fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



木村多江 主演の映画 【ぐるりのこと】 を見る
2011年5月2日(月)

 今日は、暦通り仕事だったが、夜上映される映画に出向いた。

シネ・リーブルが、5月中旬に閉鎖されるのに伴い、クロージング・シリーズ

として、何本かの映画を再上映しているので、見に行った。

 このシリーズは、ALL 1000円 

 私が、今日見たのは、木村多江 主演の 【ぐるりのこと】 (2008年公開)

上映時間は、20:45 ~ 23:05。 2時間20分の長編 観客は15人ほど。

 なんともゆる~い感じの映画である。

gururinokoto001.jpg


テーマは良く解らない。

 法廷スケッチを仕事に選んだ主人公(リリー・フランキー:日本人のおじさん)と

その妻・翔子(木村多江)の生活を描いていると言えばそれまで・・・

 法廷スケッチを通して、幼児殺害やオウム真理教事件の被告が法廷でどのような

反応をしたかを見せると言うところが主題なのか、精神的疾患(心療内科疾患)に

陥る妻の姿が主題なのか良く解らなかった。

 まぁ、私は大好きな女優の一人である木村多江さんを存分にみられたので満足で

あるが、特にわざわざ見るほどの映画でもないような気がする。

ぐるりのこと。 - goo 映画
ぐるりのこと。 - goo 映画


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

gururinokoto004.jpg

goo映画による 

【作品解説・紹介】

 前作『ハッシュ!』でカンヌ国際映画祭ほか、数々の映画賞受賞と50カ国を越える世界公開で話題となった橋口亮輔監督の、6年ぶりとなるオリジナル脚本による長編劇映画。
 1990年代初頭から21世紀へと、日本社会が大きく変質した10年。
 実際に起きたさまざまな社会的事件を背景に盛り込みながら、ひと組の夫婦の時の流れを、丁寧に、心にしみいるように紡ぎだしている。
 妻・翔子役に、これが初の映画主演作となる木村多江。
 ひょうひょうと生きる法廷画家の夫・カナオに、本格的な映画主演に挑むリリー・フランキー。
 この夫婦を通して、人と人のつながりから生まれる“ささやかだけど大きな幸せと希望”が見事に描かれる。(作品資料より)

【解説】
 ひと組の夫婦とその周囲の90年代半ばから10年にわたる歳月を、当時の社会情勢とともに振り返る希望と再生の人間ドラマ。
 「渚のシンドバッド」でロッテルダム映画祭グランプリを受賞した橋口亮輔監督が、「ハッシュ!」以来6年振りにメガホンをとって、原作・脚本・編集も兼ねる。
 主演は、「大奥」の木村多江と、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』でベストセラー作家となったリリー・フランキー。他キャストに、倍賞美津子、柄本明、寺島進など。

【あらすじ】
 1993年7月。出版社に勤務する翔子(木村多江)は、靴の修理屋で働くカナオ(リリー・フランキー)の子供を身籠っていた。二人は、式を挙げぬまま結婚していた。
 翔子の父は愛人を作って母の波子(倍賞美津子)を捨て、名古屋で暮らしているらしい。
 兄の勝利(寺島進)はやり手の不動産屋で、妻の雅子(安藤玉恵)と二人の子供と暮らしている。クセのある親族たちだが、カナオはうまくつきあっていた。
 やがてあるきっかけからカナオは、法廷画家の仕事を始める。記者の安田(柄本明)や先輩画家の吉住(寺田農)たちに揉まれながらも、自分なりの生き方を模索するカナオだった。
 1994年2月。カナオと翔子が暮らす部屋には、子供の位牌が置かれていた。その悲しみから、少しずつ精神を病んでいく翔子。翌年、新たな子供を身籠る翔子だが、自分だけの決断で中絶手術を受ける。彼女の心の闇は、ますます広がっていった。
 カナオが法廷で対面する事件が凶悪化していくのとも似ているかのように…。
 1997年10月。仕事も辞めて心療内科に通う翔子は、台風の日にカナオに中絶したことを告白する。「どうして、あたしと一緒にいるの?」「好きだから…」二人は、夫婦であることの絆を新たに確認しあうのだった。
 その翌年、お寺に通うようになった翔子は、精神の安定を取り戻す。僧侶からは天井画を依頼されて、ひさしぶりに絵筆をとる翔子。彼女もまた、かつては絵画の道を志していたのだ。
 ある日、父が末期ガンに犯されていると聞いた兄の勝利から、様子を見てくるように頼まれて、カナオと二人で名古屋に向かう。その報告の家族会議の場で、実は父を裏切ったのは母の波子の方だったと聞かされる。カナオが描いた似顔絵で、夫との対面を果たす波子。
 2001年7月。翔子の描いたお寺の天井画が完成した。そして、二人の部屋には、金屏風の前に並ぶカナオと翔子の写真が飾られていた。


------------------------------------------------------

製作 2008年
橋口亮輔(原作) / 橋口亮輔(脚本) / 橋口亮輔(編集) / 橋口亮輔(監督)
/ 上野彰吾(撮影) / 矢部一男(照明) / 小川武(録音) / 磯見俊裕(美術)
/ 小川久美子(衣装デザイン) / 豊川京子(ヘア・メイク) / 城戸史朗(キャスティング)
/ 黒田光一(スチール) / 渡辺栄二(プロデューサー)

出演
木村多江 / リリー・フランキー
/ 倍賞美津子 / 寺島進 / 安藤玉恵
/ 八嶋智人 / 寺田農 / 柄本明 / 木村祐一 / 斎藤洋介 / 温水洋一
/ 峯村リエ / 山中崇 / 加瀬亮 / 光石研 / 田辺誠一
/ 横山めぐみ / 片岡礼子 / 新井浩文
 


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック