FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【手塚治虫の ブッダ 赤い砂漠よ!美しく】 を見ました
2011年5月31日(火)

 どこかの宗教団体の宣伝映画の可能性も? と思いつつ、

この映画 【手塚治虫の ブッダ】 赤い砂漠よ!美しく を見ました。

Budda001.jpg


 ブッダが まだ「ブッダ」 と呼ばれる以前の 「シッダルダ」 と呼ばれていた

青年時代までを描くアニメ映画でした。

 釈迦が生まれた時に多くの動物が祝福して集まってきたエピソードは描かれていますが

麻耶婦人の脇腹から生まれたその足で七歩歩んで、両の手で天空と地面を指し示し

「天上天下唯我独尊」と語ったという故事は省略されています。

もっとも、この話をそのまま描くと、これから展開するストーリーが嘘っぽくなるからでしょう。

 シャカ国の 王子として育てられ、戦争にも参加し、心身ともに傷ついて帰還し、

悩んだ末に、国を捨てて巡礼に出る処までを描いています。

Budda007.jpg


 ナレーターと声の出演に吉永小百合、堺雅人、吉岡秀隆 ほか。

ただ、シッダルダの父のシャカ国王のセリフの言い回しは下手くそ過ぎて聞いてられない。

誰かと思ってエンドクレジットを見たら、声が商売の能楽師・観世清和と知って驚き!

        *************

 エンドクレジットを見ると、国内の多くの仏教団体が制作を支援しているようですが、

いわゆる イカガワシイ新興“宗教団体” は入っておらず、一安心です。

 芸術振興基金の支援金を受けて制作されているようです。

 私的感想としては、イマイチの映画でしたが・・・

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく - goo 映画
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく - goo 映画


 【手塚治虫の ブッダ 赤い砂漠よ!美しく】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

  goo映画による内容紹介

作品解説・紹介 - 手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく
 没後20年経った今でもなお、世界中で愛される手塚治虫―その最高傑作と称えられる「ブッダ」を、初めて長編アニメーションとして映画化。
 仏教の開祖・シッダールタの生涯を描いた原作は、10年もの歳月を連載に費やし、手塚氏が人生をかけて挑んだ作品と言っても過言ではない渾身作。3部作の第1部となる本作では、シッダールタの誕生からブッダとなる前までが描かれる。
 決して説話に基づいてなぞったものではなく、独自のドラマを構築している点で、エンターテインメントとして楽しめる内容だ。
 シッダールタの声を吉岡秀隆、勇気あふれる奴隷の少年チャプラに堺雅人、その母を吉永小百合が担当するなど、豪華俳優陣が参加したヴォイスキャストにも注目。

【解説】
 手塚治虫のコミック『ブッダ』を「聖闘士星矢」の森下孝三監督が映画化。のちにブッダになるシッダールタの誕生から、厳しい階級社会に疑問を抱く若き日々の姿を描く。声の出演は「おとうと」の吉永小百合、「武士の家計簿」の堺雅人、「ゴールデンスランバー」の吉岡秀隆、「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」の折笠愛、「プランゼット」の竹内順子。

【あらすじ】
 2500年前、インドではいくつもの王国が誕生、日々争いが繰り返されていた。一方でカースト制度により奴隷に生まれた者は一生その運命を背負い、身分の低い者は貧しさに喘いでいた。

 少年チャプラ(声:竹内順子)は奴隷市に売られそうになった母親(吉永小百合)のためにも、奴隷の身分を抜け出したいと願っていた。そんな中、コーサラ軍の侵攻で家族を殺されたタッタ(大谷育江)は、ふとしたことで出逢ったチャプラと共にコーサラ軍の宿営地を襲う。だがチャプラは負傷したブダイ将軍(玄田哲章)を助け、彼を担ぎ、撤退したコーサラ軍に合流、将軍を救命した栄誉により、身分を隠したままブダイの養子の地位を手に入れる。

 その頃、シャカ国では待望の王子が誕生、シッダールタと名付けられたこの王子の誕生を祝福するためにやってきた聖者アシタ(永井一郎)は「この子は世界の王になるであろう」と予言する。

 10年後、21歳になったチャプラ(堺雅人)は数々の武勲を打ち立て、コーサラ国はさらに強大な国となっていた。

 一方、10歳になったシッダールタ(折笠愛)は病弱で、厳しい身分制度に疑問を抱き、人や動物の死に心を痛める優しい少年に成長していた。

 5年後、チャプラは大臣の娘マリッカ(黒谷友香)と婚約。

 シッダールタ(吉岡秀隆)はバンダカ将軍(藤原啓治)の訓練を受け、武芸にも秀でた若者に成長していたが、身分差別への疑問は消えず、家臣の目を盗んでは城を出て街をさまよい、懸命に生きる人々を見つめていた。

 やがて彼は盗賊の少女ミゲーラ(水樹奈々)と出会い、彼女に街を案内してもらううちに互いに淡い想いを抱くようになるが、身分の違いを理由にミゲーラは捕らえられ、二人は引き裂かれる。

 そんな中、シャカ国とコーサラ国が開戦。シッダールタは人間同士が殺し合うことに強く反発するが、戦わねば国が滅ぶと国王スッドーダナ(観世清和)に一蹴され、望まぬ戦いに身を投じることになる。
 次々にシャカ軍を斬り倒し、シッダールタへと突進するチャプラ。二つの正反対の魂が戦場で交錯、いま互いの運命が変わろうとしていた……。
 


  【キャスト・スタッフ】

キャスト(役名)
  吉永小百合 (チャプラの母)
  堺雅人 (チャプラ)
  観世清和 (スッドーダナ王)
  吉岡秀隆 (シッダールタ)

スタッフ
  監督 森下孝三
  演出 古賀豪
  脚本 吉田玲子
  原作 手塚治虫
  アニメキャラクター・デザイン 真庭秀明
  美術監督 行信三
  音楽 大島ミチル
  ナレーション 吉永小百合
 


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!


関連記事

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック