fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今朝は寒かった! 朝8時の外気温は9℃ / A380の事故
2010年11月4日(木)

 つい先だってまで、猛暑だったのに、今朝は「寒い!」というにふさわしいほど。

朝8時の時点で9℃だったので、明け方はもっと寒かったのだろう。

夕方は17℃だった。

 そろそろストーブに火を点ける季節になってきた。

会社では、エアコンが暖房モードになっている。

     ***************

 さて、旅行ブログの当ブログとしては、エアバスA380の事故について

一言触れておくこととする。 私はまだ搭乗したことはない。

 A380 といえば、先日新羽田空港が国際線として再スタートするに当たり

離着陸やデッキ等の確認のために日本に初飛来したばかりだという。

PN2010101501000134_-_-_CI0003.jpg
     世界最大の旅客機が羽田初飛来 エアバスA380 (共同通信)
               2010年10月15日(金)08:44

 世界最大の旅客機だというから、事故が起こった際の被害も広範になる。

まして、墜落事故などが起こったら御巣鷹山の被害以上となる可能性がある。

 今回は、事故の性格としては大事故ではあるが、幸い人身被害はなかった。

4発あるエンジンの左内側のエンジンの相当部分が爆発して損傷したらしい。

        APX201011040004.jpg
       事故機の破損部分 (朝日新聞Web版 by AP通信配信)
       シンガポールのチャンギ国際空港で4日、エンジントラブルを起こして
       緊急着陸したカンタス航空のエアバスA380=AP。
       4基のエンジンのうち1基が破損した


地上では、物損被害が広範囲に出たようである。

もし、破損した部品が機体を貫いて客席に入り込んでいたら急減圧が

起こって人身被害にもなっていた可能性がある。

 まさに不幸中の幸いにして人身事故にならなかったという大事故である。

エアバス社とエンジンメーカー・ロールスロイス社による原因究明が

重要になってくる。

JAPAN-179927-reuters_view.jpg
    ロイター通信配信 (トムソンロイター) 2010年11月4日(木)14:16
    11月4日、豪カンタス航空機がシンガポールに緊急着陸。
    写真はチャンギ空港に着陸した同機から降りる乗客



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 最新鋭A380機、エンジン火噴き緊急着陸

      読売新聞 2010年11月4日(木)13:23
 【ジャカルタ=林英彰】
 シンガポール発シドニー行きの豪カンタス航空のエアバスA380型機(乗員26人、乗客433人)が4日、シンガポールのチャンギ空港を離陸直後にエンジントラブルが発生し、同日午前11時45分(日本時間同日午後0時45分)ごろ、同空港に緊急着陸した。

 同航空は、本紙の取材に対し、「無事に着陸した」としている。けが人の情報はない。

 シンガポールやインドネシアの地元メディアによると、同機はチャンギ空港を離陸後、近くのインドネシア・バタム島上空を飛行中、第2エンジンが火を噴いた。同機から落下したとみられる機体の一部の破片が同島で発見された。

 シンガポールやインドネシアの日本大使館で、同機に日本人が搭乗していたか、確認を急いでいる。 



 離陸5分後に爆発音2回=緊急着陸のカンタス機 

      時事通信 2010年11月4日(木)22:03
 【シンガポール時事】
 「離陸から5分後に爆発音が聞こえ、続いて2回目の爆発音がした」「乗客の間に動揺が広がったが、機長が乗客を落ち着かせてくれた」―。シンガポール・チャンギ空港に緊急着陸したオーストラリア・カンタス航空の超大型機エアバスA380型機QF32便から降り立った乗客たちは4日、エンジントラブルが起きた機内の状況をシンガポールの地元テレビ局の取材にこう語り、機長の対応を称賛した。

 同機は午前9時56分(日本時間同日午前10時56分)、シドニーに向けてチャンギ空港を離陸したが、約5分後にインドネシア・バタム島上空でエンジン1基が爆発音とともに大きく破損した。

 機長はエンジントラブルを報告し、燃料を空にするために1時間半にわたって旋回を続けた後、同11時46分(同午後0時46分)に空港第2滑走路に緊急着陸した。

 乗客乗員にけがはなく、チャンギ空港会社によると、着陸後約2時間後までに全員が機外に脱出した。第2滑走路は4日夜まで閉鎖が続いた。 



 エンジン1基、焼け焦げ大破 緊急着陸のカンタス航空機 

       朝日新聞 2010年11月4日(木)22:52
 【シンガポール=塚本和人、パリ=稲田信司】
 オーストラリア・カンタス航空が運航するエアバス社の超大型最新鋭機A380が4日午前、シンガポール・チャンギ国際空港を離陸後、エンジンに異常が発生した。同空港に引き返して緊急着陸したが、4基のエンジンのうち1基が大きく破損し、焼け焦げた跡もあった。シンガポールや豪州などの航空当局が、エアバス社などと原因を調べる。

 乗員乗客466人にけがはなかったが、カンタス航空のジョイス最高経営責任者(CEO)はシドニーで記者会見し、「これまでになかった問題で、深刻にとらえている。重大なエンジントラブルだ」と指摘。6機ある同型機の運航を一時停止することを明らかにした。11機を保有するシンガポール航空も、エアバス社やエンジンを製造した英ロールスロイス社の要請で運航見合わせを決めた。

  A380は全幅約80メートルの総2階建てで、最大800席を設置できる世界最大の旅客機。豪華な内装から「空飛ぶホテル」とも呼ばれる。エアバス社によると10月時点で234機の受注があり、これまでに37機が就航。シンガポール航空や独ルフトハンザ航空、エールフランスが成田便で同型機を使用している。

 エアバス社の報道担当者は4日、「今回の事故を深刻に受け止めている。航空当局とカンタス航空に全面的に協力する」と朝日新聞に述べ、すでに同社技術者を現地に派遣し、原因究明に着手したことを明らかにした。ただ、今回の事故は「独立したケースと考えるべきだ」とし、A380の売買契約への影響はないとの見方を示した。 



関連記事

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック