FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



NHKスペシャル 「日本国憲法 誕生」再放送
 今日(2007年10月7日)午後3時15分から4時半まで、NHK総合TVで
NHKスペシャル 「日本国憲法 誕生」
の再放送がありました。
おそらく再放送は3回目だと思います。

 この課題(日本国憲法は占領軍の一方的押し付けではなかった)に取組むNHKの良心ある労働者魂を感じ取らずにはおれません。
 この番組は最初、2007年4月29日(日)(昭和天皇誕生日という象徴的な日)に放送されました。

 放送後は政財界や右翼から多くの雑音が寄せられたことでしょう。

これを、今日再び「再放送」したのです。勇気にエールを送ります。

 私は、まさに偶然これを見たのです。
実を言うと、見るつもりも無く結局見入ってしまった「鶴瓶の家族に乾杯韓国スペシャル」の再放送を見た後、そのままつけっぱなしにしていたところ、偶然目にした訳です。

 4月放映時に、時事ブログ【JUNSKYblog2007】に掲載した内容を、転載して御紹介します。

******************************
 冒頭、日本国憲法へのGHQマッカーサーの関与を強調する入り方だったので、先日NHK教育TVで放送された「焼け跡から生まれた憲法草案」への政府・反動側の『巻き返し』かと思ったが、番組が進むにつれて、これを否定し、日本人も中心となって構築したものであることを論証して行った。

 番組全体が、「焼け跡から生まれた憲法草案」が提示した『テーゼ』に、「GHQマッカーサーの関与」という『アンチ・テーゼ』を提示し、これをアウフヘーベンするという、従来のやり方(マッカーサー憲法を否定してゆく流れ)とは全く反対の流れの弁証法的展開の仕方で、憲法成立過程を詳しく述べていっているのように思えた。

 (冒頭だけ見た自民党政治家は、安心して寝てしまったかも知れない。)

 この番組も、「焼け跡から生まれた憲法草案」の流れを踏襲しつつ、情報公開された当時の極東委員会の討議内容や、日本の国会の論議過程の資料を駆使し、より詳しく、日本人が積極的に関与していたことをトレースしていた。

 第25条「健康で文化的な最低限の生活」という内容は、GHQ案にも政府案にもなく、唯一「憲法研究会」の「憲法要項草案」にあった内容であり、直前の選挙で議員に当選した「憲法研究会」の一員であった森戸辰男の尽力であることが紹介されていた。

 また、政府案では小学校までとなっていた義務教育を「普通教育」とし、中学校まで拡大したのも、当時の教職員の運動の成果であり、第26条のに活かされたことを紹介されていた。

      Sirota02.jpg
    (当時のベアテ・シロタ・ゴードンさん 22歳)
 ベアテ・シロタ・ゴードンさんの奮闘で作成された女性の権利について、できれば削除したがっていた政府に対し、ケージスが、長時間通訳として頑張り日本側の受けも良かった「ゴードンさんの顔を立てて残してはどうか」とのひと言で、残ることになったというエピソードは感動的であった。
             070429_b.jpg

 それにしても、ゴードンさんは今も矍鑠(かくしゃく)として元気であり、日本語もペラペラという健在ぶりであり驚いた。

 一方で、「焼け跡から生まれた憲法草案」では、あまり詳しく紹介されなかった、極東委員会での論議内容も、当事者の証言を踏まえて紹介していた。
 特に「国務大臣は文民でなければならない」との条項が極東委員会での厳しい論議の結果であることを紹介されていた。

 このように見てくると、各国の利害関係の相克はあったとしても、
日本国憲法は日本の先人の叡智の結晶であると伴に、世界の良識が集結した「世界に誇れる」立派なものである、と確信するものだった。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 

私のブログの関連記事
焼け跡から生まれた憲法草案
日本国憲法は先人の智慧の結晶-1
「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説-1
坂本 修 憲法講演会
「そのとき歴史が動いた 憲法9条 平和への闘争」
ジェームス三木氏講演会「憲法と私」
27ヶ国もある 軍隊のない国
NHK 「戦争と平和 特集番組

関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

非暴力が暴力に勝った

9条世界会議ネタが続きます。 会議の前に撮られた3人の出演者のお話をyoutubeから紹介します。 高遠菜穂子さん・雨宮処凛さん・堤未果さんの3人です。
大津留公彦のブログ2【2008/05/10 00:43】


「9条世界会議」 ・ 現場からの生中継

「9条世界会議」を学生がe-mobileでネット放送を行った。 経験豊富なジャーナリストの 桂 敬一さんはこう語っている。
大津留公彦のブログ2【2008/05/08 01:03】


九条世界会議はいかに報道されたか?

資料として九条世界会議はいかに報道されたかを記録します。 検索で得られた記事を紹介します。
大津留公彦のブログ2【2008/05/06 16:21】


九条世界会議に参加して

幕張メッセで5月4-5に開催された九条世界会議に参加しました。 歴史的な会議になった事は間違いないでしょう。
大津留公彦のブログ2【2008/05/06 16:05】


日米年次規制改革要望書自動翻訳

アメリカ政府の日米年次規制改革要望書が10月18日に発表された。 またまた日本の国民には難題が降ってきそうである。 (ビジネスマンにはここにビジネスチャンスがあるということでしょう) マスコミは全く報道していない。 ブログで散見する位である。 訳はまだないよう...
大津留公彦のブログ2【2007/10/24 22:14】


ライスショックの再放送を見た

BSでライスショックの再放送を見た。 これほど日本の農業が危機に瀕しているとは思わなかった。 むしろ日本では一路に米が作れなくなりつつあるといった方が正確だろう。
大津留公彦のブログ2【2007/10/22 00:05】


人生は自分が出した答えだけが答え

今日の金八先生で最も印象的だったには次の言葉人生は自分が出した答えだけが答え
大津留公彦のブログ2【2007/10/19 00:11】


訂正と補足 「きらり」でなく「ぎらり」

昨日の金八先生の紹介した茨木のり子の詩の記事で間違いがありました。詩の題が違っていました。「きらりと光るダイヤのような日」ではなく「ぎらりと光るダイヤのような日」が正解でした。
大津留公彦のブログ2【2007/10/13 00:43】


きらりと光るダイヤのような日

10月11日(木)21:00 3年B組金八先生スタートスペシャルを見ました。印象に残った金八先生の言葉は
大津留公彦のブログ2【2007/10/12 00:08】


ニュースペーパーの映像ありました

ニュースペーパーの映像をyoutubeで探しましたらありました。日本テレビのすっきりという番組に出たときのものです。
大津留公彦のブログ2【2007/10/11 00:27】


『9条世界会議』にご賛同ください!

来年五月五日に幕張メッセに7千人を集めた国際会議をやろうという運動があります。私も賛同しました
大津留公彦のブログ2【2007/10/08 21:47】


磯谷利恵さん殺害事件について思うこと

法相の「死刑執行見直し」発言、新たな国会の火種に(9月29日 読売新聞)というニュースを読んで鳩山法相は法相の資格なんてないということを書くつもりが、時間に追われていつのま...
カナダde日本語【2007/10/08 14:17】