FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今日の桜 既に見納め! 1週間前に見た映画【ヘルプ】 のレビュー
2012年4月8日(日)

 今日も桜の定時・定点の内、定時の方はちょっとずれて、正午頃のこと。 













  「桜吹雪」 というほど、撮影時には降っていませんでしたが、すでに落ちた花びらは

 道路サイドを埋めていました。

     ********************

 で、 1週間前に見た映画 ヘルプ ~心がつなぐストーリー~  (原題:The HELP) 

のレビュー です。

Help_001.jpg


 これは、幼い頃から黒人メイドに育てられてきた白人女性が「黒人差別」の実態に迫る

レポートを作成し、出版してベストセラーに成るまでの話。

 多くの白人家庭は、『良心的に』黒人メイドを雇用し、「黒人排外主義者」とは違い

黒人に対する思いやりも理解もあると思い込んでいるが、便器の共用は非衛生だとさせず、

屋外に黒人メイド専用のトイレ個室を設けている。

 黒人のために特別にトイレを設けていることは「黒人に対する思いやり」だと勘違いして

一方では、黒人は非衛生的で病原菌を持っているかのようにも思っている。

 なのに、食事の調理から配膳まで黒人メイドにさせても当たり前という矛盾にも気付かない。

 当該の作家志望の女性ジャーナリスト(の卵)は、この矛盾に気付いてしまい、黒人メイド

の本音を訊こうと、まず自宅のメイドにヒアリングを始めるが、拒絶されて・・・

 喜劇的な要素もあちこちに散りばめながらも社会派の映画でした。

Help_005.jpg


ヘルプ ~心がつなぐストーリー~    - goo 映画
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ - goo 映画


公式サイト

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

  goo映画による作品紹介・解説 

 “ヘルプ”とは南部の上流家庭で働く黒人メイドの事。黒人であるというだけで卑劣な暴力の犠牲になる事も珍しくなかった60年代を舞台にした新人作家キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」を、同郷であるミシシッピ州ジャクソン出身の新人監督テイト・テイラーが自ら脚本も手がけ映画化した本作は、ユーモアと抑制の利いた演出が功を奏し、登場する女性たちが極上のアンサンブルを見せてくれる。悲しみと怒りを秘めたエイビリーンを演じるヴィオラ・デイヴィス、親友ミニー役のオクタヴィア・スペンサー、彼女に救われるジェシカ・チャスティンら誰もが奥行きのある人物としてスクリーンの中で輝いている。

【あらすじ】
 1960年代前半のアメリカ南部。大学を卒業したスキーター(エマ・ストーン)がミシシッピ州ジャクソンの町に戻ってきた。ボーイフレンドもできないスキーターは母シャーロット(アリソン・ジャネイ)の心配の種だが、本人は結婚よりも作家になることを夢見ている。
 地元の新聞社に就職したスキーターの初仕事は、家事に関するコラムの代筆だった。家事の知識がないスキーターは、実家のメイドのコンスタンティン(シシリー・タイソン)に知恵を借りるつもりだったが、ひさしぶりに帰った実家に彼女の姿はなかった。
 問いつめるスキーターに、母は言葉を濁す。スキーターは友人エリザベスの家のメイド、エイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に話を聞くが、取材を続けるうち、自分をとりまく南部の上流社会への疑問が芽生えてくる。そんな中、同級生のリーダー格、ヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)は黒人が不潔だと主張し、各家庭に黒人メイド専用トイレを設置させる活動をしていた。ヒリーに感化されたエリザベスも屋外にエイビリーン用のトイレを造らせる。そんな仕打ちにも黙って従うエイビリーンの姿に、スキーターは胸を痛めた。
 黒人メイドの現実を伝える本を書きたいと、ニューヨークの編集者スタイン女史(メアリー・スティーンバージェン)に電話をすると、メイドたちの証言がとれるなら出版できるという答えだった。スキーターはエイビリーンにメイドの苦労話を聞かせてほしいと頼むが、頑なに断られた。南部で黒人が自由にものを言うことは、身の危険を意味しているのだ。だが、エイビリーンの親友で、ヒリーの家で働いていたミニー(オクタヴィア・スペンサー)が、家族用のトイレを使用したために解雇されたことをきっかけに、エイビリーンはスキーターの取材に応じることを決意する。そしてその小さな一歩は数多くの勇気へと広がり、やがて彼らを取り巻く社会を根底から揺るがす大事件へと発展していくのだった……。


【キャスト・スタッフ】

  キャスト    (役  名)

エマ・ストーン (Skeeter Phelan)
ヴィオラ・デイヴィス (Aibileen Clark)
オクテイヴィア・スペンサー (Minny Jackson)
ブライス・ダラス・ハワード (Hilly Holbrook)
ジェシカ・チャステイン (Celia Foote)
アリソン・ジャネイ (Charlotte Phelan)
シシー・スペイセク (Missus Walters)

  スタッフ

監督 テイト・テイラー
脚本 テイト・テイラー
原作 キャスリン・ストケット
製作総指揮 マーク・ラドクリフ,テイト・テイラー,L・ディーン・ジョーンズ・Jr
      ネイト・バーカス,ジェニファー・ブラム,ジョン・ノリス
      ジェフ・スコール,モハメッド・カラフ・アル=マズルーイ
製作 ブロンソン・グリーン,クリス・コロンバス,マイケル・バーナサン
撮影 スティーブン・ゴールドブラット
美術 マーク・リッカー
音楽 トーマス・ニューマン
編集 ヒューズ・ウィンボーン
衣裳デザイン シャレン・デイヴィス  





*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング



関連記事

テーマ:季節の話題 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

こうして写真で見ると十分に綺麗ですが、福岡はあの春の大嵐の前日が満開だったため見ごろが短かったですね。
花見の宴、どこか行かれましたか?

【2012/04/08 23:29】 URL | Flora_kz #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック