私だけに」でした。

次の目標にしたいとのこと。

 これまで、宝塚出身者が独占してきたキャストですが、たとえ「W-キャスト」であったとしても、その一角を突崩して頂きますよう期待して待っています。

 もっとも【エリザベート】のタイトルロールは、数多くの楽曲を歌いきり、それを1ヶ月以上(博多座で一ヶ月)続けて歌わなければならないので、並大抵ではありませんが・・・

AZUSAさんのこれまで鍛え上げた頑張りで、是非ともGETしてください!

 来年とは言いませんが、数年後にエリザベートとして博多座に戻ってきて欲しい!!!

タップダンスもブレイクダンス?も最高でした!

今夜はありがとうございました。




音楽ブログランキング



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック