FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【ラ・フォル・ジュルネ (東京)】 の新たなプログラム 発表!
2011年4月26日(火)

 先日のこのブログで【ラ・フォル・ジュルネ 鳥栖】のチケット11公演分をGETしたことを書きましたが、その折、福島原発事故の影響で【ラ・フォル・ジュルネ 東京】の多くのプログラムが中止になったことを紹介しました。

 今日、改めて【ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン 2011 東京】(以下「LFJ」と略)の 公式サイト を見てみると、【LFJ】 の新たなプログラム 発表 のニュースが掲載されていました。

 楽しみにしている方も居られると思いますので、そのニュースを一部転載します。

 ラ・フォル・ジュルネの芸術監督ルネ・マルタンが、新プログラムの聴きどころをご紹介します。

新プログラムの聴きどころ
   LFJアーティスティック・ディレクター : ルネ・マルタン


お待たせしました!ラ・フォル・ジュルネの新たなプログラムが完成しました。

規模は縮小せざるを得ませんでしたが、有料公演だけで全90公演、ヨーロッパからのアーティストも100人以上来日してくれることになりました。

ラ・フォル・ジュルネのエスプリは揺らぎません。
紆余曲折はありましたが、震災や原発事故の衝撃を乗り越えて、タイタンたちが帰ってきます!

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの今年の冒険は、「後期ロマン派」の世界に皆さんをご案内します。

ブラームスからリヒャルト・シュトラウスを経て新ウィーン楽派まで、1870年から1950年までの約80年間に生きたタイタン(巨人)たち-人間を超えた神話のタイタンにも喩えられるような巨匠たちの音楽を取り上げます。

この80年間に、ウィーンを舞台に音楽の革命が起きました。その大きな潮流がブラームスから派生しました。
ドイツ音楽の偉大な伝統に傾倒したロマン派の最後の大家ブラームスは、マックス・ブルッフやマックス・レーガーをはじめとする19世紀後半の多くの作曲家や、20世紀初頭に活躍したアルノルト・シェーンベルクに、多大な影響を与えました。
同じ頃、もうひとつの重要な音楽の潮流が発展します。晩年のリストを崇拝し、「新音楽」の先導者ワーグナーの強い影響下にありながら、徹底的に音楽言語の一新を目指した潮流です。これに賛同したのが、オーストリアのブルックナー、マーラー、フーゴー・ヴォルフ、ツェムリンスキー、ドイツのリヒャルト・シュトラウスといった作曲家たちでした。
この相対する二つのドイツ音楽の潮流を統合し、20世紀初頭に新ウィーン楽派を創始したのがシェーンベルクです。彼の弟子ベルクとヴェーベルンも、この新ウィーン楽派に加わりました。ブラームスの潮流と、ワーグナーやマーラー、リヒャルト・シュトラウスの潮流をそれぞれ受け継ぎつつも、独自の美学を発展させた新ウィーン楽派は、パウル・ヒンデミットやハンス・アイスラーなどのドイツの作曲家たちに影響を与えました。

この相対する二つのドイツ音楽の潮流を統合し、20世紀初頭に新ウィーン楽派を創始したのがシェーンベルクです。彼の弟子ベルクとヴェーベルンも、この新ウィーン楽派に加わりました。ブラームスの潮流と、ワーグナーやマーラー、リヒャルト・シュトラウスの潮流をそれぞれ受け継ぎつつも、独自の美学を発展させた新ウィーン楽派は、パウル・ヒンデミットやハンス・アイスラーなどのドイツの作曲家たちに影響を与えました。

  以下、詳しくは 下記アドレス参照
 http://www.lfj.jp/lfj_2011/news_various/110425.html

     ****************

 【ラフォル・ジュルネ東京】 変更後の新しいプログラムの案内は、ここをクリック

 【ラフォル・ジュルネ東京】 ★有料公演タイムテーブルはこちら
 http://www.lfj.jp/lfj_2011/timetable/



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

La Folle Journee de TOSU 【ラ・フォル・ジュルネ鳥栖】 公式サイト

La Folle Journee de TOSU 【ラフォル・ジュルネ鳥栖】 プログラム

 まだチケットがありそうですから、東京でアブレタ方も早めにご予約を!

関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック