FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【BIRKENAU 強制収容所】 Memorial 施設にて -3
2010年5月27日(木)

【ポーランド + α 気まま旅】 第81回

  旅行の方は、クラコウ実質2日目の 2009年9月27日(日)の昼すぎです。
 
 今回も、アウシュヴィッツ・ツアーの続き

 引き続き、重い話題ですが、御容赦ください。

 *************************

1944年10月収容所内で収容者の蜂起が行われた。

ソ連軍によって、解放された時、生き残っていたのは僅かに560人だった。

その当時の状況を残す破壊された建屋。

P9270117m.jpg


ビルケナウの広い敷地の片隅には、1976年にソ連とポーランドが協力して建てた
モニュメントがある。

P9270129m.jpg


その一つの碑文にはこう書かれている。
【ナチのジェノサイド(虐殺)の犠牲者となった
男たち・女たち・子どもたちを
忘れないために。
ここには、この人々の灰が埋まっている
かれらの魂の安息を願って】

P9270115m.jpg


こちらの碑文はポーランド語で書かれているようだ。

P9270126m.jpg

ガイドの若い男性(30歳前後か)は、2年前からこのガイドをしているが、その理由は祖父がアウシュヴィッツの犠牲者で、母も長い間アウシュヴィッツのガイドをしていたからからと言う。
「どうぞ、この事実を忘れないでください。そして伝えてください。友人の方たちに来てもらってください」

P9270131m.jpg


 2009年9月27日(日) 13:30 ~ 14:25終了
14:40 ツアーバス帰途に。
2010年5月25日(当時のメモより文章起こし;UP)

**********************************

公式サイト(英語)は、【Auschwitz-Birkenau Memorial and State Museum】

公式フォト・ギャラリィは、【Gallery】

Wikipedia による解説(日本語)は、【アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所】

【ポーランド政府観光局のブログ 】

**********************************

以下、次回。

 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
     にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
*******************************


【ポーランド + α 気まま旅】 第81回
   【ポーランド + α 気まま旅】 第80回 へ      第82回 へ  
     この連載を最初から読む
       前振り(第1回から13回)を省略して旅行記本編の冒頭(第14回)から読む
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック