観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



「夕凪の街 桜の国」
映画 「夕凪の街 桜の国」 を見ました。

 前半の舞台は、「夕凪の街」ときは、原爆投下13年後の昭和33年(1958年;49年前)
主人公は、被爆者平野皆実(ひらの・みなみ)。
わずか26歳で原爆症で死に至る過程を、本人のナレーション(配役:麻生久美子)の形で淡々と描いている。
015_00.jpg


 【これについての、麻生久美子さんのインタビュー記事(一覧)は、クリック

 原爆投下の惨状は、CGなどは一切使わず、被爆者の描いた「絵」を構成して描いている。

 後半は、「桜の国」ときは、平成19年(2007年:現代)
ここで、田中麗奈が登場。
tanaka.jpg


 最近、父の挙動が不審だと尾行したところ、父は夜行バスで広島に・・・

 その過程で、「夕凪の街」との時空間を超えた交流があった。

 田中麗奈扮する石川七波が、父を尾行するのに、中越典子扮する利根東子(映画を見ているだけでは、この名前は解らなかった)が付き合うのだが、七波が父に付かず離れず観察している間、東子は広島平和資料館(原爆資料館)を訪れる。
 そのシーンでは、被爆写真や様々な被爆資料も紹介され、原爆の悲惨さを示している。

監督は、佐々部清

原作は、こうの史代 (漫画)
comics.jpg


物語の概要は、 公式ホームページをクリック

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:夕凪の街 桜の国 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

「ラッシュアワー3」人気シリーズも4割引公開中!

「ラッシュアワー3」★★★ ジャッキー・チェン、クリス・タッカー主演 ブレット・ラトナー 監督、2007年、アメリカ 全米興行成績は一週間で4600万ドル(約55億円)を 稼いで首位で登場した人気シリーズ。 日本では動員で「ハリポタ」に及ばなかった...
soramove【2007/09/04 20:33】


中越典子

中越典子中越 典子(なかごし のりこ、1979年12月31日 - )は、佐賀県佐賀市出身の女優。東京放送|TBSテレビ『王様のブランチ』のレポーターとしてデビュー。2003年、日本放送協会|NHK朝の連続テレビ小説『こころ (朝ドラ)|こころ』で代々から営むウナギ屋の娘・こころ役?...
ひなたのblog【2007/08/25 08:07】


終戦の日の『夕凪の街 桜の国』その2 映画を観ての感想-『皆実』と『七波』をつなぐ『京花』-

『その1』では原作の漫画について書いたが、引き続き、映画『夕凪の街 桜の国』について書く。本作品が映画化される事を知ったのは、昨年の夏、7月の事だった。
コミュニスタ紅星の幡多荘草紙【2007/08/21 21:14】