FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



仙台の合唱団 NYの カーネギー・ホールで公演
2011年5月22日(日)

 昨日のNHKニュースでも紹介していましたが、被災地仙台市の合唱団が

ニューヨークのカーネギー・ホールで公演し、大きな感動を呼んだそうです。

 演奏された曲目は、吉野弘作詞、広瀬量平作曲の「走る海」他

【海が一途に走っていた/海の果てを引きずって/海は叫んでいた】

 津波を想起させるかのような吉野弘氏の詩である。


 また、宮城県の民謡「斎太郎節」

【松島~の さぁよぉ~ 瑞巌寺(ずいがんじぃ~)ほどの 寺は無いとえ~】

  なども力強く歌われたという。


TKY201105210262.jpg


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


仙台の市民合唱団 NYで歌声
 (NHKニュース) - 2011年5月21日(土)16時37分

 ニューヨークの音楽の殿堂「カーネギーホール」で、東日本大震災の被災地、宮城県仙台市を拠点とする市民合唱団が、アメリカの合唱団とともにチャリティーコンサートを開き、復興への願いを込めて力強い歌声を響かせました。
 (リンク元のNHK記事には映像あり)

20日、ニューヨークの「カーネギーホール」で開かれたチャリティーコンサートには、日本とアメリカ合わせて6つのアマチュア合唱団が参加しました。このうち、仙台市を拠点に活動している市民合唱団「萩」は、120人のメンバーのおよそ半数が、東日本大震災で親戚や友人を失ったり、自宅が流されたりしたため、一時、参加が危ぶまれました。しかし、復興に向けて頑張っている被災地の人たちの思いを伝えたいとメンバーの多くが予定どおり、ニューヨーク入りしたもので、舞台では、宮城県の民謡「斎太郎節」などを力強く歌い上げました。そして、最後には、アメリカの合唱団と一緒に、未来への希望をテーマにした歌を披露しますと、会場を埋めた観客が立ち上がって拍手を送っていました。観客の一人は「大きな被害を受けながらもニューヨークまで来てくれたことに勇気づけられました」と話していました。また、「萩」の団長を務める末光眞希さんは、「観客の皆さんが温かく、来てよかったです」と話していたほか、メンバーの一人で、石巻市立病院で被災者の診療を続けた医師の松川周さんは「落ち込むことが多かったのですが、また頑張ろうという気持ちになりました」と話していました。 



こんな時、だからこそ…仙台の合唱団、カーネギーで公演
 (朝日新聞) - 2011年5月21日(土)16:36
 

 被災した仙台市を拠点とする混声合唱団「萩」が20日夜、米ニューヨークの音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートを開いた。「こんな時に海外に行っている場合ではない」。団員は断念も検討したが、「生きている証しを歌う時だ」との思いで舞台に立った。

 海が一途に走っていた/海の果てを引きずって/海は叫んでいた

 津波を想起させるかのような吉野弘作詞、広瀬量平作曲の「走る海」がホールに響く。ニューヨークでは、連日のように被災地支援のコンサートが開かれているが、被災者自身によるものは前例がない。会場は何度も拍手で包まれた。  



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


【A8 広告】
 

関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック