FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



『オペラ座の怪人』名古屋公演が 1周年 とのこと
2010年8月12日(木)

 今日は特に話題がないので、ちょっと前のニュースですが、
【劇団四季】 関連の話題を引用してお茶を濁します。

8月1日、新名古屋ミュージカル劇場にてロングラン公演中の
ミュージカル『オペラ座の怪人』が、1周年を迎えました。
        (中  略)
 1年間での総公演回数は357回。
総入場者数は約30万人を数えます。
またこの間には、昨年12月に日本通算公演回数5000回を達成。
さらに今年の4月には日本上演22周年を迎えていました。
この『オペラ座の怪人』は誕生以来、日本中のお客様に愛され続けているのです。


OperazaNagoya1year.jpg     
         写真は、【四季なび】(2010/8/3) より  

 当日の本編終了後には、お客様へ感謝の気持ちを込めて、特別カーテンコールを実施。
「1st Anniversary in Nagoya」と書かれた看板が降りる中、出演者を代表して、ムッシュー・アンドレ役 林和男がご挨拶申し上げました。
        (中  略)
 客席からは大きな喝采が上がり、カーテンコールは8回にも及びました。
        (中  略)
 『オペラ座の怪人』名古屋公演は、11月28日(日)までの公演が決定しております。
夏休み期間には、皆さまでお楽しみ頂けるイベントも多く予定されておりますので、是非、劇場へお出かけください!

『オペラ座の怪人』名古屋公演
新名古屋ミュージカル劇場 

 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
     にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
*******************************

『オペラ座の怪人』 (新名古屋ミュージカル劇場)
   8月11日の出演者

オペラ座の怪人 : 高井 治
クリスティーヌ・ダーエ : 高木美果
ラウル・シャニュイ子爵 : 飯田達郎
カルロッタ・ジュディチェルリ : 種子島美樹
メグ・ジリー : 磯谷美穂
マダム・ジリー : 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ : 林 和男
ムッシュー・フィルマン : 平良交一
ウバルド・ピアンジ : 半場俊一郎
ブケー : 金本和起

【男性アンサンブル】
  瀧山久志,天野陽一,斎藤 譲,寺田真実,町田兼一
  伊藤礼史,伊藤潤一郎,柏田雄史,畠山典之

【女性アンサンブル】
  久保田彩佳,河村 彩,諸 英希,菊池華奈子
  松ヶ下晴美,吉川瑞恵,旗本千都,梅崎友里絵
  吉村和花,古屋敷レナ,暁 爽子,榊山玲子
 

関連記事

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック