fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



再び 動物園前駅へ
ベルリンしごと旅-第23回
*************************
2007年6月22日夕方

シャルロッテンブルグ宮殿 (Schloss Charlottenburg)を裏口から出て、ハイデルブルグ広場(Heiderburger Platz)駅に向かう。

途中でWWF(世界自然保護基金:World Wide Fund for Nature)de(ドイツ)のポスターが、結構あちこちに掲示してあった。
WWF・JAPAN のリンク
WWFde.jpg

ベルリン市中心部の動物園で、白熊の赤ちゃんが生まれて、親が育児放棄をする中で、飼育係が子どものように育てたと言うので、日本でもニュースで流されたことがある。
小熊の愛称は「Knut」と言って大人気。
今でも、ベルリン動物園(宿舎のホテルから歩いて10分位)では、人気のコーナーなんだと言う。(今回は見に行く時間がなかった)
その白熊にあやかったポスターなんだろう。
鹿児島でも使えるかも・・・

ポスターには地球温暖化で、周りの氷が無くなってしまった親子熊を描き、「温暖化防止のため3ユーロの基金の寄付を!」 と訴えているようだ。

駅に着き地下にもぐった。
Heiderberg.jpg


そして、先ほど書いた、ベルリン市中心部の「動物園前」駅まで行く。
私たちご同行4名は、ここで、分かれて自由行動に。

私は、オペラチケットの残席が無いか尋ねに、2日目に行ったプレイガイドに行くつもり。

その途中で、ステンレスパイプを自在に曲げたモニュメントを見つけた。これと同じようなものが、2日目に下調べしたMesse会場周りにもあった。
PipeMonument01.jpg


そのモニュメント越しに、カイザーヴィルヘルム記念教会を臨む。
この教会も、二日目に行った。
PipeMonument02.jpg


プレイガイドで、モーツァルトの「皇帝ティト(Tito)の慈悲」というオペラのチケットの残席を訊ねたところ、「30ユーロで席はあるが、舞台は完全に見られないが良いか?」と言う。
1月にウィーン国立歌劇場でみた、モーツァルト「フィガロの結婚」と同じような条件だ。
で、断念することに・・・
後で、考えたら、国立オペラ座の中を見て雰囲気を感じるだけでも、行けば良かったと思った。

と言う訳で、オペラはやめて、今夕 カイザーヴィルヘルム記念教会 で開催される、室内楽コンサートの方を聴くことにした。
KaiserWhilhelm101.jpg


***********************
ベルリンしごと旅-第23回
 このシリーズを第1回から読む
    第22回へ    第24回へ

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック