FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ショパン・コンクール・ガラ・コンサート
2011年1月18日(火)

きのうに続いて今日も
 コンサート  に来ています。




昨年のショパン・コンクール上位入賞者によるガラ・コンサートです。

午後 7時  開演ですので、間もなく始まります。

第16回ショパン国際ピアノ・コンクール~入賞者によるガラ・
コンサート ~ withワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団


     ****************

(コンサート終了後追記)

ショパンコンクールで優勝した

Avdeeva01_20101030115345.jpg

ユリアンナ・アヴデーエワ さんは、ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35

の演奏だけでピアノ協奏曲は演奏しませんでした。

この理由は、後で解りましたが、全国ツアーなので、他のメンバーと交替で協奏曲を

演奏するようで、当地での演奏は別のメンバーだったのです。

この前(仙台)と この後(大阪)では、ユリアンナ・アヴデーエワ さんが協奏曲を

弾くようになっていました。 残念。

 もちろん、ピアノ・ソナタ第2番 の演奏もそれなりに良かったのですが、ブラボーの

声は上がりませんでした。 私も声を出さなかった。

 このソナタは、他の何人かの奏者の演奏をCDでは聴いているのですが、今日は新たな

発見がありました。 裏に隠れていた音符が幾つも表に出てきて見つけられたのです。

 さすがに、この難曲にはチャレンジしたことはなく、楽譜に親しんでいないので、

音符の構成を詳しくは知らなかったものですから。

 演奏の質で言えば前日のアリス・サラ・オット さんの方が、私的には良かったです。

 プログラム後半は、ピアノ協奏曲第1番 を 二人の奏者が通しで演奏するので、

全く同じ曲を 二通りの表現で聴くのですが、違いがあるのは解るにしても、印象は

あまり強く残りませんでした。 (ってか、疲れた!)

IMG_0061m.jpg


 コンクールの審査員は、ファイナリスト全員の演奏を延々と聴く訳ですから、相当の

“違いが解る”聴く耳と忍耐力と眠くならない努力が求められるんでしょうね。

 今回のツアーでは、全ての会場でピアノ協奏曲第1番が2回演奏されるようですが、

東京の演奏会では、ピアノ協奏曲をプログラムの最初と最後に持ってきて、中間を

小曲で埋めるなどの“対策”が取られているようで、同じプロモーターなのに、何故

会場によって構成が違うのだろうと疑問に思ってしまいます。

IMG_0062m.jpg
    (アンコールに応えるインゴルフ・ヴンダーさん  映りが悪いですが)

最後に、5人全員登場するかと思って待ち構えていたのですが、出てきませんでした。

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

ショパン国際ピアノ・コンクールに関する 当ブログの記事は、ここをクリック

   ************

【アクロス福岡公式サイト】 より一部編集して引用

第16回ショパン国際ピアノ・コンクール~入賞者によるガラ・コンサート

【日 時】 2011年01月18日(火) 19:00

【会 場】 福岡シンフォニーホール

【出演】

■ダニール・トリフォノフ(第3位 マズルカ賞)
 曲目:3つのマズルカ 作品56 より第1番 ロ長調/第2番 ハ長調
    ロンド風マズルカ 作品5
    タランテラ 変イ長調 作品43

■ユリアンナ・アヴデーエワ(第1位 ソナタ賞)
 曲目:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」作品35

■フランソワ・デュモン(第5位)
 曲目:子守歌 変ニ長調 作品57
    ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」作品53

■ルーカス・ゲニューシャス(第2位)
 曲目:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11

■インゴルフ・ヴンダー(第2位 協奏曲賞)
 曲目:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11

指揮
アントニ・ヴィット

管弦楽
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団


入場料
【一般価格】 S席13,000円 A席11,000円 B席9,000円 C席7,000円(学生券3,500円)

   直前までテレビCMをやっていたので売れ行きが良くないのかと心配していましたが、
   3階まで、ほぼ満席の盛況でした。 S席 A席 の当日券は出ていましたが・・・

************************************

第16回ショパン国際ピアノ・コンクール~入賞者によるガラ・コンサート~ withワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

ショパン生誕200年、コンクールでの感動と熱気がそのまま福岡にやってくる!

ショパン生誕200年、コンクール史上最高レベルと賞賛され、世界が注目する入賞者らが早くも来日!

第1位ソナタ賞のユリアンナ・アヴデーエワをはじめ、総勢5名の入賞者たちと、ポーランドで最も代表的なオーケストラであるワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団との夢の共演が福岡で実現します。

アントニ・ヴィット率いるワルシャワ・フィルは、100年の歴史を誇るオーケストラで、ショパン・コンクールの表彰式で、入賞者と毎回共演することでも有名です。
映画「戦場のピアニスト」のラストシーンにも登場し、ショパンの曲の美しさを存分に魅せてくれました。
ショパン・イヤー・シリーズのフィナーレを飾るにふさわしい夢のガラ公演に、是非ご期待ください。

関連記事

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

Ballad 様

この記事を御覧頂き、またコメントしていただきましてありがとうございます。

他のコンサート記事もお読みください。

特に、先日のアリス・サラ・オット さんのリサイタルは、初めてこの方の演奏を聴く機会だったのですが感動しました。

是非とも聴きたいリサイタルではなかったので、ダメモトで当日券を買ったのです。
聴く前は「可愛い子ちゃん」タレント的な『怖いもの見たさ』で、演奏には殆ど期待していなかったのですが、この予想は見事に外れた素晴らしい演奏でした。
ブログ記事の方もついつい力(ちから)が入ってしまい、あちこちからYouTube映像を引用しました。

この記事の半ばにリンクを張ってありますので、それをクリックしてみてください。

改めて御礼を申し上げます。

【2011/01/20 09:20】 URL | JUNSKY #96q68/9Y [ 編集]


こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
私も、福岡で行われたガラコンサートへ行きました。私は、アヴデーエワのソナタと、ヴンダーの協奏曲がとても感動しました。特に協奏曲、良かったです!
実を言うと、昨年のブレハッチのリサイタルに私も行っていました。そのときに、こちらのブログをはじめて拝見させていただきました。また、福岡のコンサートに行かれたときは、報告をお願いします。楽しみにしています。

【2011/01/20 03:01】 URL | ballad #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック