FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【エリザベート】 終演後、トート役 の マテ・カマラス さん の サイン会
2012年7月21日(土)

 公演『中入り』の案内アナウンスで、マテ・カマラスさん関連のグッズを購入した方への

サービスとして、トート役のマテ・カマラスさんのサイン会に参加できることが判りました。




 一番安いのはポストカードでしょうが、私はウィーン版【エリザベート】のDVDを買いました。

 実は、ウィーン本場から通販で2005年に取り寄せたものを持っているのですが、

欧州規格の「PAL」方式だったので、パソコンでは見られるが、

「NTSC」方式の日本のDVDプレーヤーでは見られなかったのです。

(もっぱらパソコンの画面で見ていました)



 さて、そのDVDを持って、そのサイン会の列に並んで見ると・・・



 こちらは、ロビーの外の広場

 今、3:40なのに、夜の部の5時開演にマテ・カマラスさんが間に合うのでしょうか?
  (そうかトリプ・ルキャストなので、夜の部は彼が出演しないのでした。)
 




 おそらく御本人の写真は禁止でしょう。

 AKBの握手会のようですね。

 そちらには行ったことがありませんが…




 ようやく順番が回って来た時は、既に4時を回っていました。 

 余り話す時間は無いのですが、「2004年にテアター・アンデア・ウィーンに行き、

あなたとマヤ(エリザベート)とカヤ(ルキーニ)を見ました。」と英語で言うと、

何と流暢な日本語で「8年前のこと。ずいぶん昔の話。ありがとう」と、答えてくれました。

moblog_1172b1f5.jpg
     本人は、この写真よりも遥かに格好よくていい男でした。


 日本語は、歌の中だけの話と思っていたので、驚きました!

 こちらが英語で質問したことに日本語で応えたと云うことは、

彼は、英語より日本語の方が得意ということなのでしょう。

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

  博多座公式サイトより公演紹介

【見どころ】
 1992年、オーストリアのアン・デア・ウィーン劇場で、ミュージカル『エリザベート』は産声をあげました。脚本・歌詞ミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲シルヴェスター・リーヴァイのゴールデンコンビが生み出した名曲の数々、煌びやかな衣裳と豪華な舞台セット、そして黄泉の帝王“トート=死”とハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートとの禁じられた愛を描いたストーリー・・・初演から20年経った今でも作品の魅力は色褪せることなく、さらに進化し、世界中の人々を魅了し続けています。
 「ウィーン初演20周年」の記念すべき今回の公演では、タイトルロールに2010年エリザベートとして華々しい女優デビューを飾り、その後も数々のミュージカルで主演を演じてきた瀬奈じゅんと宝塚歌劇団在団中にはトート役を演じ、端正な容姿と歌唱力の高さが大きな話題を呼んだ、春野寿美礼を新しく迎えてお贈りします。
 そのほかにも多くの新キャストを迎え、『エリザベート』は次なる歴史に向かってさらに進化を続けます。
 皆様どうぞご期待ください。

【あらすじ】
 19世紀末のウィーン、若き皇帝フランツ・ヨーゼフが我が妻にと選んだのは、自由な心と魂を持つシシィ(エリザベート)であった。一目で惹かれ合い、固い絆で結ばれたかに見えた2人だったが、その愛はハプスブルク王朝の破滅への序章であった。
 自由を愛するエリザベートにとって、宮廷での暮らしは苦痛以外の何ものでもない。姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自身の子供を自ら養育することも叶わなかった。ある日、自分の美貌が武器になることに気付いたエリザベートは、自らを完膚なきまでに磨きあげ、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めていく。
 エリザベートが念願としていた望みを叶えたのも束の間、彼女のまわりには、夫の不義、国民の誹謗中傷、愛する皇太子ルドルフの死と、いつも不幸の影がつきまとう。
 “トート=死”は、エリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味することであることも、エリザベートは知っていた。
 滅亡への帳が下りる帝国と共に、エリザベートの“運命の日”は迫っていた・・・。



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング









関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック