FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



Google 【 Art Project 】 で世界の有名な美術を無料で鑑賞できる
2011年2月4日(金)

 配信を受けているメルマガ 【AFP BB News】 によると、

Google が世界の主な美術館と提携して、所蔵する絵画などの高精細画像を無料で

鑑賞できるサービスを始めたとのこと。

 【グーグル・ストリートビューで名画鑑賞可能に、ゴッホなど1000作品超

題して、 Google 【 Art Project 】

      http://www.googleartproject.com/

 見本をクリックして見たが、極めて細部に亘って筆致までも確認することができるようだ。

     *****************

たとえば、レンブラントの有名な 【夜警】 (Night Watch, Rembrandt) をみると、

 全体像は、ディスプレイの「全画面表示」にすると、下記のような表示となる。
Night Watch, Rembrandt 01m
    (上記の画像は、もちろん 『ブログサイズ』 に縮小されている)

これをどんどん拡大でき、拡大限度の半分程度まで拡大しただけで下記のような表示
Night Watch, Rembrandt 02m
  まだまだ、拡大倍率を上げる余地がある。 拡大表示された領域(白い□↑)と倍率

ほぼ最大限度になると、ここまで詳細の表示となる。
Night Watch, Rembrandt 03m
もちろんカーソルを上下左右に動かせば、拡大して見たい領域まで移動することもできる

 表示速度も通常の画像閲覧速度と大差ない。

 自分の好みの絵画をWeb上で蒐集することもできるらしい。

 美術ファンには垂涎のサイトとなるだろう。

     ****************

【 Art Project 使い方解説 (英語です)】




*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

  グーグル・ストリートビューで名画鑑賞可能に
  ゴッホなど 1000作品超

    2011年02月02日 10:40 発信地:ロンドン/英国 

【2月2日 AFP】
 自宅にいながら、世界の名だたる美術館の中を散策し、名画を鑑賞できるサイトが1日登場した。米グーグル(Google)がストリートビュー(Street View)技術を駆使して作成した 「Art Project」 だ。

ニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art in New York)
ロンドン(London)のナショナルギャラリー(National Gallery)
マドリード(Madrid)の国立ソフィア王妃芸術センター
 (Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia)など、
9か国、17の美術館とコラボした。

 ビジターは、ストリートビューで美術館の中をきままに歩き、壁に掛かった絵をじっくり鑑賞できる。

収録されているのは
ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)や
サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli)など
450人以上の画家、1000枚以上の絵だ。  

 超高解像度で撮影されているため、拡大して細部まで観察することができる。好きな絵を集めた自分用のバーチャル美術館を作るアプリケーションも用意されている。(c)AFP/Sam Reeves
 


  世界の美術館をネットで周遊 グーグルが新サービス 

      (朝日新聞)  2011年2月2日(水)11:38
 【ワシントン=勝田敏彦】
 米ネット検索最大手グーグルは1日、道路沿いの風景をネットで提供する「ストリートビュー」技術を応用し、世界の著名な17の美術館の内部を周遊できるサービス「グーグル・アート・プロジェクト」を始めた。

 対象は米メトロポリタン美術館やロシア・エルミタージュ美術館、英国立美術館などにある千点以上の作品。各美術館の協力で撮影された。ストリートビューと同じ操作で、自分で歩いて見て回るような感覚で鑑賞できる。

 館内のすべての作品が公開されているわけではないが、たとえば
ニューヨーク近代美術館の「星月夜」(ゴッホ)や
伊ウフィツィ美術館の「ビーナスの誕生」(ボッティチェリ)、
アムステルダム国立美術館の「夜警」(レンブラント)などの傑作が楽しめる。

 一部の作品は、通常のデジタル写真の約千倍に当たる約70億画素で記録され、拡大して筆づかいや絵の具の割れまで詳細に見られる。

 アドレスはwww.googleartproject.com。閲覧は無料。

関連記事

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック