FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【外事警察 その男に騙されるな】 を見ましたが・・・複雑!
2012年6月12日(火)

 先週から公開されている、【外事警察 その男に騙されるな】 を一昨日見た。

gaiji-movie_TopM.jpg


韓国が舞台で、核兵器の原料と起爆装置をテロリストに売り渡すか・・・

 という内容であった。

 この 【外事警察】 という組織は実在するそうで、国際テロの温床に日本がならないように

問題を持っていそうな組織を監視し、スパイ活動するという警察組織であるようだ。

『国際テロの温床に 日本がならないように』と敢えて書いたのは、

このドラマの展開に連れて、『犯人たち』が韓国へ出国してしまうと、厄介払いができた

とばかりに、警察官部が住本健司(映画の主人公;渡部篤郎)に捜査を止めるように言う訳だ!

 まさに事無かれ主義の典型。

 事件が起こるのが、日本でさえ無ければ良いという考えである。

 映画の中では、韓国警察の容赦ない犯人殺害が描かれる。

 韓国側も、この映画に協力しているようなので、あながち虚構でも無いのだろう。

     *****************

 ところで、私的には、この映画の主人公は、住本健司(渡部篤郎)ではなく、

いつの間にか、連れ合いの韓国人実業家をスパイすることを住本健司に強要される

真木よう子 (奥田果織)である。 役名が『奥田果織』だってここで知った。

 龍馬伝でブレークしたが、やはり上手い!

 渡部篤郎の単調な抑揚のない台詞(監督の要求かも?)と比べると、激昂するところなども

真に迫っているし、表情や目の使い方や、動きも相当練られている。

 尾野真千子も、そこそこだが、やはり真木よう子 が圧倒したうまさだと思う。

 俳優としての心構えというか取組み姿勢が真摯だと思う。


 

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

外事警察 その男に騙されるな - goo 映画
外事警察 その男に騙されるな - goo 映画


公式サイトは、ここをクリック


  goo映画による作品紹介 

 国際テロ解決のためなら民間人をも利用する、謎のベールに包まれた“裏の警察”外事警察――。「日本のCIA」とも言うべき警視庁公安部外事課の活躍を描いた本作は、2009年にNHKで放送されて人気を博したサスペンスドラマの映画化だ。綿密な取材に基づくリアルな設定のもと、ドラマ版に引き続き主演の渡部篤郎、真木よう子、尾野真千子ら演技派の火花を散らす演技合戦に加え、韓国からキム・ガンウ(食客』)、イム・ヒョンジュン(『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』)が参加しているのが話題だ。二転三転するスリリングな頭脳戦、韓国に実在する防空壕で2日を費やして撮り上げたという銃撃シーンなど、見どころ満載だ。

 たやすくテロリストが潜入してしまう日本において、いつ発生してもおかしくない国際テロを未然に防ぐ対国際テロ捜査諜報部隊の警視庁公安外事課、通称・外事警察。日本に密入国するテロリストを取り締まるためなら、法を侵すぎりぎりまであらゆる手段を使い、時には民間人まで引きこみ、日本のCIAとも言われている。その中でも外事四課の住本(渡部篤郎)は“公安の魔物”と畏怖されている。朝鮮半島からの濃縮ウランの流出と軍事機密データの消失が相次いで起こり、日本での核テロが懸念される事態になる。外事四課は奥田正秀という男を工作員ではないかと睨み、その妻・果織(真木よう子)を協力者という名のスパイにするべく近づく。住本の徹底的な揺さぶりにより、果織は罪悪感を抱きつつ外事警察に協力することにする。その一方で、韓国諜報機関NISも潜入捜査官を日本に送り込んでいた。外事警察、NIS、テロリスト、協力者、それぞれの思惑が交錯する中、住本は最終手段に出る――。


【キャスト・スタッフ】 

キャスト
 出 演  (役 名)
渡部篤郎 (住本健司)
キム・ガンウ
真木よう子 (奥田果織)
尾野真千子 (松沢陽菜)
田中泯 (徐昌義)
イム・ヒョンジュン
北見敏之 (金沢涼雅)
滝藤賢一 (久野秀真)
渋川清彦 (森永卓也)
山本浩司 (大友遥人)
豊嶋花 (奥田琴美)
イ・ギョンヨン
キム・ウンス
パク・ウォンサン
遠藤憲一 (倉田俊貴)
余貴美子 (村松久美)
石橋凌 (有賀正太郎)

【スタッフ】
監督: 堀切園健太郎
脚本: 古沢良太
原案: 麻生幾
プロデューサー: 訓覇圭,岩倉達哉
撮影: 相馬和典
美術: 杉本亮
音楽: 梅林茂
主題曲/主題歌: ブルーノ・マーズ
録音: 吉田憲義
照明: 鈴木岳
編集: 鈴木真一
 




*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック