FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



六本松 九大跡地 に 福岡市少年科学文化会館を
2011年8月25日(木)

 「六本松九大跡地を考える連絡会」 主催の

  【六本松 九大跡地
    みどりの中に 文化と科学の杜(もり)を!】


    【少年科学文化会館】(少文) を 文教の街 六本松 に誘致する 住民運動 の

    署名推進 「キックオフ集会」 が、今日午後7時から8時半までの予定で開催!


moblog_d62ad165L.jpg
     会場が満席になり立ち見の方も出るほど結構大勢の方々が参集されて
     現状と提案プランの説明を聞き、数名が意見表明を行いました。


 集会の冒頭に、主催者側から福岡市やURの立ち位置について報告があり、
もう一歩の奮闘で、【少年科学文化会館】 を六本松に誘致できる可能性が
広がってきた旨 報告がありました。

 【少年科学文化会館】 の 移転新築の方針は、既に決まっているので、
福岡市「大学移転対策部」は、 六本松移転を前向きに検討しているとか。

 【少年科学文化会館】 を 管轄する 「福岡市子ども未来局」 も、
第3回 「少年科学文化会館基本構想検討委員会」 に
「六本松九大跡地を考える連絡会」 の請願書を
討議資料(参考資料) として委員に配付しています。 

 一方で、人工島、箱崎、西区などからも 『誘致』 の声が上がっているので、
『六本松へ引き込む』 住民の声を強める必要がある とのこと。


  『前期高齢者・建築家集団』 が設計した【提案】の 説明を行う 川内・一級建築士
moblog_9fecd62dL.jpg

注:『前期高齢者・建築家集団』 とは、“正式”名称 【九大建築OB前期高齢チーム】
    (ワーキングチーム:川内 俊彦、徳永 行生、濱田 東一郎、藤本 尚久 の各氏)



    『建築家集団』 が設計した【提案】の 敷地全体平面図
General LayoutL
    駐車場は、アンダーパスから地下に誘導されています。
    北側のオープンスペースは、緑地として残したほうが良いという意見もある。
  福岡市と弁護士会等の間では、弁護士会館や裁判所など法務エリアとする合意あり。
   (図面は、画像をクリック ⇒ 全画面表示で、拡大表示されます。以下同様)


    『建築家集団』 が設計した【提案】の 基準階平面図
Plan01L.jpg
    東側(図の左)は 【文化エリア】・ 西側(図の右)は 【科学エリア】
    900席文化ホールや室内楽ホール、リハーサル室 が 【文化エリア】 の中心
    児童館・図書館などが 【科学エリア・1階】 の中心施設です。
    市民が自由にアクセスできるテラスやイベントスペースもあります。
    自転車で気軽に来訪できるようう駐輪スペースも多数確保されています。


    『建築家集団』 が設計した【提案】の 断面図
Sec01-03L.jpg
    豪雨に備えた調整池や非常時の水や食料・物資を備蓄するスペースも地下に確保


    『建築家集団』 が設計した【提案】の 各階平面図
Plan02-04L.jpg
    「科学館」 機能は、【科学エリア】 の2階・3階を中心に配置。
    プラネタリウム・天文台は、今や必須のアイテム。(今の「少文」にも有)
    市民が多面的に利用できるギャラリーやテラス、広場なども多数配置


 団 建築事務所(福岡市中央区)の代表である 川内俊彦・一級建築士を中心に
 専門家有志が、多方面の関係者の意見を聴きながら 「設計コンペ」 のように
 取り組まれ計画されたようで、見事なプランニング(タタキ台)だと思います。 

     ****************

これに対して 【UR】 が示した『計画』は、旧態依然たるマンション・ビル

UR PlanningL
 
    上記の内、立体模型 イメージ (夢も希望も無い! 無味乾燥!)


  マンションビルは、福岡市庁舎の高さの1.5倍にも及ぶ 【90m】 級
UR Plan-ImageL
    コメント記入は、「六本松九大跡地を考える連絡会」による。
    道路側に高層ビルが立ち並び 市民を威圧!
    従来の 南公園から西公園に至る 「風の通り道」 も塞がれるとか。


  公平なコンペを実施すれば、どちらが文教の街「九大跡地」に相応しいか
  【一目瞭然】 です。


 この市民の 【提案】 が、いつの間にか 【六本松九大跡地計画である】 と
市民の中に 「既成事実」 として広がってしまうように、拡散して行きましょう。


【URのプラン】 が 市民に提示された時に、
 「何!それっ! そんなの認められない!」 という ブーイング

    が巻き起こるように!


 図面画像の転載は、引用元【当ブログ:下記URL】 明記であれば、「OK」です。
   【http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-2125.html】

     ****************

 この集会には、中央区選出の市会議員2名と県会議員1名が参加し、
議会の動向を報告され、住民の提案に賛同し、協力を約束されました。

 本日の集会の締めとして、署名を前回(1万2千)を上回る規模に集めたいので、
署名用紙を持ち帰って、いっぱい集めて欲しい。

 私たちには 「気力はある」 が、「金力がない」 ので、カンパをお願いしたい。

 などのお願いが主催者より行われました。


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング


なお、当記事 「UP 時刻」 は、現地にて、携帯メールでの送付時刻です。
その後、大幅加筆修正を加えました。


9/13 追記
【 UR による説明会の概要】(9/12) は、 ここをクリック




関連記事

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

嶽村さま

立派な提案図を見せていただき、ありがとうございます。

住民の中の専門家の知恵と力をうまく活用された 嶽村さんのコーディネーターぶりが伺えます。

相当時間を掛けて計画され検討され、子ども劇場など使う側の意見も取り入れながら練られたものだと思います。

川内さんとは、名刺交換を致しました。

舞台機構の計画を行う際には協力させて頂きます。

ダメ元で、会社に署名用紙を持っていって、総務の許可を得られれば、社内で署名活動をしたいと思います。

【2011/08/26 00:20】 URL | JUNSKY管理人 #96q68/9Y [ 編集]


素早いブログへの掲載、感謝です。私が、1人ビールの間に、書き込みをしてくださったのですね。すみません。人気ブログでの掲載で、多くの方に周知していただき、本当にありがとうございました。これからの日々、賛同者を増やし、福岡市に要望を届けたいと思います。これからもご支援宜しくお願いします。

【2011/08/25 23:19】 URL | 嶽村 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック