観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今日は徳島観光
2012年6月30日(土)

 昨日の徳島市内での仕事が、長引いた際の予防として、連泊にしていたので、

今日は夜の7時過ぎの飛行機迄時間ができ、半日で回れる観光スポットをホテルにあった

パンフを見ながら計画しました。

 朝は、ゆったり起きて、10時にチェックアウト。

 歩いて眉山ロープウェー乗り場へ。

 6分で山頂駅。




 30分後のロープウェーで下山。

     ******************

 鳴門の渦潮を見てかえる時間が充分あるらしいので、見に行くことに。

 その近くにある【大塚国際美術館】も鑑賞する事にしました。

 バスの運転手に訊くと、【大塚国際美術館】は1時間やそこらで見て回れない広さだとか。

 渦潮観潮の前に入って、再入場可能性に期待。

     ******************

 入場料金は、何と3150円と高額。

 まぁ、それだけの値打ちのある施設と展示内容と点数、そして展示方法でした。

 中でも、環境展示と称する展示方法は、西洋の主な大聖堂や礼拝堂を原寸大で再現したもの。




 入り口を入って最初に目にする

【システィーナ礼拝堂】のミケランジェロによる天井画・壁画が圧巻です。

 この美術館の展示は、全て「陶版画」によるレプリカですが、

オリジナルの所有者や教会・美術館等の監修の元に製作が行われているとのこと。

 陶器すなわちセラミックスに転写する事で、半永久的に色彩を維持できるそうです。

 まず、1時間半程で、渦潮を見に行く時間が迫ったので、再入場手続きをして観潮船乗り場へ。

     ********************

 方向間違いで、遠い方の船着き場に向かい、五分程で着きますと聞いていた処を

20分も歩いて3時出航の五分前に到着。

 鳴門の渦潮を見るのは、小学生の時、家族で行って以来、ほぼ半世紀ぶり、二回目。




 その時の方が、もっと見事に巻いていたような印象です。

 帰りは、船着き場から美術館迄、路線バスに乗り三分程。

     *********************

 4時前に再入場し、閉館の5時迄、合計2時間半、目一杯鑑賞しましたが、全く時間が足りませんでした。




 この【大塚国際美術館】は、オロナミンCなどでおなじみの大塚製薬グループが

創立75周年を記念して創ったという壮大なプロジェクトとのこと。

     **********************

 バス待ちの時間に、この記事を書き始めましたが、バスに乗っても終わりません。

 かれこれ1時間程携帯で書いています。

 今から画像を添付するところ。

 徳島空港にバスが着くのと、どっちが早いでしょうか?

 徳島空港に着く直前にケータイから送信できました!

 詳しくは、また書きます。(送信)


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング






関連記事

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

木曽のあばら屋 様

早速のコメントありがとうございます。

私も、入場する前に、やけに高額な入場料だとは思いましたが、展示を見て納得しました。

単に写真によるレプリカではなく、陶器に転写するという大塚グループの持つ特殊技術に依拠する壮大なプロジェクトに圧倒されました。

バスの運転手は「丸一日掛りますよ」と言っていましたが、まさにそのとおりでした。

ざっと見て回るだけで、2時間半でも足りませんでした。
じっくり見る時間がなかったのが残念です。

居ながらにして、世界中の有名な美術品を精巧なレプリカで見ることができ、良い環境だと思います。

徳島の人が羨ましいですが、案外地元の人は行かなかったりして・・・
*****************
なお、当方の記事を都合で移動しましたので、
コメントも移動させて頂きました。
記事の内容は同じです。


【2012/07/01 12:40】 URL | JUNSKY管理人 #96q68/9Y [ 編集]


こんにちは.
大塚国際美術館は10年くらい前に一度行ったことがありますが、
とにかく量に圧倒されました。
すべてレプリカなので、普通の油絵などはもう一つですが、
システィーナ礼拝堂や古代の教会を再現した展示はさすがに見ごたえ満点だった記憶があります。
館内の食堂のカレーはやっぱりボンカレーなのか?と思いながら
結局他のものを食べたなあ。
久しぶりにもう一度行ってみたいです。

【2012/07/01 10:17】 URL | 木曽のあばら屋

【2012/07/01 12:36】 URL | 木曽のあばら屋 #uQ5dBAdg [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック