fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ベルリン・フィルハーモニー・ホール
ベルリンしごと旅-第13回
*************************

今回は、前々回の地図(ここをクリック)の左下側(西南隅)にあるベルリン・フィルハーモニー・ホールの御紹介です。

    ベルリン・フィルハーモニー・ホール

SONYセンターから歩いて5分ほどでベルリン・フィルハーモニー・ホールに到着。
開場待ちの人々が三々五々談笑しています。
Berlinphilharmonie05.jpg

外部からの写真を幾つか

こちらは大ホール(いわゆる「カラヤンのサーカス小屋」と呼ばれる世界初のワインヤード型コンサートホール)の外観。
BerlinPhilharmoniker01.jpg
  御同行の三羽烏(私は写ってない!)

こちらは小ホールと大ホール入り口(手前)外観
BerlinPhilharmoniker02.jpg


大ホールのロビーの一画。
客席配置が複雑なので、ガイド係員が各所に配置されています。
BerlinPhilharmoniker03.jpg

初来場者にとって、ガイドに訊かないと自分で席を探すのは殆ど不可能。
Berlinphilharmonie10.jpg
  この配置図を見れば自分で行けそうに思えますが、どの階段から上がるのかがます解りません。
   間違えたところに入ると隣のブロックに行くのは困難なのです。

で、中に入りました。
Berlinphilharmonie06.jpg
   日付が6月19日になっていますが、カメラの時計が日本時間のままのため。
Berlinphilharmonie07.jpg
  現地では7時間遅いので、まだ6月18日です。
Berlinphilharmonie08.jpg
  現地午後8時、日本時間6/19:午前3時頃
Berlinphilharmonie09.jpg
 (これらの写真は御同行者撮影。いつの間に上まで行って写したんだろう。
  と言うのは、彼の席は1階の最前列)

演奏曲目は、ベルディの「レクイエム」で大編成のオーケストラと大規模合唱団による『死者のためのミサ曲』です。

オーケストラは、『 Junge Sinfonie Berlin 』 (無理に訳せば「ベルリン青年交響楽団」) 名前どおり20代が中心の若いオーケストラでした。
BerlinPhilharmoniker04.jpg
  中間のチューニング中です。 演奏中はもちろん撮影していません。

合唱団は、これだけ大規模になると単独では難しく3団体合同。
  『 Studio-Chor Berlin 』 (ベルリンスタジオ合唱団)
  『 Karl-Forster-Chor 』 (カール・フォルスター合唱団)
  『 Berliner Cappella 』 (ベルリン室内合唱団)
こちらの方はどれも結構御年配の合唱団でした。
しかし、全くのアマチュアということでもないらしく、いいハーモニーだったように思います。

ベルディの「レクイエム」は、録音では何度も聴いたことがありますが、実演は日本のアマ合唱団とオケで聞いたことがある位。
『 Dies irae 』 (ディーエス・イーレ;怒りの火)の迫力はさすがでした。
大曲だけに、途中で1回休憩がありましたが、アンコール演奏は、ありませんでした。

 これ位“変形した”ホールの場合、音の反射が極めて複雑になり、良い意味で音が拡散して『まろやかな』音に成るのですが、だからと言って細部のディティール(繊細な表現)もクリアに聴こえてきました。

ベルリン・フィルハーモニー・ホールの音を感じていただけたでしょうか?

***********************
ベルリンしごと旅-第13回
 このシリーズを第1回から読む
    第12回へ    第14回へ

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

コンサートホールクラシック音楽の演奏などが催されるホール。本項で記述。パチンコとスロットがあるコンサートホール (パチンコ)-----コンサートホール(英:Concert Hall)とは、主にクラシック音楽の演奏などが催されるホールである。アムステルダムのコンセルトへボウ、
『ホール』全国一覧。【2007/07/27 17:51】


コンサートホールクラシック音楽の演奏などが催されるホール。本項で記述。パチンコとスロットがあるコンサートホール (パチンコ)-----コンサートホール(英:Concert Hall)とは、主にクラシック音楽の演奏などが催されるホールである。アムステルダムのコンセルトへボウ、
『ホール』全国一覧。【2007/07/27 11:56】