FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【踊る大捜査線】・【インセプション】 を見ましたが・・・
2010年8月1日(日)

 いよいよ8月。「夏の季節」の最後の月ながら、もっとも気温が高くなってゆく季節です。

「糖尿病」教育入院から明けたその日に、映画【踊る大捜査線】を
今日は、昨日公開が始まった映画【インセプション】を見ました。

***********************

 【踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!】は、
映画化第一弾と比べると、脚本がイマイチであり、見劣りする内容でした。

 湾岸署の引越しが一つのエピソードなのですが、それをコメディ仕立てにすることに
「力」が入り過ぎて、起こる事件との関連がもう一つ『取って付けたような』印象でした。

 第一弾はストーリーに引き込まれたように覚えますが、今回のものは、退屈で
度々居眠りに陥りました。
 『二匹目のドジョウ』ならぬ『三匹目のムジナ』を狙ってのものでしょうが、
はっきり言って駄作というしかありません。

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! - goo 映画
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! - goo 映画


***********************

 一方【インセプション】の方は、ディカプリオと渡辺 謙が競演することが話題となり、
日本のメディアでは、鳴り物入りで宣伝していますが、ハッキリ言えば「壮大な駄作」
と言えるものです。

 夢の世界で対象者の「潜在意識」の中に入り込んで、新たな『潜在意識』を植え込む
と言う話です。 その『植え込み』が“Inseption” と言うものです。

 アバターの焼き直しのような発想で、映画の中で発生するあらゆる銃撃戦や爆発や
カーチェイスは全てが夢の中の出来事であり、その夢の階層が3段階に及んでいて、
映画の途中からは、その3段階が同時並行で進むと言う話です。

 発想としては異色で面白いのかも知れませんが、こんなものに多額の費用を掛ける
というのは、ハリウッドの行き着く先を示唆したものと言えそうです。

 夢の中で起こる事件ですから脈絡無く話が飛んだり、有り得ない空間移動があったり
独占大企業の本部がマンハッタンではなく、山奥の要塞であったりと、無茶苦茶です。
 まさに夢の中の話なので、なんでもあり状態。制作者のやりたい放題と言う感じ。
 大体、独占大企業の御曹司に対して、その大企業の防衛隊が何故銃撃を加えてくるの
かも不明。 何のための銃撃戦なのかは、さっぱり解らずじまい。
 その防衛隊は単なる『影』なので、幾ら撃ち殺しても問題ないと言うのに、
その『影』から撃たれた夢の中の渡辺 謙は胸を撃ち抜かれて瀕死の重傷に陥るという
設定も理解不能。夢の中の話だから・・・という話か・・・?
 
 それらの夢の中の映像は、その殆どがCGで作成されています。
映画の本質を問う映画と言えるでしょう。

 夢の中か現実かは今や解りませんが、日本の新幹線の車内の場面で、欧州風の
コンパートメント方式になっており、この考証に対して渡辺 謙さんが何も指摘
しなかったのか? と疑問に思いました。

 暴力に対する批判も、戦争やテロに対する問題提起も何も無し!
メッセージ性は無いは、内容は空疎であるは、とにかく駄作中の駄作と言えます!
こんなのに必死で取組んだであろうCG技術者も映像至上主義に辟易しているのでは?
 音楽やBGMも通り一遍だったし・・・

インセプション - goo 映画
インセプション - goo 映画


 渡辺 謙さんが、このようなくだらない映画に出たことに失望します。
「硫黄島からの手紙」でやめておくべきだったのではないでしょうか?
もちろん、もっと良い【本】の映画であれば今後も出演して頂きたいですが・・・


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


関連記事

テーマ:踊る大捜査線 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

インセプションの夢の中の映像は、そのほとんどがセットによる「CGではない」映像ですよ。
ディカプリオも渡辺謙も、一度もブルーバックで演技してないそうです。

【2010/08/18 13:50】 URL | g #V7KKbQrs [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

映画:インセプション

 毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。
よしなしごと【2010/08/20 07:57】


『インセプション』お薦め映画

渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクション?...
名機ALPS(アルプス)MDプリンタ【2010/08/10 00:43】