FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【マリリン 7日間の恋】 を見ました
2012年3月26日(月)

 原題 【MY WEEK WITH MARILYN 】

 邦題 【マリリン 7日間の恋】 を見ました。

 映画の世界の虚構を自らの理解するレベルに達しないとトレーラーに引き篭って

演技を始めないマリリンの『自由奔放』のようで「悩ましい」性格描写が深い!


Marilyn-7days-love_TopM.jpg


marilyn-7days-lov_002.jpg

 この映画も、昨日御紹介したサッチャーと同じくソックリさん大会。

雰囲気は良く似ているが、横に並べるとちょっと違う。

下記は、おそらく本人の写真(Web氾濫画像よりチョイス)

20100414095424_00_400.jpg

MARILYNph_01.jpg
marylin-monroe.jpg



マリリン 7日間の恋 - goo 映画
マリリン 7日間の恋 - goo 映画


公式サイト

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


  【goo映画による作品解説・紹介】

 エルビス・プレスリーと並ぶアメリカン・ポップカルチャーの巨大なアイコンがマリリン・モンローだが、映画で見せる“オツムは少し弱いけどセクシーで気立てのいいブロンド娘”というパブリックイメージと、実際のマリリンはかなり違っていた。スターではあるが演技に自信がなく、常に誰か頼れる人がいないと精神的に不安定。そんな彼女の素顔を書き残したのは、本作の主人公であるコリン・クラーク。彼の回顧録に記された実話が、この映画の原作。映画好きなら、マリリンだけでなく、実名で登場する有名人たちの素顔も興味深いだろう。『ブルー・バレンタイン』のミシェル・ウィリアムズがマリリンを演じ、その脇を実力派の英国俳優たちが固める。

 世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。

【あらすじ】
1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影によるプレッシャーと、夫との確執で仕事に集中できずにいた。さらに演技方法でオリヴィエとも対立、困惑するモンローに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)はただひとり的確なアドバイスをする。それを機に二人は心を許し合う仲になるが……。  


  【キャスト・スタッフ】

  キ ャ ス ト   (役  名)
ミシェル・ウィリアムズ (Marilyn Monroe)
ケネス・ブラナー (Sir Laurence Olivier)
エディ・レッドメイン (Colin Clark)
ドミニク・クーパー (Milton Greene)
ジュリア・オーモンド (Vivien Leigh)
ゾーイ・ワナメイカー (Paula Strasberg)
エマ・ワトソン (Lucy)
ジュディ・デンチ (Dame Sybil Thorndike)

スタッフ
監督: サイモン・カーティス
脚本: エイドリアン・ホッジス
原作: コリン・クラーク
製作総指揮: ジェイミー・ローレンソン,サイモン・カーティス,イバン・マクタガード
      クリスティーン・ランガン,ボブ・ワインスタイン,ケリー・カーマイケル
製作: デイヴィッド・パーフィット,ハーヴェイ・ワインスタイン
撮影: ベン・スミサード
美術: ドナル・ウッズ
音楽: コンラッド・ポープ,アレクサンドル・デスプラ
編集: アダム・レヒト
衣裳デザイン: ジル・テイラー  




*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング




関連記事

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

映画『マリリン 7日間の恋』を観て

12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有
kintyre's Diary 新館【2012/08/26 14:58】


映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。

これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの...
日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~【2012/04/15 07:18】


映画「マリリン 7日間の恋」予告の印象と中身は随分違って見えた

「マリリン 7日間の恋」★★★★ ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、 エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演 サイモン・カーティス監督、 100分、2012年3月24日公開 2011,アメリカ,日活 (原題:MY WEEK WITH MARILYN )
soramove【2012/04/11 16:18】