FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



 NHK スペシャル 【クジラと生きる】
2011年5月24日(火)

 2011年5月22日(日) 21:00 ~ 21:49 総合テレビ で放送
 2011年5月24日(火) 24:15 ~ 25:05 総合テレビ で再放送 で

 和歌山県太地町(たいじちょう) で行われている「くじら漁」と

『反捕鯨団体』・「シー・シェパード」等の行動に密着取材した番組を放映した。

   題して NHKスペシャル 【クジラと生きる】

      110522_a.jpg


 私は、「クジラ漁」を 積極的に支持するものではないが、反捕鯨団体の行き過ぎた

行動には絶対反対である。

 残念ながら、NHKのこの番組は、『反捕鯨団体』の妨害者たちの『暴言』(英語だが)は、

そのまま流したが、彼らの本質に迫った裏づけ取材まではせず、環境保護団体である

かのように紹介していた。 彼らは、そんな『うるわしい団体』ではない。

 妨害だけではなく、云わば実力行使で業務妨害を公然と行い、隠しカメラや不法侵入で

誰もが見たくないであろうシーンを敢えて撮影し、『虐殺シーン』としてネット上に映像を

流し続けるような輩(ヤカラ)である。

 「クジラ」に対する敬意や尊厳などとは無縁な扱い方である。

 日本人が、神社に祀り、皮から骨から内臓に至るまで棄てる所なく「いただいて」

感謝しているのと比べて、彼らは「クジラは高等能力があるから殺すな」との一点張りで

その癖 その『虐殺シーン』を平然とネットに流すのである。

 どちらが、クジラに感謝の心と尊厳の念を抱いているかは明らかである。

 また、「知能の高い動物を殺すというのは許されない」という精神構造の裏面には、

アメリカ人の傲慢さがあり、原爆で日本人を、枯葉剤や爆撃でベトナム人を大量虐殺して

来た「イエローモンキー(黄色人種)蔑視」思想に繋がるものである。

 すなわち「知性の低いもの(イエローモンキー)は殺しても構わない」という人種差別

思想に直結しているのである。

 それから、反捕鯨団体の中心はアメリカ人やオーストラリア人であるが、これらの国は

つい最近まで鯨油を取るためだけのために捕鯨を行い、大量のクジラを無計画に『虐殺』

してきたのである。

 クジラ資源の枯渇や種の絶滅の危機を招いた張本人は、アメリカやオーストラリア

などの『捕鯨先進国』である。 NHKは、この点には一言も触れなかった。

 アメリカがペリーを浦賀に送って開港を迫った要因の一つは、アメリカの捕鯨船への補給

であったことは、広く知られている。日本沿岸までクジラを捕りに来ていたのである!

 これと比べると、太地町などの沿岸捕鯨は、極僅かの量でしかないし、四百年の歴史で

クジラを絶滅に追い込むことも無く、続けられてきた漁法であり、食文化である。

 クジラ漁を伝統漁業として護り、食文化を守る人々の側面は好意的に描いていたが、

反捕鯨団体の『イカガワシイ本質』には何一つ触れなかった点で、物足りない番組であった。


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

【クジラと生きる】NHK公式サイト

 400年前から鯨を糧に暮らしてきた和歌山県太地町(たいじちょう)。沖合に、黒潮と陸潮(おかじお)がぶつかる豊かな漁場があり、そこに集まる鯨が、今もこの町の経済を支えている。

110522_b.jpg

 しかし今、その暮らしが危機に直面している。

 一昨年7月に公開された映画「ザ・コーブ」をきっかけに、海外の反捕鯨団体が町に常駐し、漁師たちの動きを監視している。
 狙いは、鯨の命を絶つ瞬間だ。カメラでとらえた映像をインターネットで公開することで、反捕鯨の声を高め、漁を中止に追い込もうとしている。
 その主張は「知能の高い鯨を殺すというのは許されない」というものだ。牛や豚などと同じように鯨肉を食べてきた町の人たちにとっては、代々受け継がれてきた食文化を否定されたも同じだ。

 矢面に立つ漁師たちは、思わぬ外圧に憤り、抗いながらも、その意味を問い始める。命を奪うということは何か、人間が生きていくということは何か。やがてその波紋は、家族、学校、そして町全体へと広がっていく。

 小さな町で巻き起こった捕鯨をめぐる国際問題。海外から全く異なる価値観を押しつけられる中、自らの暮らしを真摯に見つめ直す、太地町の人々の半年に密着した。
 



     ****************

当ブログ執筆者の もう一つのブログでは、
「クジラ漁」について何本か記事を書いています。

イルカ漁を盗撮した 「ザ・コーヴ」 上映問題 
     2010-06-11

鯨を過去に乱獲してきた国の妨害船 沈没! 
     2010-01-08

シー・シェパードの暴力行為 捕鯨問題 
     2008-03-09

調査捕鯨の鯨肉横領問題 
     2008-06-21

調査捕鯨とか 
     2007-11-20


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!


関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック