FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【100分 de 名著】 信号待ちも楽しからずや 今度は Budda !
2011年9月15日(木)


 以前紹介した NHK テキスト【100分 de 名著】 

2011年8月は、ニーチェの 『ツァラトゥストラ』 の再放送だったようだが、

9月は、新しく 「ブッダ」 のお話のようだ。

早速、テキストを買ってきた。

     NHK-ETV Budda

初秋の 車で学ぶ 新知識

  信号待ちも 楽しからずや
  (純空 殆ど前回と同じ)

以下、再掲 

 朝のラッシュ時に自家用車で会社に通うと、
赤信号待ちでイライラするかも知れません。

 私は、通常 NHKーFM のクラシック番組を聴いている
のですが、最近、ちょっと趣向を変えました。

 その クラシック音楽は流しながら、文字が大きめで軽く持てる本で
ちょっとした勉強をすることにしたのです。

 そういう短くて断続的な勉強にピッタリで、
文字の大きさも手頃な本を見つけました。

 それは、NHKテキスト 【100分 de 名著】  



 ちょうど、この9月にやっているのは、「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)

   【100分 de 名著】 『ブッダ 真理のことば』 2011年9月 佐々木閑

 【はじめに】“苦悩”の時代に読みたい経典
  第1回 2011年9月 7日 生きることは苦である
  第2回 2011年9月14日 うらみから離れる
  第3回 2011年9月21日 執着を捨てる
  第4回 2011年9月28日 世界は空(くう)なり


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


  NHK公式サイト より 紹介文

 9月は、仏教の創始者・ブッダが語った言葉をまとめたとされる「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)を取りあげる。

【第1回】 生きることは苦である
 釈迦族の王子だったブッダは、成長するにつれ、人の生、老、病、死について、深く考えるようになった。
 そして29歳の時に、家族を捨てて出家、修業しながら深い思索に励んだ。
 悟りを開いた時、ブッダは、自らが考えた真理を人々に語る。それが最初の説法とされる「ダンマパダ」191番である。
 ブッダは、人生は、老いや病など、苦しみの連続であるが、心のあり方を見直せば、苦しみを克服することが出来ると説いた。

 第1回では、ブッダが見抜いた「人生」と「苦」の本質に迫る。
 

【第2回】 うらみから離れる
 人間は、現実と希望とのギャップに常に苦しむものだとブッダは説いた。
 人には生存への欲求があり、世の中が自分にとって都合の良い状態であることを願っている。しかしその願いがかなわないと知る時、人は正常な判断力を失い、「あの人は私に意地悪をしている」などと、根拠なく思いこむことがある。
 ブッダはこうした状態を「無明」と称した。

 第2回では、「無明」から生まれる「うらみ」について学ぶ。


【第3回】 執着を捨てる
 人は様々なものに執着して生きている。
 しかし執着が過度に強くなると、家族や財産といった、本来幸せをもたらすはずのものも、自分の思い通りにならないことにいらだち、苦しみを感じてしまう。
 ブッダは、自分勝手な執着をいましめるとともに、自分の教えについても、過度に執着してはならないと説いた。そして、自分を救えるのはあくまでも自分自身であり、自分の心を正しく鍛えることによって、心の平安を得ることが出来るとした。

 第3回では、依存ではなく、心の自立を説いたブッダの思想について考える。
 

【第4回】 世界は空なり
 ブッダは、人の心がどのように変化するかを、因果関係に基づいて論理的に分析した。
 そして瞑想によって集中して考え、自分の心の状態がどうなっているか、きちんと把握することが悟りへの道であるとした。

 最終回では、大阪大学大学院の教授で認知脳科学を研究している藤田一郎さんを招く。
 人間の脳は、物事をどのように認識しているのか、ブッダの教えを脳科学の面から検証する。

 そして今シリーズの講師役・佐々木閑教授とともに、「真理のことば」が、現代に生きる私たちに発しているメッセージについて語り合う。  



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



音楽ブログランキング


関連記事

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック